メニュー

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美

Kampoful Lifeとは

足がしびれる・痛む!タイプ別、足のしびれの原因とおすすめのツボとケア法とは? 記事をクリップする

足がしびれる・痛む!タイプ別、足のしびれの原因とおすすめのツボとケア法とは?

動くと足がしびれて歩きにくい、痛みが出て辛いとお困りの方も多いのではないでしょうか。ひとくちに「足のしびれ」といっても実は原因はさまざまです。まずは、あなたの原因を知りましょう。今回は足のしびれの原因とおすすめ漢方薬、漢方流おすすめケアをタイプ別に解説します。

足のしびれの原因とは?

足のしびれは、まず“一時的なしびれ”“慢性的なしびれ”の2つに大きく分けられます。正座によるしびれのように一時的なものは、特に問題にはなりません。一方、慢性的なしびれは、くり返すことが多く、なかなか改善しないことも少なくありません。

原因がカラダの内側に潜んでいることが多い、慢性的なしびれ。根本から改善するためにはカラダの内側から原因にアプローチし、体質から整えることが大切です。
※慢性的なしびれは大きな病気(脳血管障害など)が隠れている事もあるので、受診をお勧めします。

漢方では足のしびれの代表的な原因を以下のように考えます。

冷えによるしびれ
栄養不足によるしびれ
血液循環の滞りによるしびれ
水分代謝の滞りによるしびれ

冷えによるしびれ一時的に起こりやすいのに対し、栄養不足や血液循環の滞り、水分循環の滞りによるしびれ慢性的なことが多いのが特徴です。

足のしびれの特徴と原因とは?

しびれにはさまざまなタイプがあり、漢方では以下のように考えています。

冷えによるしびれ

カラダが冷えることで血流や水分循環などカラダの循環が一時的に阻害されるとしびれが起こりやすくなります。しびれに痛みを伴うこともあり、寒気や手足の冷え、腰や膝の重だるさなどの症状も同時にでやすいと言われています。曇天や寒冷時に悪化することが多く、症状は一時的なことが多いのも特徴です。

体力不足・栄養不足によるしびれ(気虚・血虚タイプ)

体力不足や栄養不足になり、筋肉を滋養できなくなるとしびれが起こりやすくなります。
体力不足のようにカラダのエネルギーが不足し、機能が低下している状態を「気虚(ききょ)」、そして、カラダの栄養が不足している状態を「血虚(けっきょ)」と呼んでいます。

症状はしびれのみで痛みは無いことが多く気虚が強い場合顔色が白い、手足が軟弱で力が入らない、動悸・息切れなどの症状が、また血虚が強い場合は、顔色が黄色く艶がない、皮膚が乾燥する、頭のふらつき、めまい、不眠、物忘れをしやすいなどの症状が伴いやすいと言われています。

気虚や血虚は、その背景に、老化や慢性疲労、胃腸虚弱、食生活の乱れ、長期の闘病、出血過多、出産などがあることが多いと考えられています。

血液循環の滞りによるしびれ(瘀血タイプ)

血液循環が滞ることにより筋肉に栄養が届きにくくなるとしびれが起こりやすくなります。漢方ではカラダの血液循環が滞った状態を「瘀血(おけつ)」と呼んでいます。
瘀血のしびれは持続的で痛みを伴うことが多いのが特徴で、慢性化しやすく、なかなか治りにくいと言われています。

水分循環の滞りによるしびれ(水滞タイプ)

水分循環が滞ることで、血液循環を阻害し、筋肉に栄養が届きにくくなるとしびれが起こりやすくなります。漢方ではカラダの水分循環が滞った状態を「水滞(すいたい)」と呼んでいます。
水滞のしびれではかゆみを伴うこともあり、めまい、背中が重だるい、舌の苔が分厚いなどの症状も同時にでやすいと言われています。
また炎症を伴うこともあり、その場合には熱感のある痛みがあり、両足の熱感が強く、患部を冷やしたり、冷たい床を踏むと気持ちが良いなどの傾向が見られると言われています。

足のしびれにおすすめ漢方薬

足腰が重だるく、「痛みやしびれ」を感じる方には「牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)」という漢方薬がおすすめです。

「牛車腎気丸」は、栄養分を与え、水分代謝を良くする「八味地黄丸(はちみじおうがん)」という処方に、さらに生薬を加えた処方です。

疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少し、むくみがあり、ときに口渇がある人の下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ、高血圧に伴う随伴症状(肩こり、頭重、耳鳴り)などを改善します。

