ここから本文です

脂肪燃焼スープダイエットの効果的な方法とは?
おすすめレシピについても解説!

2023年7月25日

脂肪燃焼しやすい体を作る「脂肪燃焼スープダイエット」

野菜をたっぷり使って作る脂肪燃焼スープ。
このスープを中心にした食事を1週間行うのが、脂肪燃焼スープダイエットです。
デトックス効果で体の老廃物を排出して、脂肪燃焼しやすい体を作るもの。
食べ過ぎてしまった時など、食生活が乱れている時のリセットにおすすめです。

脂肪燃焼スープダイエットは、1週間で、腸内環境改善、デトックス、代謝アップ、冷え改善、食欲調整など、さまざまな効果が期待でき、乱れた食生活を整えるのにぴったり。

それでは、それぞれの魅力を詳しく解説します。

魅力1:腸内環境を整える

脂肪燃焼スープには、いろんな種類の野菜がたくさん含まれているので食物繊維が豊富。また、煮ることで野菜の量が減り、サラダより効率よく食物繊維が摂れて腸内環境改善に役立ちます。
消化もしやすく、温かいスープは腸を温める作用も。毎食、スープを食べることで腸内細菌のバランスが整うのでお腹の調子が良くなります。

魅力2:デトックス

コンビニの食事や外食が多い人は塩分過多の傾向に。スープに使われるセロリなどの野菜にはカリウムが含まれており、塩分を排出してむくみを改善してくれます。
また、利尿作用で尿から老廃物や毒素を排出。
食物繊維の働きで腸内環境も改善されるので、毎朝のお通じにも効果が。体に溜まった不要な老廃物が排出されていくのでスッキリします。

魅力3:代謝を上げる

温かい脂肪燃焼スープを1日3回摂ることで、血流を良くすることができます。血流がよくなることで体温も上昇しやすく、基礎代謝アップにつながります。

基礎代謝とは、肉体的にも精神的にも安静にした状態で消費されるエネルギー量のこと。1日の消費エネルギーの70%をも占めますから、過度な運動をしなくても、いつも通り過ごすだけで消費されるカロリーが増え、痩せやすくなります。

クラシエ コッコアポ 脂肪燃焼コラム(基礎代謝)

魅力4:冷えの改善

冷えは血流を低下させ、基礎代謝の低下につながります。また、肩こりやむくみのほか、便秘や下痢など腸内環境にも悪影響が。
温かい脂肪燃焼スープは、胃腸を温めてくれるので、血流が改善。代謝アップはもちろん、冷えが改善されることで、美肌、目の下のクマ改善などさまざまな美容効果も得られます。

クラシエ コッコアポ 脂肪燃焼コラム(冷え)

魅力5:食欲調整

たくさんの食材が使われている脂肪燃焼スープには、普段不足しがちな栄養が含まれています。体は栄養不足になると、脳が飢餓状態と勘違いしておやつなどの間食を欲するようになりますから、脂肪燃焼スープで体に栄養を与えると、間食を欲しにくくなります

また、スープから食べることで早食い予防にも。自分にとって本来必要な量の食事だけで満足できるようになります。

メリット

脂肪燃焼スープの最大のメリットは、食欲を我慢する必要がないことです。

食事を抜くダイエットは、心身ともにストレスが多く、お腹が空いた状態では、日中の家事や仕事にも影響が出て続けられません。
また、食欲を我慢した反動は必ずどこかで出るもの。リバウンドが起きやすく、どか食いにつながってしまいます。リバウンドをくり返すと、筋肉が減り、痩せにくく太りやすくい体になるので注意が必要です。

脂肪燃焼スープダイエットは、1日3食、必ず食べるのがルール。野菜がたっぷり入ったスープは食べ応えがあるため、満足感が得やすいのが特徴です。
調理は、野菜を切って煮るだけととても簡単。おすすめの食材はありますが、好きな野菜で作ることもできます。
スーパーで買える食材だけなのでコストも安く、1週間分をまとめて作っておけば、いつもより簡単にヘルシーな食事メニューが完成。

胃腸の負担になりにくいシンプルな味付けのスープは飽きにくく、ハーブや調味料でいろいろなアレンジも可能です。
ダイエット中の1週間で食生活をリセットして、不要な老廃物を排出し、体の代謝を高める方法なので、健康的に痩せることができます。

