メニュー
  • 漢方を

  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

Kampoful Lifeとは

クラシエ薬品 医療用医薬品ウェブサイト

クラシエ薬品 漢方優美

生理痛は我慢しない!生理をもっとラクにする子宮メンテナンス術 記事をクリップする

生理痛は我慢しない!生理をもっとラクにする子宮メンテナンス術

多くの女性が感じている「生理痛」。下腹部の痛みや頭痛、吐き気、イライラ・・・様々な不快で辛い症状に悩まされている人も多いはず。生理は女性の健康を知る大切なバロメーターです。生理痛はあることが当たり前ではありません。痛みがあるということは、カラダからの異変を知らせるサインになります。「みんなもあるし、しかたがない・・」などと、諦めてしまわず、今日からできる子宮メンテナンス術を身につけて、生活を見直し今の生理をもっとラクに過ごしてみましょう。

なぜ、生理痛は起こるの?

生理痛の主な原因は、生理の時には要らなくなった子宮内膜が剥がされる時に出される痛み物質(プロスタグランジン)が分泌されることが関係しています。さらに、要らなくなった子宮内膜を押し出すために子宮が収縮する際、冷えなどで子宮が硬いと収縮がうまくできずに痛みの原因になります。

その他の原因として、
・子宮の働きやホルモン分泌
・血行不良(冷え)
・下着や衣服による締め付け
・偏った食事(特に甘いものの過剰摂取)やカフェインの取りすぎ、喫煙
・骨盤のゆがみや骨盤周辺の柔軟性の不足
・子宮内膜症や子宮筋腫などの病気 
があります。

思春期の子宮や卵巣が未熟なことで痛みが生じたり、女性ホルモンの不調やストレス、過度なダイエットなどで起こることもあります。また、冷えや下着などの締め付け、長時間座って仕事をしていることでの骨盤内の血液のめぐり(血行)が悪くなり起こることもあります。 

生理周期による痛みの変化

生理痛にも生理周期により痛みに特徴が見られる方も多いようです。一般的に言われている痛みの特徴をみていきましょう。

生理前の痛み
生理開始の3−7日前から下腹部痛の他に頭痛、むくみ、イライラ、不安、胃腸の不調などが起こるのがPMS(月経前症候群)です。

生理前半の痛み
生理直前から生理初期には、子宮内膜を剥がすためのホルモン(プロスタグランジン)が分泌されます。このホルモンは子宮を収縮させ、子宮内膜を外へ排出する役割があります。痛みを感じさせるホルモンでもあるため、この量が多すぎると収縮が強すぎて痛みが発生します。また、血管を収縮させるので、腰のだるさや冷えも起こってきます。

生理後半の痛み
後半の痛みは、血液のめぐりが悪くなって起こる下腹部の鈍痛や腰痛が主になってきます。

生理痛を緩和する子宮メンテナンス術

スッキリ経血を排泄し、生理痛を緩和するための子宮メンテナンス術として、骨盤ケア、アロマケア法に加えて、生活の中で気をつけるポイントをご紹介します。

骨盤ケア

生理痛の緩和につながる骨盤ケア。足の付け根や股関節を開く動きをすることで、骨盤がスムーズに開くことをサポートしてくれます。

1.仰向けになって、足裏を合わせて膝を両サイドに開きます。
2.股関節を開くのが辛い方は、膝下にクッションやタオルを入れてみましょう。
3.両手を擦り合わせて、その手を下腹部において、目を閉じてゆっくり深呼吸をしましょう。
4.肩や腰、目元や口元の力も抜いて呼吸をしながらリラックスしましょう。
生理痛の緩和につながる骨盤ケア。足の付け根や股関節を開く動きをすることで、骨盤がスムーズに開くことをサポート

アロマケア

痛みや不快な症状を緩和するのにアロマは効果的です。仙骨や腰、下腹部をマッサージし、軽く温湿布をすることで、痛みが緩和されココロもリラックスすることができます。

1.マッサージオイルを作り、仙骨周りに塗ってマッサージします。
2.次にウエストの周り、腰にも塗ってマッサージしていきます。
3.下腹部に塗って、下腹部と仙骨に温タオルを当てます。(タオルは冷めたら外してください。)
アロマケア-下腹部と仙骨あたりに温タオルを当てる

<オススメのアロマレシピ>
ラベンダー   2滴    
クラリセージ  2滴  
ローズマリー  2滴
キャリアオイル 15ml

※注意
アロマオイルは必ずキャリアオイルに混ぜて使用してください。原液塗布はせず、皮膚の弱い方はパッチテストを行ってから使用してください。肌が赤くなったり、湿疹が出たり皮膚に異変がある場合は、直ちに使用を中止してください。 

生活の中で気をつけるポイント

以下のポイントを普段の生活する中で、気をつけることにより、生理痛を軽減できる場合があります。カラダにもいいので、ぜひ、実践してみてください。

首のつくところを冷やさない
首のつくところは、浅いところに動脈が走行しています。ここは外気によって血液の温度も左右されるため、できるだけ、首、手首、足首、くびれ(腰)は冷やさないようにしましょう。

睡眠
人は寝ている間に自律神経のバランスを整えたり、ストレスからの回復をしてくれます。寝る前1時間くらいはスマートフォンやテレビを見ないようにして、部屋は暗めにしてみましょう。
 
ストレスケア
ストレスはホルモンバランスを崩してしまいます。特に生理中はナーバスになっていますので、心身をリラックスさせることが大切です。早めにベットに入って、ゆったりとした深呼吸を行なっていきましょう。

こんな生理トラブルには注意

生理痛といっても一概にただの痛みとして見過ごせないことがあります。そこには子宮内膜症など、病気が隠れている場合があるので、適切な診療を受ける必要があります。以下の症状に当てはまる方は、一度婦人科受診をお勧めします。

生理不順
生理周期が25日未満または45日以上
二、三ヶ月生理が来ていない
一ヶ月に3回以上生理がくる

経血の性状と量
経血にレバー状のドロッとした固まりがたくさん出る
夜用ナプキンが漏れてしまうくらい経血が多い日が2日以上続く
生理のたびに経血量が増えたり、排血が止まらないことがある。 
逆に量が少なすぎる。

生理痛
痛みが強すぎて、仕事や日常生活に支障がある
市販の鎮痛剤が裏に書いてある用法では対処できなくなっている

不正出血
生理以外に出血がある。

いかがでしたか?生理痛でお悩みの方は、ぜひ、子宮メンテナンス術を行って、生理痛のない生活を過ごしてくださいね。

文:ホリスティックビューティインストラクター 櫻井夕希子
専門はカラダの仕組み、女性のカラダ。看護師経験15年。各種イベントや企業研修などで健康美や女性特有の悩みやカラダの仕組みとセルフケアを始め、温活ケアセミナー等を行っている。
▷ホリスティックビューティ協会ウェブサイト

女性の悩み関連ー漢方セラピー

生理時のお悩みや更年期、また便秘からおこる痔などの症状を改善する漢方薬をご紹介

女性の悩み – 漢方セラピー

詳しく見る
  • Facebook
  • Twitter
  • Feed
  • Facebook
  • Twitter
  • Feed