タイミングと症状で選んで、あなたのかぜをもとから治す。

かぜによる鼻水、
くしゃみ、花粉症に

小青竜湯 しょうせいりゅうとう

第2類医薬品
小青竜湯

クイックガイド MOVIE

効能

体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出るものの次の諸症:気管支炎、気管支ぜんそく、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症

こんな時・こんな方に

かぜで鼻水、くしゃみがひどいとき / アレルギー性鼻炎で悩んでいる方 / 運転する方、受験生など薬を服用して眠くなっては困る方

小青竜湯とは

中国の四神の一つである「青竜」(東の神)の青い色と生薬麻黄の色を関連付けてと称されたという「小青竜湯」は、中国の古典医学書「傷寒論(しょうかんろん)」に記載され、咳、鼻水、くしゃみの出る鼻炎、かぜに用いる代表的な薬方です。くしゃみ、うすい水様の痰を伴うかぜや鼻炎、ゼーゼーと喘音がしたり、ゴロゴロ痰のつまった音を伴う気管支炎、気管支ぜんそく等に使われます。漢方では、これらの症状の原因を水滞(からだの組織、細胞内外の水分代謝異常や水分の偏在)と考えます。平素から胃腸、気管や胸から脇にかけて水滞のある人は、アレルギーや感染や鼻炎、水気が上半身にあふれ、鼻水やたんの症状が現れます。

構成生薬

どう効くの?

  • 小青竜湯は、体を温めて水分代謝を促進することで、
    鼻かぜや花粉症を改善する漢方薬です。※眠くなる成分は入っていません。
    漢方医学では鼻かぜや花粉症の症状は、体が冷え、水分代謝が悪くなることが原因で起こると考えられているため、どちらの場合でも効果が期待できます。

花粉症について。
  • 花粉症の特徴としては、透明で水のようにサラサラした鼻水が多量に出ることが多いものです。かぜのときのように、色の付いた鼻水が出ることはあまりありません。対策としてマスクや飲み薬のほか、鼻炎スプレーのような点鼻薬があり、飲み薬では主に抗ヒスタミン薬抗コリン成分、鼻炎スプレーでは抗ヒスタミン成分や抗アレルギー成分が用いられることが多いです。一方で、抗ヒスタミン成分の配合された飲み薬では、副作用として眠気が現れることがありますが、小青竜湯の場合は眠くなる成分が入っていないため、乗り物を運転する方や薬の服用によって眠くなっては困る方におすすめです。

〈 使用上の注意 〉

■ 相談すること

  • 1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

    • (1) 医師の治療を受けている人
    • (2) 妊婦又は妊娠していると思われる人
    • (3) 体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
    • (4) 胃腸の弱い人
    • (5) 発汗傾向の著しい人
    • (6) 高齢者
    • (7) 今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
    • (8) 次の症状のある人 むくみ、排尿困難
    • (9) 次の診断を受けた人 高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害
  • 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

    関係部位 症状
    皮膚 発疹・発赤、かゆみ
    消化器 吐き気、食欲不振、胃部不快感

    まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

    症状の名称 症状
    間質性肺炎 階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
    偽アルドステロン症、ミオパチー 手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
    肝機能障害 発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。
  • 3.1ヶ月位(感冒の初期、鼻かぜ、頭痛に服用する場合には5~6回)服用しても症状が良くならない場合は服用を中止し、
    医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

  • 4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

〈 保管及び取扱い上の注意 〉
  • (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
  • (2)小児の手の届かない所に保管してください。
  • (3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
  • (4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
  • (5)1包を分割した残りを服用する時は、袋の口を2回以上しっかり折り返して保管し、2日を過ぎた場合には服用しないでください。

その他の諸症状には

さむけ

葛根湯(かっこんとう)

かぜのひきはじめ、頭痛には葛根湯。

のどの
痛み

銀翹散(ぎんぎょうさん)

かぜでのどが痛いときや頭痛には銀翹散。

はきけ

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

はきけがあり、長引くかぜや胃腸炎には柴胡桂枝湯。

激しい
せき

五虎湯(ごことう)

激しいせきが出るかぜや、気管支ぜんそくには五虎湯。

長引く
せき

麦門冬湯(ばくもんどうとう)

長引くせきや気管支炎には麦門冬湯。

発熱

麻黄湯(まおうとう)

熱があり、節々が痛むかぜや鼻かぜには麻黄湯。

長引く

竹茹温胆湯(ちくじょうんたんとう)

熱が長びく、せき・たんが多く、
眠れないときには竹茹温胆湯。

声がれ

甘草湯(かんぞうとう)

のどの痛みやしわがれ声には甘草湯。

ページの先頭へ