メニュー
  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美

Kampoful Lifeとは

紫外線対策!日焼け止めの選び方。日焼け止めのSPFやPAの意味って? 記事をクリップする

紫外線対策!日焼け止めの選び方。日焼け止めのSPFやPAの意味って?

春から夏、そして秋まで、スポーツやレジャーなど、外出が楽しい季節。しかし、この時期は日差しが強く、紫外線量も多く、日焼けが気になりますよね。そこで、「日焼け」「紫外線」「日焼け止め選び」についてご紹介します。

紫外線はどうして肌に悪いの?

紫外線は、体内でビタミンDを生成し、健康を維持させる働きがあるため、ある程度浴びることが必要です。しかし、紫外線の浴び過ぎは日焼け、シワ、シミの原因となります。
太陽光線である「紫外線」は、波長によって「UV-A」「UV-B」「UV-C」に分けられ、「UV-C」はほとんど地表には届かないため、「日焼け」に関係するのは、長い波長の「UV-A」と、短い波長の「UV-B」だけです。

肌をすぐに黒くするのはUV-Aの影響
UV-Aは、日差しを浴びた後、「肌をすぐに黒くする」紫外線のこと。これがメラニン色素をつくる色素細胞(メラノサイト)を刺激することで、メラニンが生成されて色素沈着が起こります。

実はこの「肌をすぐに黒くする」という反応は、紫外線が皮膚の奥深くまで浸透してしまうことから守ろうと、体内でメラニン色素が働くことによって起こる「皮膚の防衛反応」。UV-Aは30〜50%が表皮を通過して真皮に到達し、真皮にある弾性繊維を破壊するため、それが肌のハリなどに影響を及ぼし、シワやたるみなど肌の「光老化」へとつながってしまうのです。

肌に炎症を引き起こすのはUV-B
もう一つのUV-B「肌に炎症を起こさせる」紫外線のことで、肌がヒリヒリするやけどのような状態になります。すべての紫外線の約5%を占めるUV-Bは主に肌表面で吸収され、UV-Aほどの「即時黒化」作用はないものの、肌色を黒くする作用があります。そのエネルギーは強く、肌が赤く炎症を起こしてしまうのです。これがシミ、そばかすなどの原因となります。

赤い炎症を引き起こすのはUV-B

<紫外線による肌への影響まとめ>
●長い波長のUV-Aは肌をすぐに黒くする紫外線
シワ、たるみの原因に

●短い波長のUV-Bは肌に炎症を引き起こす紫外線
シミ、そばかすの原因に

通常、肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)が正常であれば、日焼けによる色素沈着は次第に薄くなっていきます。しかし、肌の機能低下や間違ったケアを行っていると日焼けが長期間残ってしまう原因となり、それがシミとして定着してしまうこともあります。

肌のターンオーバーが正しく行われるためにも、日頃からストレスを抱え込まず、規則正しい生活やバランスの良い食事を摂ることが大切です。せっかくアクティブにお出かけしたくなる季節、対策を怠らず、日焼けによる炎症は早めに抑えて、肌をしっかり保湿ケアして楽しみましょう!

紫外線から肌を守る、日焼け止めの選び方

日焼け止めのパッケージで見かける「SPF」と「PA」「+」という表示。これはUV-A、UV-Bそれぞれから肌をどのくらい守ってくれるのか、数値等で表したものです。では、「SPF」と「PA」の意味するものとはなんでしょうか?

■SPF
SPFとは、「Sun Protection Factor」の略で、UV−Bに対する防止効果を示すものです。SPFの数値は、日焼け止め化粧品を塗った場合、塗らない場合に比べて何倍の紫外線を当てると、翌日に肌がかすかに赤くなるかを示しています。SPFは2〜50、さらに50以上の場合は「50+」と表示され、数値が大きいほどその防止力が高まります

■PA
PAとは、「Protection Grade of UVA」の略。こちらはUV-Aに対する防止効果を示すものです。PAは「PA+」〜「PA++++」の4段階で表示され、「+」が多いほど防止力が高まります

「SPFもPAも数値が高いものを選んでおけば安心でしょ?」と思うかもしれませんが、それはちょっと待って。日焼け止め選びで大切なのは「どのくらいの時間、紫外線を浴びることになるか」ということ。「面倒だから数値の高いものに…」というのはあまりいただけません。特に乾燥肌や敏感肌の方が、数値だけで日焼け止めを選ぶと肌に余計な負担がかかり、肌トラブルを引き起こすモトになります。日焼け止め選びに大切なのは「TPO」を考えることなのです。

紫外線予防の日焼け止めは、日差しの強い季節だけでいい?

