メニュー
  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美

Kampoful Lifeとは

【マンガでわかるカンポフルな毎日】突然襲ってくる激痛の恐怖!!足のつりの救世主・芍薬甘草湯を味方につけよう 記事をクリップする

マンガでわかる!カンポフルな毎日 第8話主人公、同僚さんの息子とバドミントンをして遊んでいる同僚さんの子供と遊んでいる主人公、休憩しようというがせがまれてもう1プレーしようとすると足に違和感主人公の足に激しい痛みが走り、足がつる

マンガでわかる!カンポフルな毎日 第8話主人公、同僚さんの息子とバドミントンをして遊んでいる同僚さんの子供と遊んでいる主人公、休憩しようというがせがまれてもう1プレーしようとすると足に激しい痛みが走り、足がつる。

足のつりに効く唯一の薬・芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)とは?

「漢方薬は即効性がない」と思われている方もいるかもしれませんが、それは間違い。
足のつりを改善する芍薬甘草湯は、症状が見られた時にすぐ飲むことで速やかに効果を発揮してくれる漢方薬です。
足のつりとはふくらはぎの筋肉が急激なけいれんをおこして収縮し、痛みの出る症状のこと。芍薬と甘草という生薬からなる芍薬甘草湯は、この2つが協力して働き、筋肉の急激な緊張をゆるめ、痛みをやわらげます。
実は数ある薬のなかでも足のつりに効果がある薬は芍薬甘草湯だけです。人のカラダの悩み事に向き合ってきた漢方ならでは、ですよね。
いますぐ芍薬甘草湯をチェック!
同僚さん慌てて家の中に駆け込み、漢方を持ってくる同僚さん漢方を持ってきて主人公に飲ませる主人公足の痛みも治まり一息つきつつ同僚さんと話をする同僚さん、常備している漢方を主人公に教える主人公どのタイミングで漢方を飲むのがいいのか質問。漢方王子どんな時に注意しなければいけないかを図解で説明
同僚さん慌てて家の中に駆け込み、漢方を持ってくる。そして漢方を主人公に飲ませる主人公足の痛みも治まり一息つきつつ同僚さんと話をする同僚さん、常備している漢方を主人公に教える主人公どのタイミングで漢方を飲むのがいいのか質問。漢方王子どんな時に注意しなければいけないかを図解で説明主人公と漢方王子、二人で準備しておいたほうがいいよと促す

できれば避けたい足のつり!そのメカニズムを知って激痛に備える

足のつりはこむらかえりともいわれますが、こむらとはふくらはぎのこと。
ふくらはぎの筋肉がひっくり返ったような痛みから、こむらかえりと名付けられたと考えられています。平安時代からある言葉なので、いかに昔から人を悩ませてきた症状だったかがわかりますよね。

前触れもなく突然襲ってくる足のつりはつらいもの。
でも、どうして足がつるのか?そのメカニズムを知れば、激痛が襲ってくる危険を前もって察知でき、予防したり準備したりすることもできます。
この機会に覚えておきましょう!

足のつりの原因①ミネラルバランスの乱れ

筋肉を動かすのに必要なミネラル。筋肉の収縮や神経の伝達をスムーズにするはたらきがあるカルシウムとカリウムは、この2つのミネラルを調整しているのが、マグネシウムです。3つとも大切なミネラルですが、とくにマグネシウムの不足が大きな影響を与えると考えられています。

足のつりの原因②カラダの冷え

カラダが冷えていると血流が悪くなり、栄養素を十分に筋肉に行き渡らせることができません。気温が低い時には無意識のうちにカラダがこわばって筋肉も緊張状態も加わり、さら血流が悪くなってしまいます。

足のつりの原因③発汗

運動したときはもちろんですが、寝ている時にも意外と汗をかきます。汗と一緒にマグネシウムが多く排出されてしまうため、ミネラルバランスが崩れ、足のつりの原因になってしまいます。

これ以外にも、女性は妊娠中にミネラル不足になりやすく、それが原因で足のつりを引き起こすことがあります。加齢による足の筋肉量の減少なども原因があると考えられています。

こんな日は要注意!足のつり予報&対策
原因がわかったら、次はどんな時に足のつりが起こりやすいケースを学びましょう!

激しい運動をした日

多めに汗をかく運動をしたときは、汗と一緒にミネラルも失われています。ミネラルを含んだスポーツドリンクなどを飲んで補給しましょう。筋肉の緊張をほどくストレッチやマッサージなども忘れずに。

カラダが冷えた日

もともと冷え性の女性は要注意!血行不良と筋肉の緊張状態になっているかもしれません。カラダを温める服装と食べ物で積極的に足のつり対策をしましょう。お風呂はしっかり湯船につかって筋肉を緩ませ血行を促進します。また、普段から軽い運動を心がけるなど、筋肉量を増やす習慣を身につけるのもおすすめですよ!

それでも足がつったら?対処法

足のつりの症状は数分で治まることがほとんど。急激な痛みにびっくりしてしまうと思いますが、痛みがなくなるまで待っていても問題はありません。
少しでも早く痛みをやわらげたい時は、カラダの力を抜いて、硬直したふくらはぎをやさしくさすります。硬直が緩んできたら、足首や足の指を動かします。ふくらはぎの筋肉を伸ばすようにするといいでしょう。蒸しタオルや足湯などでふくらはぎを温めると、さらに筋肉の緊張がほどけ痛みがやわらぎます。

足がつりそうな予感がしたら、芍薬甘草湯を用意するのもおすすめ

できることなら痛い足のつりは経験したくないもの。
でもミネラル不足やカラダの冷えは自分では気づけないこともあります。
そんな時に助けになってくれるのが芍薬甘草湯です。
ここで芍薬甘草湯の効き方を簡単にご紹介します。
漢方では、全身の組織や器官に栄養を与えるものを「血(けつ)」と呼びます。足のつりはこの血が不足しているために起こると考えられています。芍薬甘草湯は、不足してしまった血を補い、筋肉の急なけいれんを鎮める処方です。また、足のつり以外にも、筋肉のけいれんに伴う腹痛や腰痛にも効果があります。

芍薬甘草湯は痛みを感じたときに飲むとすぐに効果が見られます。
足がつったときに飲めるよう、心配な時は用意しておくのもおすすめです。

<PR>

「足のつり」に使われる漢方薬

芍薬甘草湯 - 漢方セラピー

詳しく見る


漢方ナビはこちら

関連キーワード

  • Facebook
  • Twitter
  • Feed
  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美
このサイトをシェアしよう
  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る