ホーム > お客様相談室 > 漢方薬と西洋薬はどう違うのですか

お客様相談室

よくあるご質問

漢方薬と西洋薬はどう違うのですか。漢方治療が向く病気、向かない病気を教えてください。

西洋薬(新薬)には人工的に化学合成された物質がほとんどで、その多くは一つの成分で構成されており、一つの疾患や一つの症状に強い薬理作用を示します。

それに対して漢方薬は天然の生薬を使用し、一つの薬方(処方)は原則として2種類以上の生薬で構成されていますから、多くの成分を含んでいます。
そのために、一つの薬方で色々な病状にも対応することができます。また、漢方治療が向く病気は、病院において検査や画像診断をしても異常がないのに、 自覚症状があるというような病気です。

原因の特定できない慢性の病気、体質がからんだ病気には漢方が向くことが多いのです。

しかし、病気の原因が特定でき、原因別の治療が可能な場合や手術が必要な場合、緊急を要する疾患、重症の感染症などには一般的に西洋医学の方がすぐれています。

くすり全般に関するその他のご質問

●くすりののみ方

お問合せ先

よくあるご質問をお読みになっても疑問が解決されないお客様はお問合せ窓口よりお問合せください。

クラシエ薬品株式会社
  • クラシエ薬品株式会社 お客様相談窓口
    03−5446−3334
    (受付時間 10:00〜17:00 土、日、祝日、弊社休業日を除く)