メニュー
  • 漢方を

  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

Kampoful Lifeとは

クラシエ薬品 医療用医薬品ウェブサイト

クラシエ薬品 漢方優美

貼る場所でこんなに違う!あなたに合った「あたためカイロ術 」 風邪予防・冷え対策・おなか温めもおまかせ! 記事をクリップする

t12-01a

寒い冬を乗り切るために「カイロ」は女性の必需品。「毎日貼っています!」という方も多いのではないでしょうか。ちなみにあなたは、普段カイロをカラダのどの部分に貼っていますか? 腰、背中、お腹など、それぞれ気になるところに無意識に貼っているのでは? しかし、人によって貼る場所も違いますよね。実はカイロは貼る場所によって得られる効果が違うということをご存知ですか? 実は貼る場所によって、風邪予防や冷え対策、お腹の冷え解消などに効果があるんです。そこで今回は、目的別での「あたためカイロ術」をご紹介いたします。

カイロを貼る目的はどれ?
目的別で温めスポットを使い分け!

カイロでカラダを温める時、あなたが得たい目的によって、最適な「温めスポット」が異なります。さて、あなたの目的は、次の3つのうちどれに該当するでしょう。

●風邪を予防したい、早く治したい
●全身の冷えをとりたい
●おなかの冷えをとりたい

「目的別あたためカイロ術」のカギになるのが、“カラダのツボ”。目的に合ったツボを温めることで、得たい効果がゲットできます。この冬は、温めスポットを使い分けて、厳しい寒さを乗り切りましょう。

【風邪を予防するカイロ術】
風門のツボにバシッと貼るべし

風邪対策のカギになるのが「風門のツボ」。読んで字のごとく“風邪が侵入する門”のことです。この門を熱で塞ぐことで、風邪という「寒い敵」の侵入を防ぎ、風邪を予防できます。

t12-01b

「風門のツボ」は背中上部、両方の肩甲骨の間にあります。下を向いた時に首の裏に大きくでっぱる骨があり、その骨から背骨に向かって数えて下2つ目の突起の骨、ちょうど指で3本分くらい下のあたり。左右外側の指2本分ほど離れた位置が「風門のツボ」です。

「今日は寒いな…」と感じたら、そこに風邪予防にバシッとカイロを貼っておきましょう。肩や肩甲骨の血流も良くなり、カラダのこわばりも和らぐでしょう。実は、予防だけでなく風邪をひいた後にも効果的。風門のツボにカイロを貼って温めると早く治ります。ぜひ試してみてください。

同じように、この風門のツボを温めてくれる漢方薬が、風邪薬としておなじみの「葛根湯」。葛根湯もカイロと同様に風邪のひきはじめに効果的です。「風邪をひいたかな…?」と思ったら、「カイロ+葛根湯」で敵を撃破しましょう!

【全身冷え対策のカイロ術】
命門のツボに貼って温めるべし

カラダを芯から温めたいなら「命門(メイモン)のツボ」がカギになります。“命の門”と書くことからも、とても重要なツボであることが伝わってきますよね。また漢方では、全身を温める炎の種火を「命門の火」といいます。いわば、マッチの火のようなもので、カラダを温める源となります。この種火が納められているのが「命門のツボ」。マッチの火が弱いとなかなか薪に火が付かず炎が作れないのと同じように、この命門の火が弱まると、カラダの熱が作れず、カラダは一気に冷えやすくなります。命門のツボを熱で温めることにより種火の勢いが増し、全身を温めやすくするのです。

t12-01c

命門のツボは、腰の部分。ちょうどおへその反対側にあります。冷えてきたと感じたら、芯まで冷え切る前に早めにカイロを貼りましょう。寒い日は、風邪の予防の「風門のツボ」とダブルで貼るのもおすすめです。

同じように、命門の火の勢いをつけて、芯から温められるカラダへと導いてくれる漢方薬が「八味地黄丸」や「牛車腎気丸」。いつも芯から冷えてお困りというあなたにおすすめです。特に下半身が冷えやすい、冷えると足腰がだるくなる・痛くなる、冷えるとトイレが近くなる…などは命門の火が弱まってきているサイン! 早めに漢方薬でしっかりサポートしましょう。

⇒八味地黄丸について詳しく知りたい方は
八味地黄丸 - 漢方セラピー」

⇒牛車腎気丸について詳しく知りたい方は
牛車腎気丸 - 漢方セラピー

⇒冷え症を根本から治したい方は
この冬こそ、つらい冷え性にサヨナラ!
“あなたの冷え症”にピッタリの解消法はコレ!
」をチェック!

【おなかあたためカイロ術】
関元のツボに貼っておなかを守るべし!

おなかを温めるカギになるのが、「関元のツボ」。別名を「丹田のツボ」とも呼ばれ、こちらの方がおなじみかもしれませんね。「気が集まるツボ」ともいわれ、ヨガなどでも重視するツボです。下腹部分、ちょうどおへそから指4本くらい下のあたりにあります。

寒さでおなかが冷えて痛い、おなかが冷えて下痢っぽいなど、冷えによる胃腸のトラブルは、この関元のツボを温めると胃腸が温まり、治りが早くなります。また、「関元のツボ」は女性にとってなくてはならない、とても重要なツボのひとつ。生理痛や生理不順、不妊症など、女性のお悩みととても関りが深いツボです。「冷えると生理痛がひどくなる」「子宮を温めたい」という方は、ぜひこの関元のツボを温めてみましょう。

同じように、おなかを芯から温めてくれる漢方薬に「人参湯」があります。名前の通り、朝鮮人参が配合されており、胃腸を温めるだけでなく、カラダも元気にしてくれます。疲れやすく、寒くなるとお腹を中心にカラダが冷える…という方におすすめです。

⇒ 人参湯について詳しく知りたい方は
人参湯エキス顆粒 - クラシエ

20161130_t12-01%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%ad%e8%a1%93
さらに冷え症に効果のある漢方を知りたい方

冷え症によい漢方 - 漢方ナビ

詳しく見る

<文: 芳地 智子>
薬剤師・国際中医薬膳管理師・ハーバルセラピスト。漢方薬を専門とする薬剤師としてセミナー講師、コラムの執筆、各種セミナーの開催など幅広く活動。

関連キーワード

  • Facebook
  • Twitter
  • Feed
  • Facebook
  • Twitter
  • Feed