<PR>

足腰が重だるく、「痛みやしびれ」を感じる方に

牛車腎気丸 - クラシエの漢方オンラインショップ

詳しく見る

タイプ別、足のしびれのおすすめケア

冷えによるしびれのおすすめケア

冷えタイプはまず、原因である冷えを取り除くことが大切です。
下半身を中心にカラダを温めるよう心掛け、寒さや冷房など、カラダの冷えに注意しましょう。

冷たい食べ物やカラダを冷やす食材にも気をつけましょう。
漢方では、生姜やネギ、紫蘇などの薬味や、唐辛子、胡椒、山椒などのスパイスなどはカラダを温める働きがあるとえられています。
特に、冷え症など冷えを感じやすい人は、カラダを温める漢方薬でカラダの内側から冷えを取り除くと良いでしょう。

冷えによるしびれは風邪をひいたときにも起こりやすいので、寒気を感じるときは、すぐにカラダを温めて風邪を治すこともしびれの予防になります。

体力不足・栄養不足によるしびれ(気虚・血虚タイプ)におすすめのケア

・気虚タイプのしびれ
まず根本原因である体力不足を改善する必要があります。しっかり休み、体力を蓄えましょう。
気虚タイプでは一時的な体力不足だけでなく、慢性疲労や、もともと体力がない、虚弱体質である人も少なくありません。そんな人は、カラダに元気をつける漢方薬で、カラダの中から気を補うと良いでしょう。

気虚タイプでは胃腸も弱っていることが多く、無理に食べようとすることで、さらに体力を消耗してしまうことも。胃腸に不安を感じたら、食べすぎに注意して少量ずつ食べましょう。
漢方では、じゃがいもやさつまいも、山芋などのイモ類、枝豆、えんどう豆、グリーンピース、さやいんげん、そら豆などの豆類、椎茸(どんこ)、舞茸などのキノコ類などは気を補う働きをサポートすると言われ、とてもおすすめです。

「気虚タイプの体質改善法」でおすすめの漢方薬をチェック>>

・栄養不足の血虚タイプのしびれ
まず原因となっている栄養を補うことが大切です。乱れた食生活を見直し、バランスを考えて栄養補給をしましょう。
漢方では、黒豆、黒ゴマ、黒きくらげ、ひじきや、カツオ、マグロなどの赤身魚、牛や豚・鶏のレバーなど“赤黒い色の食材”には、カラダの栄養である血の補充をサポートする働きがあると言われ、とてもおすすめです。

また、睡眠は血をカラダに補充する大切な時間です。睡眠時間を確保すると同時に、睡眠の質にも注意しましょう。

食生活を改善しても、なかなか栄養不足が解消されないときには、漢方薬がおすすめです。血を補う漢方薬でカラダの内側からしっかりと栄養を補充できるカラダにしましょう。

「血虚タイプの体質改善」でおすすめの漢方薬をチェック>>

血液循環の滞りによるしびれ(瘀血タイプ)におすすめのケア

血流が滞っている瘀血タイプのしびれは、まず血流を整えることが大切です。
瘀血は食生活の乱れも大きな原因のひとつです。揚げ物や動物性たんぱく質など油脂の多い食事、味の濃い食事など血流を妨げる原因になる食事には注意しましょう。

漢方では、エシャロットやたまねぎ、ニラなど香りの強い野菜や、イワシ、サバ、サンマなど青背の魚は血の巡りをサポートする働きがあると言われ、とてもおすすめです。

また、運動不足も血流を滞らせる大きな原因のひとつです。ふくらはぎは“第二の心臓”とも呼ばれ、血流には欠かせない筋肉です。ストレッチするなど、筋肉をほぐしておくことも血流改善には大切です。

なかなか改善しないときには、血の巡りを良くする漢方薬がおすすめです。瘀血タイプは放っておくと頭痛や肩こり、生理痛、子宮筋腫などの婦人科系疾患にもなりやすいと漢方で言われているので注意しましょう。

「瘀血タイプの体質改善法」でおすすめの漢方薬をチェック>>

水分循環の滞りによるしびれ(水滞タイプ)

水分循環が滞っている水滞タイプのしびれでは、水分循環の改善が大切です
このタイプは、水分の飲みすぎに注意して、少量ずつに分け、必要な分だけ飲むように心掛けましょう。

漢方では、はとむぎ(ヨクイニン)、小豆、黒豆などの豆類や、キュウリ、白瓜、冬瓜などの瓜類は水の巡りをサポートする働きがあると言われ、とてもおすすめです。

また汗をかくことも、水分循環をアシストします。ただし、汗をかいて疲れる場合はかきすぎている可能性があるので注意しましょう。

なかなか改善しないときには全身の水分循環を良くし余分な水分を排泄する漢方薬で、カラダの中からしっかりと巡らせる良いでしょう。

「水滞タイプの体質改善法」でおすすめの漢方薬をチェック>>




関連キーワード

  • Facebook
  • Twitter
  • Feed

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美
このサイトをシェアしよう
  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る