ここから本文です

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)ぽっちゃりした食べ過ぎタイプの方が脂肪を落とす漢方薬|脂肪燃焼コラム

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)ぽっちゃりした食べ過ぎタイプの方が脂肪を落とす漢方薬

「つい食べ過ぎてしまう……」「お腹まわりのお肉が気になる……」「食欲旺盛だが便秘気味……」
こんな方におすすめなのが、漢方薬の「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」です。食欲が旺盛で、お腹周りや見た目の肥満に悩む方にこそ脂肪を落とす漢方薬がぴったりです。

消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っている暑がりさんに

体力があり、食欲はあるけれど、肥満が悩み……そんな方の多くが暑がりで、体に熱を溜めやすいタイプなので、冬場でも冷たい飲み物を好み、体を冷やそうとします。
こういった方は、血液やリンパ液などのめぐりが悪く、食べ過ぎなのに代謝されないということで、余計な脂肪や熱が体にたまっていきます。

肥満に効果のある漢方薬にも様々ありますが、このようなタイプの方に選ばれるのが「防風通聖散」。消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っていることで肥満になっている人に向いています。
また、肥満にともなうのぼせ、便秘、ふきでものにも効果があります。

ちなみに防風通聖散は、中国金・元時代の劉河間(りゅうかかん)が著した「宣明論(せんめいろん)にも掲載されている漢方薬。メインの生薬の名前である「防風(ボウフウ)」と、すぐれた人を表す「通聖」から、現在の漢方薬の名前「防風通聖散」となりました。

「防風通聖散」は「実証」タイプの方におすすめ

防風通聖散は、ぽっちゃりした体型なうえ、食欲旺盛、ついつい食べ過ぎてしまったり、すぐお腹がすくので間食してしまうため、肥満症になっている方におすすめの漢方薬です。特に、運動不足や食事などの生活習慣の乱れがちな現代では、摂取したカロリーより使われる量が少ないため、それらは代謝されずに内臓脂肪や体脂肪として蓄積されていく……という方が増えています。

漢方薬は同じ症状でも、その人の体質によって一人ひとり違った漢方薬が処方されます。その体質を量る指標に「証(ショウ)」があります。「陰証と陽証」「表証と裏証」「寒証と熱証」などさまざまな証があるなかでも、外見や体力をあらわす「虚証と実証」が証の基本となります。

体力がなく弱々しく、抵抗力も弱い人は「虚証(キョショウ)」と判断され、反対に体力があり、抵抗力の強い人のことは「実証(ジッショウ)」となります。

「実証」の人は、濃い味や脂っこい食品、辛いものを好み、お酒が好きで、暑がりで冬でも冷たいものをよく飲みます。また、ぽっちゃりした体型で、風邪などをひくことあまりなく、肌つやがよく、声が大きいというようにエネルギーがあふれて見えます。
しかし、便秘がちで、お腹まわりに脂肪がついているのが特徴です。

これらのことからも防風通聖散は、「実証(ジッショウ)」の人におすすめの漢方薬です。

漢方の診療とは異なる西洋医学基準のBMI測定とメタボ検診

お腹や内臓に余分に脂肪がついている場合「肥満」と呼びます。その肥満の度合いは、BMI(ボディマスインデックス)で表されます。
一般的には、BMIが
「18.5未満=やせ」
「18.5〜24.9=普通」
「25〜29.9=肥満1度」
「30〜34.9=肥満2度」
「35〜39.9=肥満3度」
「40以上=肥満4度」
と判定されます。
その数値は、自分で計算して出すことができます。
体重(kg)÷身長(m) ÷身長(m)
例:体重53kg、身長160cmの場合。
53÷1.6÷1.6 =20.7

計算方法は世界共通ですが、国によって肥満の判定基準は異なります。上記からもわかるように、日本肥満学会の基準は「18.5未満は低体重(やせ)」となり、「18.5以上25未満は普通体重」、「25以上は肥満」と判断されます。

さらに、BMIの値が25以上あり、下記の症状を伴う場合は、肥満ではなく「肥満症」と診断されます。
〈肥満症とされる合併症〉
・ 糖尿病
・ 高血圧症
・ 脂質異常症(高脂血症)
・ 睡眠時無呼吸症候群
・ 月経異常
・ 腹部のCTで内臓脂肪型肥満と判断

それとは別に、脂肪がつきすぎたり代謝が悪い場合の不調を防ぐため、「メタボリックシンドローム」という診断基準もあります。メタボリックシンドロームの基準は、おへその高さの腹囲が男性85cm、女性90cm以上で、血圧・血糖・脂質のうち2つ以上が基準値から外れ、高い値になった場合です。

