メニュー
  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美

Kampoful Lifeとは

更年期太りには、漢方薬がおすすめ?太くなる二の腕、ウエストを元に戻したい! 記事をクリップする

更年期太りには、漢方薬がおすすめ?太くなる二の腕、ウエストを元に戻したい!

いつのまにか太くなっていた二の腕やウエストなどに、「前はもっと細かったのに…!」なんて、嘆いていませんか?40代以降は、年々、脂肪が落ちにくくなってきますよね。更年期の女性は、代謝が低下し、ホルモンバランスが乱れることから太りやすいカラダになると言われています。そのような体型の変化を悩む女性に、更年期太りの原因と漢方流の対処方法として、おすすめの食べ物や生活アドバイス、おすすめ漢方薬などをご紹介します。

更年期に脂肪がつきやすい「更年期太り」とは

振袖のように揺れる二の腕、ノースリーブからはみ出る脇の肉、ズボンのウエストにのしかかる下腹、タイトな服を着るとハミでる肉が目立ってしまう…。女性は更年期の頃になると若い頃に比べて一段とやせにくくなるだけでなく、閉経を境に、二の腕や脇、背中、お腹など、特に上半身に脂肪がつきやすくなると言われています。

更年期は女性の人生の中でも、とても太りやすい時期のひとつです。更年期とは閉経をはさんだ前後5年の10年間を指します。日本人女性の平均閉経年齢は50〜51歳ですから、45〜55歳頃に更年期が始まる人が多いのですが、この頃は年齢を重ねるごとに体力だけでなく、基礎代謝も著しく低下するため、とても太りやすい状態にあります。

更年期に太りやすいもうひとつの理由

更年期に太りやすいのには、さらに大きな理由があります。それは“女性ホルモン”の問題です。

閉経に近づくにつれ、女性にとってとても重要な女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量が急激に減少します。そのためホルモンバランスが大きく崩れ、ホットフラッシュや倦怠感などに代表されるさまざまな更年期障害の症状が出やすくなります。
このホルモンバランスの崩れが、更年期太りの一因となっていると考えられています。

エストロゲンには、血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)の量を調整する機能と中性脂肪の蓄積を阻害する働きがあり、脂質代謝ととても深く関係していることが分かっているからです。

そのためエストロゲンが極端に欠乏する閉経後には、悪エストロゲンには、血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)の量を調整する機能と中性脂肪の蓄積を阻害する働き玉コレステロールや中性脂肪が増加する脂質異常症や動脈硬化、肥満などが起こりやすいのです。

イライラも更年期太りの原因!?

さらに追い打ちをかけるのが、更年期特有の“イライラ”です。

更年期は女性ホルモンのバランスが崩れるだけでなく、その影響で自律神経まで乱れてしまい、必要以上にイライラしやすくなると言われています。
自律神経が乱れることで、さらに甘いものを欲したり、食欲にムラが出たり、過食に走るなど食生活も乱れやすくなり、ますます太りやすくなってしまいます。
また自律神経が乱れることで、女性ホルモンのバランスもさらに崩れやすくなり、そのせいで代謝が乱れ太りやすくなるという、まさに負のスパイラルに。

更年期のイライラは、見過ごしてはならない更年期太りの大きな原因のひとつと言えるでしょう。このように更年期には太りやすい条件がたくさん揃っているのです。

更年期太りは脂質代謝とイライラのWコントロールが鍵

更年期太りを克服するためには、脂質代謝を整えるだけでなく、更年期特有のイライラを上手にコントロールすることが大切です。

痩せたいあまり無理をして逆にイライラを助長させてしまっては元も子もありません。
イライラをしっかりコントロールしたうえで、運動などで余分な脂質を燃焼させることが、効率よく更年期太りを減らすポイントです。

更年期のイライラを解消しよう!
イライラにおすすめの解消法とは?

