メニュー
  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美

Kampoful Lifeとは

咳に敏感な時期だから知っておきたい!咳の種類・タイプ別の薬の使い分け 記事をクリップする

咳に敏感な時期だから知っておきたい!咳の種類・タイプ別の薬の使い分け

「咳」といっても、実はいろいろなタイプがあるのをご存知ですか?タイプによって原因はさまざま。そのため、対処法や治し方も違います。咳をしっかり治すためには、まずあなたの「咳」のタイプを知ることが大切です。今回は、咳の種類とその対策法について漢方の視点からご紹介します。

咳の原因はカラダの内側?外側??

まず大きく分かれるのが“外因による咳”なのか“内因による咳”なのかという点です。外因の咳とは咳の原因がカラダの外的な要因にある咳のことで、その多くは風邪やインフルエンザに代表されるようなウイルスや菌、乾燥・湿気・暑さ・寒さなどの大きな気候変化、ホコリやダニ、花粉、タバコのような微粒子などによって起こると言われています。発症は急ですが、原因が比較的分かりやすく、症状の経過も短く治りやすいのが特徴です。

一方、内因による咳とは咳の原因がカラダの内面の要因にある咳のことで、カラダの弱りや老化、体調の崩れ、アレルギーなどによって起こることが多く、発症は緩慢ですが、症状の経過が長く、慢性化しやすい傾向にあり、喘息のように一度良くなってもまた反復するなど治りにくいのが特徴です。

外因タイプは咳の症状に注目!外因タイプの咳の見分け方とおすすめの漢方薬

外因タイプの咳のときは、まず“咳の症状”に着目しましょう。咳と言っても、乾燥した咳や湿った咳、痰のからむ咳などさまざまです。痰も水様性のサラサラなものから粘性の強い切れにくい痰まで実に多様です。この症状の差こそが、あなたの咳の原因を知るための重要なヒントになるのです。咳の症状をしっかりと観察することであなたの咳のタイプが見えてきます。タイプを見誤って対処してしまうと逆に咳を悪化させる原因になってしまうことも。きちんと見極めて対処することが重要です。

寒い風邪タイプ

① 寒い風邪タイプ(表寒)
発熱があっても寒気があるのが特徴で、咳以外にも鼻水、鼻づまり、頭痛、関節痛など風邪の症状が出やすくなります。
カラダを冷やすと咳が悪化しやすくなります。カラダをしっかり温めて、ゆっくり休みましょう。
<代表的な症状> 
咳 鼻づまり 鼻水 のどがかゆい 薄く白い痰
頭痛 発熱 悪寒または悪風

<おすすめの漢方薬>
葛根湯、麻黄湯、小青竜湯

<PR>

かぜのひきはじめ・頭痛・肩こりに

葛根湯

詳しく見る


<PR>

鼻水・アレルギー性鼻炎に

小青竜湯

詳しく見る


<PR>

かぜのひきはじめで、寒気・発熱があるときに

麻黄湯

詳しく見る

熱い風邪タイプ

目立った悪寒はなく発熱しやすい傾向があります。痰も粘性があり、黄色を帯びていて、のどの痛みなど炎症症状が出やすいのも特徴です。布団をかぶるなど体を温めると咳が悪化する可能性があります。温め過ぎには注意して、安静にしましょう。
<代表的な症状>
咳 黄色または黄白色で粘性のある痰 口の乾燥 のどの痛み、頭痛 鼻づまり 発熱 軽度の寒気(悪風) 
<おすすめの漢方薬>
五虎湯 銀翹散

<PR>

たんが出る、激しいせきに

五虎湯

詳しく見る


<PR>

のどがはれて痛むかぜに

銀翹散

詳しく見る

燥邪タイプ

大気の乾燥により呼吸器系が乾燥して出る咳は、痰は少量で粘性が強く切れにくいのが特徴です。咳以外にも、鼻腔の乾燥やのどの乾燥感も出やすくなります。大気の乾燥が原因であることが多いので加湿により乾燥を防ぐことが効果的です。また室内を乾燥させやすい暖房や冷房などは気を付けましょう。水や飴などでのどを潤すのも効果的です。
<代表的な症状>
咳 粘性が強く切れにくい少量の痰
または乾燥した咳で痰がない ひどいときには胸の痛みがある
鼻の穴の乾燥 のどの乾燥 のどのかゆみや痛み
<おすすめの漢方薬>
麦門冬湯

<PR>

コンコンと長引くから咳、痰に

麦門冬湯

詳しく見る

暑湿タイプ

暑さと湿気により呼吸器系が侵されて出る咳は、粘性がある痰がたくさん出やすく、のどが渇きますが実際に飲むと欲しくないという特徴があります。梅雨時期や夏の湿気の多い時期などに出やすい傾向があります。外気の湿気によりカラダに余分な湿気が溜まりやすくなっている状態なので、必要以上に水分を取らず、水の巡りを良くするよう心掛けましょう。冷房や除湿などで暑さ、湿度を調整するのも効果的です。
<代表的な症状>
咳 粘性がある大量の痰 胸苦しい 発熱 熱感 汗が多い 頭が張る
のどが渇くが水分はあまり欲しくない 焦燥感 顔が赤い 尿が濃く少量
<おすすめの漢方薬>
竹茹温胆湯

<PR>

咳や痰が多くて眠れないときに

竹茹温胆湯

詳しく見る

咳の種類は、咳以外の症状にも着目して見極めよう!

咳の症状に着目する外因タイプに対して、内因タイプは咳の症状だけでなく、咳以外の症状にも着目するのが原因を見分けるポイントです。

内因タイプの咳の原因はさまざまです。咳に直結する呼吸器系だけではなく、胃腸の弱りや全身の水分循環の悪化、慢性疲労や老化、ストレスなど一見咳には関係なさそうに思えることも咳の原因になる場合があります。

内因タイプでは咳だけでなく、同時に同じ原因からくるカラダのトラブルが起こりやすいのが特徴です。そこに注目することで、あなたの咳の本質が見えてきます。咳以外に何かカラダの不調はありませんか?振り返ってよく考えてみましょう。
内因の咳をしっかり改善するためには咳を抑える対症療法だけではなく、咳が出ている根本の原因(内因の原因)を整える“根治療法”を一緒に行うことが大切です。といっても、外因の咳に比べて内因の咳はなかなか自分自身では根本原因は分かりにくいものです。もし長年咳に悩まれているのであれば、一度、漢方に詳しい専門医に相談してみてはいかがでしょうか?


<PR>

お近くの漢方医が探せるほか、漢方専門の先生もご紹介します。

漢方ナビ

詳しく見る

関連キーワード

  • Facebook
  • Twitter
  • Feed
  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美
このサイトをシェアしよう
  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る