メニュー
  • 漢方を

  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

Kampoful Lifeとは

クラシエ薬品 医療用医薬品ウェブサイト

クラシエ薬品 漢方優美

ストレス発散が苦手な人はなりやすい? 喉の違和感・異物感は「咽喉頭異常感症」かも 記事をクリップする

ストレス発散が苦手な人はなりやすい? 喉の違和感・異物感は「咽喉頭異常感症」かも

風邪をひいたわけでもないのに、以下のような喉の症状はありませんか?
・不快感、異物感がある
・ストレスを感じると喉がつまって苦しい…。
・喉に何だか違和感がある
病院で検査をしても原因がわからない、このような症状があることを「咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)」といいます。また、ヒステリー球とも呼ばれています。

周囲からはなかなか理解されにくい悩みですが、喉の不調は発声や呼吸、食事など日常生活の様々な場面に影響を及ぼすため、本人にとっては辛い症状と言えます。

喉の違和感がある『咽喉頭異常感症』の原因

漢方の世界では咽喉頭異常感症を、梅の種が喉にあるような感じがして、飲み込むことも、出すこともできないことに例えて「梅核気(ばいかくき)」と呼ばれています。

咽喉頭異常感症の主な原因はストレスと言われています。更年期障害や自律神経失調症、うつ病など精神的症状の目立つ病気に見られることが多く、心理的に大きなストレスがかかった場合に喉の違和感が悪化する傾向にあります。

例えば、怒りや悲しみなど強いストレスを感じた時、胸苦しさで喉がつかえたり、呼吸が浅くなった経験はありませんか?漢方では、心理的なストレスが原因で気の巡りが滞る「気滞(きたい)」が、これらの症状を引き起こすと考えています。気滞とは、様々な原因で気の巡りが悪くなって滞ることを指していますが、「梅核気」の場合、ストレスによって喉の部位で気の停滞が起こっていると考えられています。

喉の違和感がある『咽喉頭異常感症』になりやすい人の傾向

このような喉の違和感や喉のつかえを感じやすい人には、いくつかの傾向があります。「普段からストレスを発散することが苦手な人」、「嫌な思いをしても我慢してしまうタイプの人」で、また、比較的女性に多く見られます。

喉の違和感や『咽喉頭異常感症』の一時的な改善法

飲み込むことも吐き出すこともできない喉のつまりがあると、、口の中をさっぱりさせたいと感じますよね。そんなときは、ミントタブレットやのど飴など、喉に清涼感を感じるもの、ハーブやスパイスなど香りの良い食べ物がおすすめです。口の中がスッキリして、喉の違和感やつまりなどの感覚が一時的に緩和するでしょう。しかし、これはあくまでも、一時的な改善策のため、時間が経つとまた喉に不快感が戻ってきてしまうようです。

喉の違和感、咽喉頭異常感症に漢方薬を

喉のつかえ感や違和感の咽喉頭異常感症を解決したい!そんな方は漢方薬を試してみませんか?

咽喉頭異常感症の漢方治療では、「気」のめぐりを良くして、喉のつかえ感や違和感を改善する「半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)」が昔から「梅核気」治療に用いられてきました。

その他、「柴朴湯(さいぼくとう)」も喉のつかえ感に効果的です。柴朴湯は「半夏厚朴湯」に炎症を抑える作用がある「小柴胡湯(しょうさいことう)」を合わせた漢方薬です。小柴胡湯は、ストレスで停滞した気の巡りを良くする目的で昔から使われていました。「柴朴湯」は「半夏厚朴湯」に比べて気を巡らせる働きも期待できます。

半夏厚朴湯」や「柴朴湯」を試したいけど、漢方を処方してくれるお医者さんが分からない、、という方は「漢方ナビ」サイトをご覧ください。「漢方ナビ」ではお近くの漢方医が探せるほか、漢方専門の先生をご紹介します。

漢方薬で喉の違和感をすっきりさせて、爽やかな毎日を過ごしたいですね。

お近くの漢方医が探せる「漢方ナビ」

お近くの漢方医が探せるほか、漢方専門の先生もご紹介します。

漢方ナビ

詳しく見る
漢方セラピー - 半夏厚朴湯

のどのつかえ感、不安神経症に使われる半夏厚朴湯について

半夏厚朴湯 - 漢方セラピー

詳しく見る

関連キーワード

  • Facebook
  • Twitter
  • Feed
  • Facebook
  • Twitter
  • Feed