デメリット

どどんなダイエットにも必ずデメリットはあります。脂肪燃焼スープのデメリットは、必ず3食スープを食べるというルールを守ること。そして、食べるメニューも、日にちごとに変化していき、それに沿う食事メニューを用意することです。

習慣的に、量の多い食事や濃い味付けを好んでいる人は、特に最初の数日は物足りなく感じるかも。また、好きなものを食べることでストレス発散している人は、食事がつまらないと感じることがあるかもしれません。
脂肪燃焼スープはアレンジもできますが、基本的にメニューは自炊したスープがメイン。1週間、ほぼ同じメニューを摂る必要があるので、飽きてしまう可能性があります。

また、昼食にも脂肪燃焼スープを食べるので、この期間「外でランチ」などはできず、職場などに持参する必要もでてきます。
そして、ダイエット効果が出たとしても、1週間限定の方法のため長期間続けられません。同じメニューを続けて摂ることで、食生活の調整ができますが、タンパク質や脂質が不足し食事の偏りが生まれるため、ダイエット後は食事を戻すことになります。

ただし、この時に以前と同じ食事に戻すと、体も元に戻ることになります。腹八分目を心がけてバランスのよい食事にシフトすることが大切です。

痩せるためにはルールを守ろう

脂肪燃焼スープダイエットを安全に行うためのルールがこちら。

まず、飲み物は水かお茶にして、砂糖が入ったジュースや炭酸水は避けてください。アルコールも食事バランスが崩れるのでNGです。
また、食事の時ははじめに脂肪燃焼スープを食べましょう。食べる量は減らさず、間食しないですむ食事量を維持しましょう。

一週間のスケジュール例

脂肪燃焼スープの1週間の食べ方をご紹介。スープを中心に、炭水化物やタンパク質をプラスしていく仕組みです

<脂肪燃焼スープの食べ方/1週間>

・1日目
朝/スープ
昼/スープ
夜/スープ
お腹が空いたら、糖質の低いりんごやグレープフルーツ、ベリー類を。

・2日目
朝/スープ
昼/スープ
夜/スープ
夕食は、茹でたり蒸したじゃがいもやさつまいももOK。

・3日目
朝/スープ
昼/スープ
夜/スープ
糖質の低いフルーツや茹でた野菜もOK。

・4日目
朝/スープ+バナナ
昼/スープ+バナナ
夜/スープ+バナナ
1食あたりバナナ1本、1日合計3本。

・5日目
朝/スープ+肉
昼/スープ+肉+トマト
夜/スープ+肉+トマト
肉は休ませていた消化器に急な負担をかける可能性があるため、よく噛んで食べ、どか食いは避けましょう。

・6日目
朝/スープ+肉
昼/スープ+肉+茹でた野菜
夜/スープ+肉+茹でた野菜
茹でた野菜も食べましょう。

・7日目
朝/スープ+玄米ご飯
昼/スープ+玄米ご飯
夜/スープ+玄米ご飯
玄米も消化力を要する穀物です、よく噛んで食べ、どか食いは避けましょう。

脂肪燃焼スープは夜だけでも大丈夫?

1日3食を脂肪燃焼スープに置き換えるのが難しい場合は、夜だけでも大丈夫。体重を減らす効果は3食スープに置き換える方法と比較してゆるくなりますが、胃腸がリセットされるのでダイエット効果は維持できます。

脂肪燃焼スープにおすすめの食材

それぞれ栄養価の異なる食材をご紹介します。

野菜を小さくカットして調理する脂肪燃焼スープは、水溶性の栄養素もあますことなく摂取することができます。

○腸内環境を整える、脂肪の吸収を抑える「食物繊維」を含む食材
・にんじん
・きゃべつ
・ピーマン
・ほうれん草
・小松菜

○血液をサラサラにする「硫化アリル」を含む食材
・玉ねぎ
・きのこ類

○むくみ解消におすすめの「カリウム」を含む食材
・セロリ
・さつまいも
・じゃがいも
・ニラ
・豆腐

○中性脂肪燃焼作用のある「13オキソODA」を含む食材
・トマト

○脂肪燃焼作用のある「クロム」を含む食材
・ブロッコリー

抗酸化力のあるファイトケミカルは、いずれの野菜や海藻、豆類にも含まれます。

クラシエ コッコアポ 脂肪燃焼コラム(脂肪燃焼)