内蔵脂肪の蓄積は必ずしもBMIとイコールではないため、メタボリックシンドロームの診断基準にBMI値は盛り込まれていませんが、メタボ予備軍をフォローするため、特定健診や特定保健指導の基準にはBMIが盛り込まれています。
日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病を予防するために、厚生労働省では、特定健診として40〜74歳までの方を対象に、「メタボリックシンドローム健診」を行っています。

このように西洋医学では、肥満症かメタボリックシンドロームかどうかを診断しますが、漢方では、この西洋医学の検査結果もチェックしつつ、独自の指標で体質や証を把握し、その人に最適な漢方薬を選択します。

防風通聖散の生薬と効能

塩辛いものや脂っこく、味の濃いものが好きで、食欲旺盛、つい食べすぎてしまう方には、過食や暴飲暴食を抑え、スムーズな排便を促すことで老廃物を排出し、脂質代謝をあげて脂肪燃焼を促す「防風通聖散」が選択されます。

こういった食生活を続けていると、胃腸の働きがより活発になり熱が生まれます。この熱がさらなる食欲を招くという負のスパイラルにおちいります。その胃腸の熱を取る作用で、「防風通聖散」が用いられ、過剰な食欲を抑えることができます。

「防風通聖散」は、下記18種類の生薬で構成されています。
防風(ボウフウ):セリ科の植物の根や茎。
黄芩(オウゴン):シソ科のコガネバナの根。
大黄(ダイオウ):タデ科の植物の根。
芒硝(ボウショウ):天然の鉱物。
麻黄(マオウ):マオウ科の植物の地上茎。
石膏(セッコウ):天然の鉱物。
白朮(ビャクジュツ):キク科のオケラの根。
荊芥(ケイガイ):シソ科の植物の花穂。
連翹(レンギョウ):モクセイ科の植物の果実。
桔梗(キキョウ):キキョウ科のキキョウの根。
山梔子(サンシシ):アカネ科のクチナシの実。
芍薬(シャクヤク):ボタン科のシャクヤクの根。
当帰(トウキ):セリ科の植物の根。
川芎(センキュウ):セリ科の植物の根。
薄荷(ハッカ):シソ科のハッカの茎や葉。
滑石(カッセキ):天然の鉱物。
生姜(ショウキョウ):ショウガ科のショウガの根や茎。
甘草(カンゾウ):マメ科の植物の根やストロン。

これらのうちメインとなる生薬は、防風(ボウフウ)と麻黄(マオウ)です。そのほか、熱や炎症を除くもの、便通を良くするもの、不必要にたまった水分を排出し、血流をよくするものなどの生薬たちが、その組み合わせで相乗効果を発揮します。

こういった18種類の生薬の複合的な作用で、お腹まわりの皮下脂肪を分解・燃焼するのが「防風通聖散」。また、高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘などにも応用されています。
また蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎などに用いられていることも興味深いものです。

防風通聖散の使用上の注意

防風通聖散は、スムーズな排便を促す作用があります。そのため、服用中はそのほかの下剤を使用するのは控えましょう。

また、授乳中に防風通聖散を服用すると、薬の成分(大黄の成分など)が母乳に移行し、乳児に影響を及ぼす可能性がありますので、授乳中は薬の使用は避けましょう。もしも、どうしても必要な場合は、漢方専門の医師や薬剤師に相談してください。

そのほか、下記に当てはまる方は使用を避けてください、
医師の治療を受けている人、妊婦または妊娠していると思われる人、体の弱い人、胃腸が弱く下痢しやすい人、多汗症の人、今までに薬で発疹・発赤、かゆみを起こしたことがある人、むくみ・排尿困難の症状がある人、不眠傾向の人、高血圧症、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害の診断を受けた人、高齢の人などです。

防風通聖散の副作用

また、下記の症状が出た場合は、副作用の場合があります。すぐに服用を中止して、医師や担当の薬剤師に相談してください。

発疹、発赤、かゆみ、吐き気、嘔吐、食欲不振、胃の不快感、腹部の張り、激しい腹痛をともなう下痢、腹痛、めまい、発汗、動悸、むくみ、頭痛

また、まれに間質性肺炎、偽アルドステロン症、ミオパチー、肝機能障害、黄疸、腸間膜静脈硬化症といった重要な副作用が起こる場合もあります。服用中、発熱、せき、呼吸困難、脱力感、四肢痙攣・麻痺、下痢などの症状がでた場合にはすぐに服用を中止し医療機関を受診してください。

詳しくは、サイト内にある各商品の添付文書をご確認いただき、正しく服用ください。

防風通聖散のまとめ

防風通聖散は、ドラッグストアなどで「ため込み脂肪」や「つい食べ過ぎる方」に向けた主にお腹周りの肥満解消のための市販薬として販売されています。

漢方薬はその人の体質ごとに薬が異なるので、その薬に自分が適しているか説明をよく読んでから服用しましょう。
ご自身で判断が難しい場合は、漢方専門の医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

監修:株式会社からだにいいこと