紫外線は晴れの日だけでなく、雨が降っていても曇っていても地表に届いています。だからこそ「日焼け対策は一年中行う」のが基本。日焼け止めを塗る以外にも帽子や日傘、ストールなど、紫外線対策に有効なアイテムを活用してください。ちなみに、アスファルトからの照り返し、なんていう思わぬ敵も潜んでいます、ご注意を!

日焼け止めは、日差しの強い季節だけでいい?

<ちょうどいい日焼け止めの選び方まとめ>
・散歩やちょっとしたお買い物など日常生活では SPF10〜20、PA++
・屋外での軽いスポーツやレジャーの場合は SPF30以上、PA+++
・炎天下でのお出かけやマリンスポーツなどには SPF50以上、PA++++

日焼け止めは朝塗れば紫外線対策はOK?

「朝たっぷり日焼け止めを塗ったから、これで安心!」「今日はほとんど室内で過ごすし、持ち歩くのも面倒だし…」なんて紫外線を甘く見てはいけません! たとえたっぷり日焼け止めを塗っても汗をかけば落ちてしまいますし、室内で過ごしていたとしても、窓から差し込む日差しで日焼けしてしまうこともあるのです。紫外線をしっかり防ぐために、日焼け止めの塗り直しは重要。

また、日焼け止めは使い分けも肝心で、お出かけ前は肌に密着する塗るタイプ」、外出先では塗り直しがしやすいスプレータイプ」、マリンスポーツや汗をかく激しい運動の時には「ウォータープルーフ」、いざという時の「シートタイプ」といった具合に、その日の活動、ライフスタイルなどに合わせて選んでください。

まずはその日1日、どのくらいの時間紫外線を浴びることになるかを考えて、外出先ではご自身が塗り直しやすいと思う日焼け止めを携帯し、数時間おきに塗り直してください。特に紫外線が強い日、汗をかく時などは、よりこまめな塗り直しをおすすめします。
ちなみに、朝、日焼け止めを塗るのは外出の15〜20分前がベスト。少し時間を置いてからお出かけしたほうが肌への定着率が高まります。

<うっかり日焼けにもご注意を>
日焼け対策はちゃんとしているのに、それでも時々「どうしてこんなに日焼けしてしまっているの?」なんて思うことはありませんか? そんな「うっかり日焼け」の原因は塗る量が少なかったり、塗っているつもりで塗り忘れていたりするためです。日焼け止めを塗る際は、まず手のひらに1円硬貨大を目安にとり、両頬、額、鼻、あごの5ヵ所におきます。頬や額などの広い部分からはじめ、顔の中心から外側に向かって顔のすみずみまで丁寧になじませます。その後、もう一度、同量をとり、重ねづけします。塗り残しがないように、しっかり適量を塗布してあげてください!

「うっかり日焼け」ポイント
・髪、頭皮
・手
・首のうしろ
・デコルテ
・唇
など

<目からの紫外線も日焼けの原因につながるって本当?>
目から紫外線が入ることも日焼けの一因になります。なぜなら、目に強い紫外線が入ると脳は防御反応を示して、体内にメラニン色素をつくるよう命令を出してしまうからです。紫外線は角膜にもダメージを与え、痛みや充血などの原因になります。顔や体、髪だけでなく、日差しが特に強い現代は、目もサングラスでしっかりガードをして、目薬でケアしてくださいね。

紫外線ダメージに対し、「肌を内側から守る方法」は?

ここまで肌トラブルの原因となる紫外線を、外側からブロックする方法をご紹介してきました。では、内側から肌を守る方法はないのでしょうか?

もちろん紫外線ダメージは外からの刺激ですから、カラダの内側から防ぐことはできません。しかし、肌のターンオーバーを促進したり、紫外線によってできるシミ、肌荒れを改善したりする漢方薬はあります。

シミにおすすめの桂枝茯苓丸料加薏苡仁

血の巡りを整えて肌のターンオーバーを正常化する「桂枝茯苓丸料加薏苡仁(けいしぶくりょうがんりょうかよくいにん)」。日焼けによるシミなどの肌トラブルはもちろん、月経不順やホルモンバランスの乱れによって起こる不安感、イライラなど女性のココロとカラダのお悩みにうれしい漢方薬です。

カラダの中から、外から。シミ対策、紫外線対策をしっかり行って、照りつける太陽に負けずに、ワクワク楽しい季節を満喫してくださいね!

<PR>

シミ、肌あれが気になる方に

ハトムギ専科 ヨクイノーゲンホワイト錠

詳しく見る

関連キーワード

  • Facebook
  • Twitter
  • Feed
  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

クラシエ薬品 医療関係者向け

クラシエ薬品 漢方優美
このサイトをシェアしよう
  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る