おすすめの基本レシピ

脂肪燃焼スープは、野菜をスープで煮るだけのシンプルな料理。まとめて作って冷蔵庫で保存しておくこともできます。

その都度、必要な分だけマグカップにとり、電子レンジで温めればすぐに食事の準備が完了。冷蔵庫に余った半端な野菜も入れることができるので、食材の無駄がありません。

・材料 (4人分)
キャベツ 1/2個
玉ねぎ 1個
にんじん 1本
セロリ 1本
コンソメスープの素 1つ
ホールトマト缶 1つ
水 400〜450cc
塩少々

・つくり方
1)野菜を食べやすい大きさに切る。キャベツは3〜5mmくらいのざく切り、玉ねぎは角切りに。にんじん、セロリはかたいので、1cmほどのさいの目切りにしておくと、煮えやすい。

2)鍋に切った野菜と、トマト缶、コンソメスープの素、水を入れて中火にかける。ひと煮立ちしたら弱火にし、蓋を少しずらしてのせ20〜30分煮る。

3)野菜が柔らかくなったら、仕上げに塩で味を整えて完成。

脂肪燃焼スープはトマトなしでも作れる?

トマトなしでも脂肪燃焼スープを作ることができます。

脂肪燃焼スープがダイエットに効果的なのは、脂肪燃焼作用と体のデトックス作用があること。脂肪燃焼を助ける栄養素と食物繊維やカリウムが豊富な食材を、スープで効率よく摂ることができます。

トマトを使わない場合は、脂肪燃焼作用が期待できる下記の食材で代用して作りましょう。

○トマトの代わりに使える脂肪燃焼スープの食材
・パプリカ
・えのき
・しめじ
・ほうれん草
・小松菜
・ブロッコリー

おすすめアレンジ方法

脂肪燃焼スープは、アレンジも簡単です。しょうがやニンニクを加えると味にパンチが出ますし、バジルやパセリ、ローズマリーなどのドライハーブを加えて、オリーブオイルをたらせば洋風に。カレー粉もおすすめです。

脂肪燃焼スープダイエットは、自炊した野菜スープを中心に食生活をリセットして、痩せやすい体を作る1週間限定の方法です。

外食が続いて食べ過ぎてしまった時や、野菜不足の時に行うのがおすすめ。特に現代の食事では、カロリーが多く、栄養不足に陥りがち。体を整えたいと思ったときに、トライしてみましょう。
もし脂肪燃焼スープだけでは改善できない肥満症、余分な脂肪が気になったら、漢方で余分な脂肪をデトックスする方法もあります。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」と「大柴胡湯(だいさいことう)」の2処方は便秘を改善して、脂質代謝を上げて余分な脂肪を分解・燃焼する効果があります。それぞれ使われる体質が違うので、まずは自分の体質に合わせて処方を選ぶことが大切です。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」のタイプ:食べ過ぎや間食が多く、代謝が追い付かなくなることでお腹まわりに脂肪がつきやすくなるタイプ。このタイプは胃腸の働きが乱れて便秘にもなりがちです。
大柴胡湯(だいさいことう)」のタイプ:年を重ねることやストレスなどでホルモンバランスが乱れ、脂質代謝が低下し、上半身を中心に、筋肉の少ない二の腕・脇腹に溜まりやすいタイプ。また、このタイプは食生活が乱れやすく、便秘にもなりがちです。

「防風通聖散」と「大柴胡湯」の2処方は、ドラッグストア等でクラシエ薬品のコッコアポとして販売されていることがあります。漢方薬で自分にあう脂肪の減らし方を探したいときは、ぜひチェックしてみてください。

<PR>

からだにいいこと
記事監修
からだにいいこと編集部
創刊18周年を迎えた女性向けの健康生活情報誌『からだにいいこと』。医師や専門家の監修のもと、「いますぐできる」「心も体も元気になれる」健康・美容・ダイエット情報を発信中。