1. 生活に香りを取り入れる
漢方において、香りは、人の心身に働きかける要素のひとつだと捉えられています。
ストレスでイライラしたときには、お気に入りの香りをかぎながら、ゆっくりと深呼吸してみましょう。きっと気持ちが落ち着くはずです。自分にとって心地の良い香りは気の巡りを良くして、気持ちを落ち着かせ、ストレスを発散させる働きがあると考えられているからです。

アロマオイルをハンカチに数滴垂らして、香りを常に持ち歩くとよいですね。また一日の終わりに、アロマバスやハーブティーで一息つくのもおすすめです。

2. カラダを動かす
漢方ではカラダを動かすことで全身の気の巡りが良くなり、イライラを緩和する手助けになると考えられています。おすすめなのは激しい運動ではなく、カラダへの負担が少ないヨガやストレッチなど軽い運動。特にヨガの呼吸法やポーズは気の巡りを良くするのにとても効果的です。ゆっくり呼吸を意識して無理のない範囲で行いましょう。

3. イライラにおすすめの食べ物でサポート
アロエ
最近欧米ではスーパーフードとして話題になっているアロエ。便通を良くすると日本でも話題になっていますが、漢方の世界では蘆薈(ろかい)と呼ばれ、カラダに溜まった余分な熱を冷まし、イライラした気持ちを落ち着かせる働きがあると言われ、イライラしたときや、なかなか眠れないときなどに昔から重宝されてきました。

生のアロエがなかなか手に入りにくいというときは、ジュースやヨーグルト、シロップ漬けなど、スーパーや通販サイトで簡単に購入することができるアロエの加工食品がおすすめです。

セロリ
セロリは漢方の世界では芹菜(きんさい)と呼ばれ、アロエと同じく、カラダに溜まった余分な熱を冷まし、イライラを緩和し精神を安定させる働きがあると言われています。
特に香りの成分であるアピインやセネリンに精神を安定させる働きがあると言われています。

また、セロリは加熱しても香りがとびにくいため、安心して加熱できるのも嬉しいところ。冷えが気になるときは、炒め物やスープにするなど加熱調理して頂くのがおすすめです。

トマト
最近では抗酸化作用のあるリコピンが有名になるなど、その有用性が話題になるトマトですが、漢方の世界ではカラダを潤して口の渇きを癒したり、カラダに溜まった余分な熱を冷まし、イライラを緩和して気持ちを穏やかにする働きがあると言われています。イライラするときには加熱するよりも、サラダやマリネなど生で食べるのがおすすめです。
気軽に食べやすい食材なので毎日の食卓にプラスしたいですね。

更年期太りを改善するためにおすすめの漢方薬「大柴胡湯」とは?

脂肪を燃焼させようと、いろいろ頑張ってはみるものの、なかなか結果が出ないというときは、脂質代謝が思いのほか低下しているかもしれません。そんなときにはカラダの中から脂質代謝をアップさせ、脂肪を燃やしてくれる漢方薬がおすすめです。

数ある漢方薬の中でも特におすすめしたいのが「大柴胡湯(だいさいことう)

大柴胡湯に配合されているサイコ、ハンゲ、ショウキョウ、ダイオウ、オウゴン、シャクヤク、タイソウ、キジツという8種類の生薬により、ストレスなどによるエネルギーの停滞を改善し、流れをよくすることでカラダの熱を取り除き、脂質の代謝を上げて余分な脂肪を減らすと同時にその働きからイライラを抑えることができます。

また便秘を改善する働きもあり、便秘に悩む方にもおすすめと言えます。効能効果には、「体力が充実して、脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便秘の傾向があるものの次の諸症:胃炎、常習便秘、高血圧や肥満に伴う肩こり・頭痛・便秘、神経症、肥満症 」とあり、肥満症だけでなく、幅広く活用されています。

<PR>

更年期太りが気になる方に

大柴胡湯 コッコアポG錠

詳しく見る


<PR>

お近くの漢方医が探せるほか、漢方専門の先生もご紹介します。

漢方ナビ

詳しく見る

関連キーワード

  • Facebook
  • Twitter
  • Feed
  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美
このサイトをシェアしよう
  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る