メニュー
  • 漢方を

  • 知る
  • 探す

Kampoful Lifeとは

クラシエ薬品 医療用医薬品ウェブサイト

漢・方・優・美

足がむくんでブーツが入らない!というあなたに むくみ解消のための漢方ライフ&ツボマッサージ 記事をクリップする

    • Facebook
    • Twitter

冬になると足の「むくみ」がひどくなるという人は多いもの。それはもしかしたら「冷え」のせいかもしれません。手足や下半身の「冷え」を伴う「むくみ」は、冷えやすく余分な水が溜まった「陽虚」体質によるもの。できればカラダを動かして熱を生み出したいところですが、なかなか難しい方のために、ふだんの食生活および「むくみ」に効くツボ(4か所)を用いたマッサージをお教えします。

女性に多い「むくみ」
その多くが「冷え」が原因に

いよいよ冬本番。ブーツを履いてお出掛けする機会も増えてきましたね。ところが、朝履いたブーツを仕事帰りに履こうとしたら、足がむくんで履けなかった…なんて経験はありませんか?

男性よりも筋肉量が少なく皮下脂肪が多い女性は、血行不良が起こりやすく、むくみや体の冷えが起こりやすいと言われています。また、毎月の生理を起こす女性ホルモンの変化も、むくみと関係しています。

ところで漢方では、体の陰陽バランスがとれた状態が健康であると考えます。むくみには色々な分類がありますが、特に多いのが手足や下半身の冷えを伴うもの。これを体質で分類すると「陽虚」体質と言います。体が冷えて水分代謝が低下したために起こるむくみです。例えるならば、お湯を沸かすための火「陽」の勢いが足りずに、なかなか水分が蒸発させることができない状態です。そのために体は常に冷えており、余分な水が溜まった状態にあります。むくみや冷え以外の症状としては免疫力低下、胃腸虚弱、生理不順、軟便、頻尿、倦怠感等が見られます。また、顔色が暗い、血色が悪い、シワやシミが出来やすい等の美容トラブルも起こりやすくなります。

できるだけカラダを動かし、
食べ物やツボマッサージで温める

中国には昔から「動能生陽(体をよく動かせば、「陽」が生まれる)」という言葉があります。陽虚体質の人は、この時期寒いからと言って室内ばかりで過ごすのではなく、積極的に屋外に出て太陽の光を浴び、体を動かすことが大切です。夜更かしは禁物、日頃から早寝早起きの規則正しい生活を心がけましょう。食生活においては生の物や冷たい飲食は避けて、なるべく加熱調理することや生姜、ニンニク、ネギ、シナモン等体を温める食材を積極的にとることがおすすめです。

普段のマッサージにおすすめの、むくみに効果的なツボは天枢(てんすう)、関元(かんげん)、陰陵泉(いんりょうせん)、三陰交(さんいんこう)です。

おへその周りにある天枢、関元のツボは、人差し指と中指を使って時計回りに円を描くようにマッサージします。お腹がじんわりと温かくなるまで続けます。お家でのゆったりタイムにお気に入りのアロマオイルを使ってもリラックスできますね。

t12-05b

オフィスで気軽にできるのが膝以下にある陰陵泉、三陰交のツボへのマッサージです。親指を使って、左右両足に対して気持ち良く感じる程度の力で押します。5分程度のマッサージで十分なので、ちょっとした休憩時間にできるのが嬉しいですね。普段から継続して行うことで、更年期症状の改善、生理痛の緩和、胃腸機能の改善など嬉しい効果も期待できます。

20161130_t12-05%e3%83%96%e3%83%bc%e3%83%84_%e6%bc%a2%e6%96%b9%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%80%e3%81%8f%e3%81%bf

むくみについてさらに知りたい方

むくみ - 漢方セラピー

詳しく見る

手足や顔のむくみが気になる方

当帰芍薬散錠 - コッコアポ

詳しく見る

関連キーワード

  • Facebook
  • Twitter
  • Feed