メニュー
  • 漢方を

  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

Kampoful Lifeとは

クラシエ薬品 医療用医薬品ウェブサイト

クラシエ薬品 漢方優美

だる~い夏バテの原因とは?「漢方流胃腸の弱りチェック法」と漢方薬で夏バテ予防 記事をクリップする

だるーい夏バテの原因とは?「漢方流胃腸の弱りチェック法」と漢方薬で夏バテ予防

暑くて過ごしにくい夏。熱さだけならまだしも、ジメジメ&ムシムシとした強い湿気も襲ってくる日本の夏はまさに過酷そのもの。いつもなら元気なカラダもさすがにこの強敵には一苦労。そのため、夏本番を迎える頃には“カラダがだるい”、“ヤル気が出ない”、“食欲がない”など、いわゆる「夏バテ」の症状で悩まれる方も多いのではないでしょうか。今年こそ、夏バテ知らずの元気なカラダで過酷な夏を乗り切りましょう。

夏バテって何?夏バテの症状とは

夏にカラダがバテることを総称して「夏バテ」と呼んでいますが、その症状は多岐にわたります。

【夏バテの代表的な症状】
□ カラダが重だるい・全身の倦怠感
□ ヤル気が出ない・無気力
□ 食欲がなくなる
□ 下痢・便秘
□ イライラする
□ カラダが熱っぽい・のぼせ
□ めまい・立ちくらみ
□ 頭痛
□ むくみ

夏の季節の特徴は高温多湿。カラダには健康のために“最適な温度”と“最適な湿度”がありますが、“過剰な熱さ”や“過剰な湿気”は百害あって一利なし。夏にはこの過剰な二つの気候の影響がカラダに襲い掛かるため、体調が崩れ、さまざまな症状を引き起こしやすくなるのです。

だる~い夏バテの原因を知ろう!

漢方の世界では、カラダの中で夏の過酷な熱と湿気によって一番ダメージを受けやすいのは「胃腸」だと考えています。夏バテの代表的な症状である“食欲がなくなる”、“カラダが重だるい・全身の倦怠感”、“ヤル気が出ない・無気力”、“下痢・便秘”などは、実は漢方の目線から見ると、全て「胃腸の弱り」からくる関連症状。

つまり、漢方流に考えると「夏バテ」=「胃腸の弱り」といっても過言ではないかもしれません。

胃腸はカラダを支える、元気の要です。そのため漢方では胃腸の健康を特に重んじます。疲れると食欲がなくなるように胃腸が弱くなります。実は逆もしかり。胃腸が弱くなるとカラダはとても疲れやすくなり、元気も出にくくなると考えられます。その一番の理由は、胃腸が「カラダを動かすエネルギーを作り出す製造工場」だから。元気なカラダを維持するためには胃腸の健康が欠かせません。

胃腸が健康に働くと、エネルギーがしっかり製造され、カラダは元気に動き、ヤル気もみなぎります。しかし、胃腸が弱った状態ではエネルギーが作れず、元気もヤル気も出せなくなります。また疲れを解消するためのエネルギーも不足し、疲れがなかなか取れず、だるさを感じるようになるのです。

夏バテでも同様に、食欲が落ちることをきっかけに元気が出なくなり、カラダの重だるさや疲労感を訴える人が増えています。

なぜ、 “食欲の秋”と言われるのでしょうか?

漢方では「脾*1は燥を好み、湿を嫌う」と言われ、胃腸は乾燥を好み、湿気を嫌う特徴があると考えられています。
*1脾とは、消化吸収の働きの総称。

梅雨や夏など湿気の多い季節になると食欲がわかず、胃が重たく感じますが、乾燥が始まる秋になると今までの重い胃腸が嘘だったかのように美味しく食事を楽しめる方が多いですよね。これは、まさに“胃腸は湿気が大嫌い”ということを物語る良い例で、胃腸が嫌いな湿気がなくなり、胃腸が元気になるからこそ、食欲の秋が訪れるのです。

夏バテの原因は日本の地形にあり?

実は夏や梅雨の湿気は日本独特の地形が大きく関わっています。島国である日本は四方八方を海に囲まれており、かつ、国土の4 分の3 は山岳地形のため風通しが悪く、湿気がこもりやすい環境にあります。そのため、大陸の乾燥した地域に比べ、胃腸が弱りやすい傾向にあるのです。

このことは食の違いからも分かります。乾燥した中国大陸内部にある四川省では麻婆豆腐に代表されるような辛い香辛料をふんだんに使った胃腸に刺激的な四川料理が伝統食ですが、日本では薄口で淡白な胃腸に優しい和食が伝統食となりました。その和食は世界無形文化遺産にもなりましたね。

日本人はもともと胃腸の弱い人が多く、そこにさらに夏と梅雨の過剰な湿気の洗礼を受ける…そのため、胃腸の弱りからくるさまざまな症状がどうしても出やすいのです。

漢方の世界で胃腸を元気にしてくれると言われる代表は有名な朝鮮人参です。昔から漢方の本場中国では胃腸が弱ったときやカラダが疲れたときには朝鮮人参を好んでよく飲み、健康なカラダに整える習慣があります。日本でも朝鮮人参の配合された漢方薬が服用されているのは、胃腸の弱い日本のお国柄だからなのかもしれません。朝鮮人参が配合された漢方薬はたくさんありますが、特に補中益気湯(ほちゅうえっきとう)や人参養栄湯(にんじんようえいとう)、六君子湯(りっくんしとう)などが服用されています。胃腸におすすめの漢方薬は最後にまとめて紹介しますので、是非ご覧ください。

