メニュー
  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美

Kampoful Lifeとは

原因はウイルス??老化!?意外と知らない『イボ』の見分け方と対処法 記事をクリップする

原因はウイルス??老化!?意外と知らない『イボ』の見分け方と対処法

実はイボにはたくさんの種類があるってご存知ですか?イボは種類によって形や症状が違うだけでなく、対処法も違います。イボを治すためにはまずあなたのイボの種類をしっかり把握することが大切です。今回は意外と知られていない、イボの種類とその見分け方、さらには対処法についてご紹介します。

イボにはどんな種類があるの?

まずイボは大きく二種類に分けられます。ひとつは“ウイルスが原因でできるイボ”、そしてもうひとつは“紫外線や加齢が原因でできるイボ”です。

ウイルスが原因のイボで代表的なのが、ヒト乳頭腫ウイルス(ヒトパピローマウイルスHPV)というウイルスに感染することで起こるものです。ヒトパピローマウイルスにはたくさんの種類があり、感染したウイルスの種類によってイボの症状や出る場所が異なります。

次に、伝染性軟属腫ウイルスいうウイルスに感染して起こるイボです。伝染性軟属腫と名付けられていますが、一般的には「水イボ」と呼ばれ、馴染みの深いイボのひとつです。

これらウイルスによるイボは、主に傷口などからウイルスが侵入し、皮膚感染することで発症すると言われています。ウイルス感染が原因のため、接触感染により広がることが多く、患部を触った手で触れることにより、カラダの他の部位に飛び火したり、周囲の人に感染したりする可能性もあります。

一方、紫外線や加齢が原因のイボはウイルス感染ではなく、長年の紫外線による障害や、加齢による皮膚の老化、また洋服の摩擦による刺激などが原因で起こると言われています。突然起こるものではなく、年月をかけて徐々にイボができるのが特徴です。

ウイルス性のイボってどんなもの?種類と特徴

ウイルス性のイボには、たくさんの種類がありますが、中でも有名なのが、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)、青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)、尖圭コンジローマ、伝染性軟属腫(水イボ)などです。
※医学的にはイボのことを疣贅と呼んでいます。

ウイルス性のイボの種類

1.尋常性疣贅
石イボとも呼ばれ、自覚症状がほとんどないのが特徴です。子どもにできやすく、傷口から感染するため、皮膚をひっかきがちなアトピー性皮膚炎の子どもに特に多いと言われています。感染してからの潜伏期間はが3~6カ月と長いのも特徴です。
また足裏にできやすいものは足底疣贅と呼ばれ、痛みはあまり無いと言われています。タコや魚の目と似ているため間違えがちですが、表面の角質を削ると点状に出血するのが足底疣贅の特徴です。

2.ミルメシア
水イボに似た手のひらや足の裏にできるイボで、赤くなって圧痛があることが多いのが特徴です。

3.青年性扁平疣贅
顔面や手、背中、首などにできやすく、若い女性に多いと言われています。

4.尖圭コンジローマ
性行為によって感染しやすいと言われています。表面は浸潤していて、ときに悪臭があることもあります。潜伏期間は2~3カ月と言われています。

5.伝染性軟属腫(水イボ)
1~7歳の子どもに多く、特にアトピー性皮膚炎の子どもにできやすいと言われています。軽度に痒みがあるため、掻きこわしてしまい、さらに周辺の皮膚に飛び火することも多々あります。また接触感染によって、プールで感染しやすいのも特徴で、潜伏期間は14~50日と言われています。
イボの中に乳白色の粥状の物質が含まれているのも特徴です。

紫外線や加齢によるイボってどんなもの?種類と特徴

紫外線や加齢によるイボには大きく分けて2種類あります。いわゆる老人性イボといわれる脂漏性角化症、もうひとつが中年イボや首イボと呼ばれる軟性線維腫(スキンタッグ)です。

紫外線や加齢によるイボの種類

1.脂漏性角化症(老人性イボ)
「老人性イボ」とも呼ばれ、基本的に中年以降に多く見られ、ウイルス感染ではなく、長年の紫外線の影響や皮膚の老化でできるのが特徴です。シミと混ざって存在していることが多く、シミから発展して老人性イボになることもあると言われています。
少し盛り上がったものや突出したしこりになるものもあり、指で削るとボロボロとかさぶたのようにとれることもあります。

2.軟性線維腫(スキンタッグ、首イボ、中年イボ)
「首イボ」や「中年イボ」とも呼ばれ、摩擦や加齢、紫外線などが原因で起こると言われています。皮膚が薄くて弱い部分にできやすいのが特徴で、一般的には中年以降に多いと言われています。

ウイルス性のイボの予防と対処法は?

