Kracie

会社の歴史:1887~1959年

1887~1959年
前身となるカネボウの創業

1887(明治20)

東京綿商社として東京府下鐘ヶ淵に創立(5月6日)
→創立記念日とする

東京工場跡地
記念庭園に建立された発祥の地記念碑

1889(明治22)

紡績工場操業開始

新撰東京名所図会に掲載された初期の本社工場

1893(明治26)

社名を鐘淵紡績(株)に改称

1894(明治27)

「鐘」マークを商標登録

登録された釣鐘商標

1903(明治36)

従業員の声を聞く制度「注意函」の実地

「注意函(ばこ)」に関する社内報記事

日本最古の社内報「鐘紡の汽笛」発刊
その後、「社内報鐘紡」「カネボウ新聞」、「カネボウニュース」、「クラシエニュース」へ

日本初の社内報「鐘紡の汽笛」

1905(明治38)

鐘紡共済組合を設置(現在の健保組合)
兵庫工場に織機工場完成(織布部門進出)

1908(明治41)

外資借入に成功(民間企業としてわが国初)

外資借入で発行された手形

京都に絹糸工場操業開始(絹糸部門進出)

1919(大正8)

上海に工場新設

1921(大正10)

製糸(生糸)開始

1923(大正12)

鐘紡共済組合を設置(現在の健保組合)
兵庫工場に織機工場完成(織布部門進出)

1928(昭和3)

南米での事業化に向け、南米拓殖(株)創立

1930(昭和5)

労働争議が起こる
昭和5年に行われた繊維産業史上に残る本格的ストライキ。争議団はストを支えるために行商隊を編成して争議資金を作った

繊維産業史上に残る本格的ストライキ

1931(昭和6)

鐘紡サービス(株)設立
(以降国内にサービスショップ開設)

1934(昭和9)

毛紡績、化繊、麻紡績業に進出
鐘紡武藤理化学研究所を開設
研究員約300名を擁し、当時、民間では最大のものとなった

鐘紡武藤理化学研究所

1936(昭和11)

鐘紡絹石鹸発売
蚕のさなぎからとれる油で作られ、最高級の石鹸として海外にも輸出された

昭和11年に売り出された鐘紡「絹石鹸」

1938(昭和13)

鐘淵実業(株)設立
(繊維以外の諸事業拡充)

1939(昭和14)

日本初の合成繊維「カネビヤン」(ビニロン)製法発明

1945(昭和20)

戦災により内外の事業場の大半をそう失
本部を兵庫支店により淀川支店へ移転

1946(昭和21)

戦後の昭和21年に全鐘紡野球部が復活、25年初優勝を飾る

全鐘紡野球部

1947(昭和22)

3S(スピード、サービス、セービング)運動提唱、新しく社章、社旗、社歌を制定

1949(昭和24)

工場内の精紡機糸つぎ作業にローラースケートを導入。当時としては画期的なことでこれにより能率の向上を図った

ローラースケートを履いて精紡機の糸つぎをする女子社員

1955(昭和30)

南米ブラジルに進出、サンパウロに鐘紡ブラジル有限会社を設立

鐘紡ブラジル紡績工場の開場式

1957(昭和32)

鐘紡技術学校を高砂工場内に創設

鐘紡技術学校

1958(昭和33)

総合研究所設立