メニュー
  • 漢方を

  • 漢方を知る
  • 漢方を探す

Kampoful Lifeとは

クラシエ薬品 医療用医薬品ウェブサイト

クラシエ薬品 漢方優美

【皮膚科医が語る】美の味方「プラセンタ」 の選び方 記事をクリップする

【皮膚科医が語る】美の味方「プラセンタ」 の選び方

私たち人間の健康に必要な栄養素がたくさん含まれている「プラセンタ」は、健やかな美肌づくりをサポートしてくれる美容成分としても、いま、注目の的。「いつまでも美しく、健康で若々しくいたい」と願う女性たちの熱い視線を集め、期待に応えてプラセンタが配合されたサプリメントが続々と登場しています。ハリ・ツヤ・くすみに。美容効果が期待されるプラセンタサプリの選び方について、野本真由美スキンケアクリニックの野本真由美先生にお話を伺いました。

古代人も知っていた、プラセンタの健康パワー

プラセンタとは胎盤のこと。母親の胎内で胎児をつなぎ、発育させるための器官であるため、人間の健康に必要な数多くの栄養素が含まれています。
「胎盤には多岐にわたる成長因子やアミノ酸など、豊富な栄養素が含まれていることがわかっています。さらに科学では解明できない成分もまだあると考えられ、それらの未知なる成分が、生命の誕生に何らかの形で効果をもたらしていることは想像に難くありません。哺乳類の母親は、出産後に排出された胎盤を食べてカラダを回復させるのですよ。」と野本先生。

そして、「あまり知られていませんが、実はプラセンタは漢方の世界では『紫河車(しかしゃ)』と呼ばれており、古代中国では不老長寿の薬として使われていました」と興味深いお話も。太古の昔から胎盤に含まれる栄養とその類まれな作用に着目し、滋養対策に用いられてきた――プラセンタは長い歴史とともに今日に受け継がれているのです。

ヘルスケアから美容にも利用が広がり
注射以外にサプリメントという選択肢も

科学的研究が進み、プラセンタは医療機関で幅広く使われるようになりました。「治療においては肝疾患が適応となります。」とのことで、「プラセンタにはカラダの解毒を司る肝臓の機能を再生させる作用があるため、アルコール性肝障害や肝硬変などの治療薬として利用されています。肝臓が正常に働くと、うまく解毒ができるようになるので、カラダが疲れにくくなったり、不眠や肩こりが改善したり、皮膚のくすみが良くなったりと、全身にさまざまな良い影響を及ぼします。」と、解説してくださいました。

そういった裏付けにより昨今医療の現場では、ヘルスケアから美容分野までプラセンタが活用されているのですね。また、「愁訴の改善や皮膚への美容効果を目的にプラセンタ薬を使用する場合には、保険が適用されません。ですが、諸外国に比べて日本の医療用プラセンタ製剤は価格が安いので、自由診療分野での流通が広まっています。」というお話です。

医療機関でのプラセンタ治療といえば注射剤ですが、内服についてはどう思われますか?という質問には、「注射剤は献血の際の制限※になりますし、何より注射の痛みが苦手な人には適していないと思います。それでもプラセンタの効果を求めたい場合には内服が好まれるのですが、サプリメントを手にする自由はあって良いと思います。」とのお答え。

また、「さきほどお話したように、プラセンタは漢方の世界に通じています。漢方薬は、内服して消化管から吸収されることによって効果を見込める生薬が多いので、内服で補うことは理にかなっているのかもしれません。」と補足してくださいました。

※過去にヒト由来のプラセンタ製剤の注射を受けた場合は献血できない。

せっかく飲むならより良いものを
プラセンタサプリを選ぶポイントは?

近年はプラセンタのキレイと元気を引き出すパワーに注目が集まり、プラセンタサプリの市場がひときわ充実しています。さまざまなタイプの商品があるなかで、手軽さで人気なのはドリンクタイプ。一般的に固形のサプリメントに比べて液体の方が吸収が良いといわれていますが…
「商品によってプラセンタの配合量の差が大きいなど問題点がないわけでありません」と力説する野本先生。プラセンタサプリの多くは豚由来のプラセンタが使用されており、衛生面に配慮した国内農場で飼育・管理された健康な豚の胎盤のみを使用していることが安心の証といわれますが、そのほかにもチェックすべき点があるそうです。

プラセンタサプリを選ぶ際のポイントを挙げていただきました。

1.純末量が明記されている
純末とは、プラセンタエキスから水分と不純物を取り除いて作られる濃縮された粉末のこと。「商品によっては、純末にする前段階のエキスの量で表示をしている商品も見受けられます。単純に記載されている数字で比べることができないので、しっかりと純末量で表記されているものを選ぶと良いと思います」

なるほど、“記載されている数字が大きければプラセンタの配合量が多い”というわけではないのですね。

2.必須アミノ酸の含有量が明記されている
プラセンタには体内で作り出せない9種類の必須アミノ酸が含まれていて、「含有量を明確に表記しているという点で信頼のおけるものであると思います」とのこと。記載のない商品も多々ありますが、製薬企業が販売するプラセンタドリンクなどは含有量が表記されていているケースがほとんど。含有量をチェックすることで、ある程度品質も見極められます。

3.飲みやすい味であること
ご自身の体験から、ドリンクの場合には「味」も譲れないポイントであるとおっしゃいます。「美容クリニックで扱うことの多い豚由来のプラセンタドリンクを飲んだことがありますが、漢方薬の製薬企業が販売する濃縮プラセンタドリンクは、豚臭さがなくて飲みやすかったですね。」
確かにどんなに良いものでも、飲みにくい味では続けることがつらくなってしまいますから納得。自分が飲みやすい味のものを選ぶことは、プラセンタ習慣を続ける重要な鍵になりそうです。

最近では、製薬企業が販売するプラセンタドリンクが医療機関だけでなく、ドラッグストアなどの店頭でも気軽に購入できるようになりました。だからこそしっかり吟味して、信頼、納得できるものを選ぶことが大切です。野本先生が教えてくださったポイントを参考に、ぜひ自分に合ったプラセンタサプリを見つけてください。

プラセンタって漢方なの?-漢方ナビ
もっと詳しくプラセンタについて知りたい方は

プラセンタって漢方なの?-漢方ナビ

詳しく見る
野本真由美スキンケアクリニック 院長 野本真由美 先生

野本真由美スキンケアクリニック
院長 野本真由美 先生
[専門医] 日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医/日本抗加齢医学会専門医/日本東洋医学会認定 漢方専門医
[所属学会] 日本皮膚科学会/日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会/日本美容皮膚科学会/日本香粧品学会/日本東洋医学会/日本抗加齢医学会/日本抗加齢美容医療学会 理事/米国皮膚科学会(AAD)
[その他] 新潟美容・アンチエイジング研究会 会長/日本痤瘡研究会

関連キーワード

  • Facebook
  • Twitter
  • Feed
  • Facebook
  • Twitter
  • Feed