メニュー

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美

Kampoful Lifeとは

微熱が続くのはカラダの水不足が原因!? あなたにあった生活アドバイスと漢方薬とは 記事をクリップする

微熱が続くのはカラダの水不足が原因!? あなたにあった生活アドバイスと漢方薬とは

37度以上の微熱が続いて「病気になってしまったのかな?」と不安になったことはありませんか?病院に行ったみたけれど、病気はみつからなかったという方もいるかもしれません。漢方では、体力が低下していたり、疲れがたまっていたりすると微熱が続くことがあると考えています。明らかな病気ではないときの微熱が続く原因や養生法とおすすめの漢方薬を紹介します。

※微熱が続く場合、大前提とし自己判断での養生は危険です。ガンなどの可能性もありますので、受診をおすすめします。

微熱が続く原因とは?

熱が出る原因は、「熱邪(ねつじゃ)」が体内に入り込む「表熱証(ひょうねつしょう)」、熱い・辛いものなど刺激物の食べすぎによってカラダに熱がこもる「裏熱証(りねつしょう)」、カラダの中の栄養分や水分が不足することによって起こる「虚熱証(きょねつしょう)」があります。

微熱が続く原因で多いのは「虚熱証」です。汗や唾液、尿などカラダの中の水(津液)が不足することによって起こります。カラダの熱を冷ます水分が不足しているため、微熱が続いたり、皮膚が乾燥したり、便秘になったりします。

あなたの微熱はどのタイプ?

漢方で考える微熱が続く体質には、「陰虚(いんきょ)」と「血虚(けっきょ)」が考えられます。あなたはどちらのタイプに当てはまりますか?

陰虚タイプ「午後または夜になると微熱が出る」
漢方では、陰虚タイプの人は、カラダの中の水(津液)が不足することによって微熱が出るとされています。陰虚の状態が続くと、カラダの熱を冷ます作用が弱まるためカラダの熱をコントロールするのが難しくなります。陰虚タイプの人は、肌が乾燥しやすい・便秘になりやすい・喉が乾きやすいなどの症状が起こりがちです。陰虚タイプは、辛い物、熱い物の食べすぎ、ストレス、過労、老化などの原因により起こるとされています。

血虚タイプ「常に微熱が出る」
血虚タイプの人は、カラダの中の栄養の元となる「血」(けつ)が不足することによって微熱が出るとされています。女性は生理が起こるため男性よりも血虚になりやすいと考えています。漢方で考える血とは、全身に栄養を与える原料になると考えています。そのため、血が不足すると爪がもろくなる・髪の毛がパサパサする・熟睡できなくなるなどの症状が起こりやすくなります。血虚タイプは胃腸が弱っている、過労、ダイエットや目の使いすぎ、睡眠不足などにより起こるとされています。

微熱が続く人の体質別おすすめの食事内容とは

まずは、毎日の食事から見直していきましょう。それぞれのタイプに合わせた食事について紹介します。

陰虚タイプ
カラダの中の水分をおぎなう食材を摂りましょう。水分が不足している人は牡蠣・ホタテ貝などの貝類や、黒ごま・白ごまといった油分が豊富な食材がおすすめです。また、カラダの熱を冷ます作用が期待できるきゅうり・トマト・バナナなどの野菜や果物も適しています。
逆に、カラダの熱を上げるネギやにんにく、しょうがなどの辛味野菜は控えたほうがいいでしょう。また、甘味と酸味があり水分豊富な梨やぶどうはカラダをうるおしてくれます。

血虚タイプ
カラダの中の血をおぎなう食材を摂りましょう。血が不足している人には、黒豆・黒ごま・黒糖など黒い食材やナツメ・ライチ・クコの実などの赤い食材もおすすめです。羊肉・牛肉・豚肉は、カラダの栄養をおぎなってくれます。また、レバーなど鉄分の多い食材を食べるといいでしょう。無理なダイエットは控えましょう。カラダの中の栄養が不足してしまいます。
食事はバランス良く食べることが大切です。食事はできるだけ決められた時間に食べるようにしましょう。

微熱が続く人の体質別おすすめの生活習慣とは

次は、普段の生活習慣です。毎日の生活をもう一度見直してみましょう。

陰虚タイプ
陰虚タイプは、カラダの中の水分が不足すると起こると言われています。カラダの水分の不足を補うためには、次のようなことに注意していきましょう。

1. 激しい運動は控える

カラダの水分が減ることをできるだけ抑えるために、激しい運動や長風呂など大量に汗をかくような行動は控えましょう。運動をしたりお風呂に入ったりするときは、こまめな水分補給を。冷たい飲み物は控えましょう。

2. 夜は早めに寝る

陰虚タイプはカラダが消耗しているとされるため、できるだけ早く寝ることを心がけましょう。疲れやストレスがたまると、熱がこもる原因にもなります。できるだけカラダを休めることが大切です。

血虚タイプ
血虚タイプは、カラダの中の栄養の元となる「血」が不足していると言われています。血を補うためには、次のようなことに注意していきましょう。

1. 早寝早起きを心がける

カラダの状態を整えるために睡眠はもっとも大切です。夜遅くまで起きていると、生活のバランスが崩れてしまうため、余計に「血」が不足する原因になってしまいます。夜は早めに寝るようにし、朝は太陽の光を浴びるようにしましょう。

2. 目の酷使に注意

パソコンやスマホの使いすぎなどに注意しましょう。目を酷使すると、血の消耗が激しくなるため、目のかすみ、目の乾燥など血虚の状態がさらに悪化します。1時間ごとに5分休むなど適度に目やカラダを休めましょう。

微熱が続く人におすすめの漢方薬は?

微熱が続く原因は、その人の体質によって異なります。何が原因かどんな症状が起こっているかによって選ぶ漢方薬は異なります。今回は、微熱が出る人によく使われる漢方薬を紹介します。

知柏地黄丸(ちばくじおうがん)

体力が中等度以下で、疲れ・口渇などの症状がある人に向いている薬です。顔のほてりや更年期のホットフラッシュなどの症状に対応しています。知柏地黄丸は、腎の働き(成長・発育・生殖などに関わる機能)が低下した方にも処方されます。

<PR>

ホットフラッシュ・ほてりなどが気になる方に

知柏地黄丸

詳しく見る

加味逍遙散(かみしょうようさん)

体力が中等度以下で、肩こり、のぼせ、疲れやすいなどの症状がある人に向いている薬です。生理不順や更年期障害など女性特有の症状に対応しています。イライラする、不安になりやすい、やる気が起こらないなど精神的な状態が不安定な方にも処方されます。

<PR>

女性ホルモンの乱れが気になる方に

加味逍遙散

詳しく見る


関連キーワード

  • Facebook
  • Twitter
  • Feed

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美
このサイトをシェアしよう
  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る