メニュー
  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美

Kampoful Lifeとは

[薬剤師執筆]お腹が冷たい!お腹が冷える!お腹の冷えに効果のおすすめ対策とスパイス 記事をクリップする

[薬剤師執筆]お腹が冷たい!お腹が冷える!お腹の冷えに効果のおすすめ対策とスパイス

寒くなると冷えやすいお腹。ひどいときには下痢や痛みを伴うこともありますよね。
常にお腹が冷たい感じがする、冷たいものを食べるとすぐに下痢や腹痛が起こる…という方は、お腹が芯から冷えているかもしれません。そこで今回はお腹の冷えの原因とお腹の冷えにおすすめの対策とスパイスについてご紹介します。

あなたのお腹の冷えの原因は?

ひとくちに「お腹の冷え」といっても原因はさまざまです。大きく分けられるのが、“急性の冷え”と“慢性の冷え”の2つです。

まず急性の冷えは一時的にお腹が冷やされるケース。薄着や寒さ、冷房、水仕事やプール、お風呂の湯冷めなどカラダが外側から冷えてしまった場合や、冷たいものの食べすぎ・飲みすぎなどによって胃腸が冷えてしまった場合などが多く、冷感やお腹の痛み、下痢などを伴いますが、症状は一時的ですぐに回復することが多いのが特徴です。
一方、慢性の冷えは、症状が長期間持続したり、何度も反復するケースで、原因もさまざま。お腹の芯から冷えていることが多く、なかなか治りづらいのが特徴です。

慢性的なお腹の冷えは体質に原因がある

慢性的なお腹の冷えの原因は、実は体質によるものがほとんどです。
厚着をしたり、カイロで温めても楽になるのは一時的で、なかなか良くならないという方は体質からしっかりと見直す必要があるかもしれません。

胃腸の弱りからくるお腹の冷え

まず一番多いのが「胃腸の弱りからくるお腹の冷え」です。漢方では、胃腸が弱くなるとお腹をはじめ、手足、ひどければ全身が冷えやすくなると考えられています。

消化に携わる胃から小腸、大腸までの長さは約7~9メートルとも言われています。食事をするとこの約7~9メートルの長い臓器が一気に動き始めます。運動をするとカラダがエネルギーを消費して熱が出て発汗するように、胃腸も消化・吸収するために動くことによりエネルギーを消費し熱を出します。食事をするとカラダがポカポカするのはこのためです。

胃腸の働きが弱まると胃腸の筋肉の動きも弱まり、その周辺の血流も滞りやすくなり、さらに冷えを助長します。
胃腸の弱りによってお腹が冷えると、腹痛、下痢だけでなく、食欲不振や消化不良、胃痛なども起こりやすくなると言われています。

カラダの弱りからくるお腹の冷え

次に多いのが、「カラダの弱りからくるお腹の冷え」です。慢性疲労や虚弱体質、老化や病気による体力低下など、カラダが弱るとカラダを温める力自体が衰えやすくなります。そうなると、お腹をはじめ全身を温めることができなくなり、冷えやすくなります。
カラダの弱りによってお腹が冷えると、腹痛、下痢だけでなく、下半身の冷えによる頻尿や尿漏れ、腰痛などのトラブルも起こりやすくなると言われています。

<PR>

漢方セラピー店舗検索

漢方セラピーってどこで買えるの?あなたの近くにある店舗を検索しよう!

漢方セラピー店舗検索

詳しく見る

お腹の冷えで起こるその他の症状は?

薄着や過剰な冷たい物の飲食により、お腹や胃腸が冷えやすくなります。慢性的に冷やされると胃腸の血流は徐々に悪くなり、胃腸の機能が弱まり、さらにお腹が冷えやすくなるという悪循環が生じます。

お腹の周辺にある臓器は胃腸だけではありません。女性にとって重要な「子宮」も下腹に位置しています。そのため、お腹が冷えることにより子宮も冷えやすくなります。
生理痛で辛いときにお腹を温めたら楽になったという経験はありませんか?これはお腹と共に子宮が冷えている証拠です。子宮が冷えると、子宮の血流が悪くなり、生理痛だけでなく、さまざまな婦人科系トラブルを誘発する原因にもなりかねません。

お腹が冷える方の対策は?

