ホーム > お客様相談室 > 漢方薬になぜ添加物が入っているのですか

お客様相談室

よくあるご質問

漢方薬になぜ添加物が入っているのですか。

漢方薬だけでなく、全ての医薬品は主薬と医薬品添加物で作られています。漢方薬は天然の生薬が原料ですが、一般の医薬品同様、錠剤や顆粒にするうえでは添加物が必要です。添加物は主薬を安定させたり、効力を発現させたり、のみやすい製剤にするうえで必要な物質です。日本薬局方及び医薬品添加物規格で定められた成分を使用していますが、まれにアレルギーを起こされる方もおられますので、現在では外箱にも表示されています。
以下に主な添加物と配合目的などを記します。

 

分類

医薬品添加剤

配合目的

賦形剤
(ふけいざい)
乳糖、結晶セルロース、含水二酸化ケイ素など 一定のかさや質量および形状を保つために配合
滑沢剤 ステアリン酸マグネシウム、タルク 粉末や顆粒の流動性を改善し、圧縮成形時に滑りを良くし、粉末の付着を防ぐとともに、錠剤表面に光沢を与えるために配合
結合剤 ヒプロメロース、ポビドン、はちみつなど 錠剤、顆粒剤を製造する場合、成分粒子を相互に結合させるために配合
崩壊剤 カルメロースカルシウム、クロスカルメロースナトリウムなど 製剤が消化管内で崩壊するのを促進させるために配合
コーティング剤 ヒプロメロース、ヒプロメロースフタル酸エステルなど フィルムコーティング、糖衣などコーティングの材料として配合
着色剤 三二酸化鉄、黄色三二酸化鉄、酸化チタンなど 製剤の着色のために配合

 

くすり全般に関するその他のご質問

●くすりののみ方

お問合せ先

よくあるご質問をお読みになっても疑問が解決されないお客様はお問合せ窓口よりお問合せください。

クラシエ薬品株式会社
  • クラシエ薬品株式会社 お客様相談窓口
    03−5446−3334
    (受付時間 10:00〜17:00 土、日、祝日、弊社休業日を除く)