Kracie

会社の歴史:1987~2006年

1987~2006年
創立100周年からの激動期

1987(昭和62)

創立百周年を迎える

1989(平成元)

化粧品本部から独立。カネボウホームプロダクツ本部となる

1990(平成2)

「芸術化産業宣言」
鐘紡記念病院が完成
明治40年に兵庫工場を付属診療所として開設、昭和22年から一般に開放。平成2年、高度な医療設備を完備した「鐘紡記念病院」誕生

鐘紡記念病院

1992(平成4)

化粧品マーケティング戦略
「マーケティングルネッサンス」を発表
化粧品販売会社を11販社、90支社体制に再編
「テスティモ」落ちない口紅発売。大ヒットを遂げる

落ちない口紅「テスティモリップスティック」

1995(平成7)

本部を大阪から東京都港区に移転

1996(平成8)

陸上競技が全日本実業団駅伝で18年ぶりの優勝
ポリエステル短繊維の綿売り事業から撤退
(工場跡地に樹脂新会社設立)
繊維素材事業を分社化

1997(平成9)

「ランバン」の婦人服を導入

1999(平成11)

医薬品新薬事業を日本オルガノン社に営業譲渡
化成品事業を(株)アイオンに営業譲渡

2000(平成12)

情報システム事業を当社が出資する合弁会社に営業譲渡
株式市場における所属業種が繊維製品から化学に変更

2001(平成13)

カネボウ株式会社に社名変更
「The Lifestyle Company」を宣言

2002(平成14)

白髪染め「シンプロ ワンタッチヘアカラー」が「世界パッケージコンテスト」において、最も優れたパッケージに贈られる「会長賞」を受賞

画期的容器として高く評価された白髪染め「シンプロ ワンタッチヘアカラー」

2003(平成15)

アクリル事業を撤収

2004(平成16)

カネボウビューティケア研究所を設立
化粧品事業を営業譲渡 (株)カネボウ化粧品が発足
事業再生計画の策定と(株)産業再生機構による支援決定
委員会等設置会社へ移行
減資、株式併合、第三者割当増資の実施

2005(平成17)

漢方エキス顆粒剤のコーティングに日本で初めて成功

高度な製剤技術を採用した「コッコアポ」

新素材事業を営業譲渡
東京証券取引所・大阪証券取引所における当社株式が上場廃止
天然繊維・合繊事業を営業譲渡

2006(平成18)

(株)産業再生機構による支援を終了し、新スポンサーとしてアドバンテッジパートナーズ有限責任事業組合、株式会社MKSパートナーズ、ユニゾン・キャピタル株式会社が決定。スタッフ部門、ホームプロダクツ・薬品・食品事業が分離独立し、それぞれカネボウ・トリニティ・ホールディングス(株)、カネボウホームプロダクツ(株)、カネボウ製薬(株)、カネボウフーズ(株)として運営を開始