急性のお腹の冷えは、外側から温めてあげると良くなることがほとんどです。部屋を暖かくして、厚着するなどお腹周りが冷やされるのを防ぎましょう。またお腹にカイロを貼るのもとても有効です。

それに対して、慢性的なお腹の冷えは、外側から温めるだけでなく、内側からしっかりと温めてあげることも大切です。冷たい飲食物を避け、温かい物の飲食を心掛けましょう
またカラダを温める食材や胃腸を温めてくれる食材をチョイスして積極的に摂るようにしましょう。

内側から温める!お腹の冷えにおすすめのスパイス

そこでおすすめなのが「スパイス」です。普段キッチンで使っているスパイスにはお腹を温めてくれるものがたくさんあります。いつもの料理にちょっとプラスするだけでお腹を温める料理に大変身。簡単で手軽に使えるので、知っているととても重宝しますよ。

数あるスパイスの中から、今回は特にカラダの芯からお腹をしっかり温めてくれるスパイスをご紹介します。急性のお腹の冷えだけでなく慢性のお腹の冷えにもおすすめです。

・ショウガ(生姜・乾姜)
ショウガにはカラダを温め、お腹の冷えを緩和する働きがあると言われています。
しかし、意外と知られていないのが“生”と“乾燥”の働きの違い。実は生のショウガと乾燥したショウガでは働きが違うのです。生のショウガはカラダの表面を温め、一時的なカラダの冷えを解消する働きなのに対し、乾燥したショウガはお腹を中心にカラダを芯からしっかり温める働きがあります。ですから、お腹の冷えには乾燥ショウガの方がおすすめです。冷えによるお腹の痛みや下痢、吐き気などにも良いと言われています。
漢方ではただ乾燥させるだけでなく、生のショウガを蒸してさらに加熱したものを乾燥させることで、カラダを芯から温める働きを強め、漢方薬として使っています。

・サンショウ(山椒)
うなぎの薬味や中華料理の香辛料として有名な山椒ですが、乾燥したショウガ同様、お腹を中心にカラダを芯から温めてくれる働きがあると言われています。お腹の冷えによる痛みにもおすすめです。生の山椒は少し毒性がありますが炒めると解消します。ただ、熱を加えることによって効果的な成分が揮発してしまうので、調理は短時間に心掛けるのがポイントです。

・フェンネル(小茴香)
魚や肉の臭みをとるキッチンハーブとして幅広く使われるフェンネルは、漢方では小茴香(しょうういきょう)という名前で親しまれています。
健胃薬としても有名なフェンネルは、胃の調子を整えるとともにお腹を温め、冷えによる腹痛だけでなく、吐き気や食欲不振も解消する働きがあると言われています。また胃腸を穏やかに刺激することで、お腹のガスを解消する働きがあるとも言われていて、お腹の張りによる痛みにも使われています。
山椒同様、加熱によって成分が揮発してしまうので、仕上げに入れるなど調理の時間を短くするのがおすすめです。

・ハッカク(八角)
中華料理によく使われるスパイス八角は、豚の角煮の香りづけに使われることが多く、星の形をしていることからスターアニスという名前でも知られています。
独特の甘い香りが特徴で、肉料理だけでなく、デザートやお酒にも幅広く使われていますが、漢方では大茴香(だいういきょう)と呼ばれていて、小茴香と同じような働きをすると言われています。フェンネルに比べて働きが穏やかなので、軽い症状のときにも気軽に使えるのも嬉しいところです。

お腹の冷えにおすすめのスパイスが全てつまった「五香粉」とは

中国の代表的なミックススパイス「五香粉(ごこうふん)」は、耳馴染みのない名前かもしれませんが、スーパーのスパイス売り場には必ずと言っていいほど陳列されているスパイスです。
「五香粉」はその名の通り、5種類のスパイスをミックスしたものですが、その中身は、先ほどご紹介した山椒(花椒)、フェンネル(小茴香)、ハッカク(八角)に加えて、クローブ(丁子)、シナモン(肉桂)をプラスした5つ。
実はこの5つのスパイス全てがお腹を芯から温める働きのあるものなのです。まさに、お腹の冷えのためのスパイスといっても過言ではありません。
※クローブ、シナモンについて、「[薬剤師執筆]カンタン&手軽なキッチンスパイス活用術 芯から温まる「マサラチャイ」もいかが?」もご覧ください。

慢性的なお腹の冷えでお困りの方は、ぜひこの五香粉をさまざまな料理にプラスしてみてはいかがでしょうか。お腹が温まるだけでなく、普段の料理がワンランク上の本格的な味わいになります。ぜひ試してみてください。

この記事を書いたライター
芳地 智子
漢方薬剤師・国際中医師・国際中医薬膳管理師・ハーバルセラピスト
漢方薬を専門とする薬剤師。過去に月200件以上のカウンセリングを行っていた実績を持ち、現在はカウンセリングの傍ら漢方理論を基にしたセルフメディケーションの普及に力を入れ、セミナー活動や新聞・雑誌等でコラム掲載、インターネットサイトの監修など幅広く活動。


<PR>

冷えにおすすめの漢方薬をご紹介

冷え症 - 漢方セラピー

詳しく見る

関連キーワード

  • Facebook
  • Twitter
  • Feed
  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美
このサイトをシェアしよう
  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る