あなたは大丈夫?舌の苔でカンタンに分かる!“漢方流 胃腸の弱りチェック法”

あなたの胃腸は元気に働いていますか?“食欲がない”、“胃が重い”、“胃がムカムカする”、“下痢しやすい”など、明らかな胃腸の弱り症状が出ている人はもちろんですが、症状がないからと言って油断してはいけません。もしかしたら、あなたの知らぬ間に少しずつ胃腸が弱り始めているかもしれません。

できれば嫌な症状が出る前に“胃腸の弱り”を察知して改善しておきたいですよね。そこで今回は、漢方の知恵を使って胃腸の弱りを簡単にチェックできる方法をご紹介します。チェックはとても簡単。今回は舌の苔に注目!“舌の苔の量と苔の色”の2つをチェックするだけです。

【漢方流!カンタン、胃腸の弱りチェック】

漢方流!カンタン、胃腸の弱りチェック

①舌苔の量をチェックしましょう。
漢方では舌の状態でカラダの状態を予測する“舌診(ぜっしん)”という診断方法があり、舌の苔の量は胃腸にたまった未消化物の量を表すと言われています。食べ過ぎ・飲み過ぎで胃腸に負担がかかって消化が追い付かないときや、胃腸が弱って消化機能が落ち未消化物がたまっているときには舌の苔が厚くなる傾向に。いつもより舌の苔が厚くなってきたら胃腸が弱り始めているかもしれません。

②舌苔の色をチェックしましょう。
舌苔の色にも重要な意味があります。健康な苔の色は薄い白色ですが、ときに黄色く着色することがあります。実は舌苔の色は胃腸の熱の状態を表すと言われていて、黄色い苔は“胃腸が弱って熱がこもっているサイン”であると言われています。カラダが運動すると熱を持つように、胃腸も過度に動かされるとオーバーヒートし、熱を持ちやすくなります。食べ過ぎ・飲み過ぎで胃腸が過剰に動かされたときや、胃腸が疲れた状態で無理矢理動かされ続けたときなどには、舌苔は黄色くなりやすくなります。
この熱を放っておくと胃のムカムカや吐き気、胃痛、腹痛を伴う下痢、さらには胃炎や腸炎などの炎症症状を引き起こす原因にも。暑い夏は特にカラダに余分な熱がこもりやすいので、胃腸の熱にも注意が必要です。

胃腸のコンディションは気候や体調、食べ物などさまざまな影響により常に変化し、それと連動するように舌苔の量と色も変化します。食べ過ぎ・飲み過ぎの次の日やお疲れのときには、特に、忘れずチェックしましょう。また、対策を講じることで胃腸の弱りが解消されると苔の状態も良くなりますので、養生のバロメーターにもなります。一番良いのは、毎日チェックする習慣をつけること。そうすることで、胃腸の弱りにいち早く気づくことができます。

胃腸を元気にして夏バテを予防しよう!

夏バテを予防し、過酷な日本の夏を乗り切るためには、元気な胃腸が必須条件です。毎日の舌苔チェックで胃腸の弱りを察知したら、すぐに胃腸をケアしましょう。消化の良い食事を心掛けることはもちろんのこと、少量ずつ数回に分けて食事をとる、早めに夕食を済ます、食べる量を少なくするなど色々と工夫して出来るだけ負担を減らし、胃腸が休める時間を作ることも大切です。

また、先でお話したように、カラダの疲れも胃腸の大敵。疲れをその日のうちに解消する、疲れをためないように心掛ける、そしてゆっくり休むことも胃腸の元気を保つ上ではとても重要です。

胃腸を元気にする漢方薬

胃腸を元気にする漢方薬をご紹介します。生活の中のケアに漢方薬を取り入れて、夏バテに負けないカラダ作りをしましょう。また、ご自分に合う漢方薬が分からない時は、お医者さんにご相談ください。「漢方ナビ」ではお近くの漢方医が探せるほか、漢方専門の先生もご紹介します。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
元気が出ない、カラダがだるく疲れやすい、胃腸が弱って食欲がない…
そんなあなたにおすすめの漢方薬です。

人参養栄湯(にんじんようえいとう)
カラダがだるく疲れやすい、胃腸が弱って食欲がない、貧血ぎみ、手足も冷える…。そんなあなたにおすすめの漢方薬です。

六君子湯(りっくんしとう)
胃腸が弱って食欲がない、吐き気がある、みぞおちがつかえる、消化不良、カラダも疲れやすい…。そんなあなたにおすすめの漢方薬です。

五苓散(ごれいさん)
カラダがむくむ、水様性の下痢がつづく、飲み過ぎで二日酔い、めまい、吐き気、頭痛…。そんなあなたにおすすめの漢方薬です。

胃腸と共にカラダも元気にしてくれる漢方薬は、まさにあなたのお助けマン。漢方パワーをプラスして、過酷な夏を元気に乗り切りましょう!

thumbnail_漢方ナビ
お近くの漢方医が探せるほか、漢方専門の先生もご紹介します。

漢方ナビ

詳しく見る

関連キーワード

  • Facebook
  • Twitter
  • Feed
  • Facebook
  • Twitter
  • Feed