ウイルス性のイボの予防と対処でポイントになるのが“皮膚の免疫力”です。ウイルス性のイボは自然治癒することもあります。つまり、自分の皮膚の免疫力によって治すことができるということです。

しかし、免疫力が未熟な子どもや、アトピー性皮膚炎、慢性疲労や虚弱体質、加齢などで免疫力が低下している人の場合、イボができやすくなるだけでなく、ウイルスに打ち勝つことができず、イボができてもなかなか治らないことも多々あります。

そのため低下した皮膚の免疫力を引き上げることが大切です。免疫力を高めて、イボになりにくい、イボが早く治る肌を目指しましょう。

<PR>

あなたの肌の底ヂカラはどれぐらい?

ドクター100人の声による「肌の底ヂカラチェック」

詳しく見る

紫外線や加齢によるイボの予防と対処法は?

紫外線や加齢によるイボの予防と対処で、まずポイントになるのが“日焼け対策”です。
特に脂漏性角化症(老人性イボ)は、紫外線を浴び続けることによりメラノサイトが活性化してシミの原因となるメラニンの生成が亢進するとともに、皮膚細胞中のたんぱく質が異常に増殖して角質が厚くなることで発症すると考えられています。
そのため、日焼け対策をしっかりして、紫外線による肌のダメージをできるだけ防ぐことがイボの予防には大切です。

またもうひとつ大切なのが“ターンオーバーの活性化”です。
脂漏性角化症(老人性イボ)は、シミと混ざって存在していることが多く、シミから発展して発症することも多いと言われています。
シミの原因となる沈着したメラニン色素や、紫外線、摩擦、加齢などによって厚くなった角質は、通常、新陳代謝が正常な場合は肌のターンオーバーによって皮膚表面に押し上げられ、やがて垢として剥がれ落ちます。

しかし、新陳代謝が低下すると、ターンオーバーが乱れ、不要なメラニン色素や角質がうまく排出されず、どんどん蓄積し、その結果、シミやイボができると考えられています。
そのため、ターンオーバーを活性化し正常に整えることも紫外線や加齢によるイボの対策では外せないポイントです。

ウイルスが原因のイボには『ヨクイニン』がおすすめ

ウイルス性のイボにおすすめなのが『ヨクイニン』です。
漢方の世界では「肌の力を底上げする生薬」としてとても有名で、イボの改善に昔からよく使われていて、経験的にもその有効性が知られています。西洋医学でも子供の水イボにはヨクイニンがファーストチョイスで処方されるなど、現代においてもその有効性が注目されています。

ただし、期間使用しても改善が見られない場合は、皮膚科で診察を受けましょう。

紫外線や加齢によるイボにおすすめの薬膳食材、紅花・サフラン・紅麹

ターンオーバーが乱れる大きな原因のひとつが“血流の悪化”です。
血流が悪くなることで皮膚の基底細胞に栄養が届きにくくなり、肌細胞の再生がうまく進まず、ターンオーバーが乱れやすくなります。そこでおすすめなのが、血の流れをサポートしてくれる食材です。

漢方では、紅花やサフラン、紅麹には血の巡りを良くする働きがあると考えられています。紅花やサフランは食材としてだけでなく、漢方薬としても昔から広く使われてきました。
スーパーの中華食材コーナーでも見られるようになり、手軽に購入できます。サフランライスのようにご飯と一緒に炊き込んだり、炒め物やサラダ、スープなどに少しプラスしたりして頂くのもおすすめです。
ただし、ヨクイニン、紅花、サフラン、紅麹は流産の危険性があると言われていますので、妊娠中は控えましょう。


<PR>

肌あれにカラダの内側から働きかける

ハトムギ専科ヨクイニンタブレット

詳しく見る

関連キーワード

  • Facebook
  • Twitter
  • Feed
  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美
このサイトをシェアしよう
  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る