> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > おとなのしみ研 > おとなのいぼ研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

おとなのにきび研

にきびの部位ごとの原因とケア : 頭皮篇

ヘアケアしているときに気づく
頭皮"にきび"を何とかしたい!

くしで髪をとかしたときに、"当たって痛い"と感じて頭皮"にきび"に気づくことがありませんか? 髪の毛で隠れているために気づきにくいのが頭皮"にきび"です。ここから、頭皮"にきび"の対策についてお教えします。 ※この画像は、にきびができる部位を表現したイメージ画像です。にきびの症状を表現したものではありません。

1. 症状が悪化しやすい頭皮"にきび"

頭皮には、毛穴が多く存在し、密集しています。このため、皮脂分泌が多くなり、にきびができやすいのです。 それに加えて、汗をかきやすく髪の毛で覆われているため、通気性が悪く蒸れやすいという、アクネ菌(※)の増殖に適した環境です。アクネ菌が増えると、炎症が起こりやすくなって、にきびの症状が悪化することがあります。

2. ターンオーバーの乱れが原因のひとつ

頭皮"にきび"の原因のひとつとしてあげられるのが、ターンオーバー(※)の乱れです。ターンオーバーが乱れると、アカとなってはがれるはずの頭皮の角質がはがれ落ちずに、厚くなります。このような状態になると、皮脂が毛穴の中に詰まりやすくなるので、にきびができてしまいます。

3. シャンプーが原因になっているかも!? 

また、シャンプーのすすぎ残しなどもにきびの原因になります。たまった汚れをしっかり落とすために欠かせないシャンプーですが、すすぎが不十分だと、毛穴の中にシャンプーの成分が残ってしまい、それが毛穴に潜むアクネ菌の栄養源になります。 そして、気をつけたいのが髪をぬらしたままにすることです。髪を乾かさないで寝ると、頭皮が湿ったままでアクネ菌が増殖しやすい環境になり、症状の悪化につながります。
このほか、紫外線にも要注意。紫外線を多く浴びることで乾燥してしまうと、肌のバリア機能(※)が低下し、さらに症状を悪化させてしまう場合があります。

4. 頭皮にやさしいシャンプー方法に! 

頭皮"にきび"の対策として大切なことは、頭皮を清潔に保つこと。これに欠かせないのが洗髪です。にきびができてしまった、あるいはにきびができやすいと感じている人は、洗髪の方法を見直しましょう。
まず、シャンプーを手に取ってよく泡立ててから頭に乗せ、頭皮をマッサージするようにして、毛穴に詰まった汚れをしっかり落とします。さらに、シャンプーやコンディショナーなどの洗い残しがないように、すすぎをしっかり行うこともポイントです。いつもより長めにすすぐようにしましょう。また、洗髪後はタオルドライやドライヤーなどで頭皮をしっかり乾かすことも忘れずに。
このほか、頭皮が触れる枕カバーをこまめに洗濯して寝具を清潔に保つことや、頭皮を紫外線から守るために帽子をかぶることもおすすめです。

用語解説

●アクネ菌 常に皮膚に存在し、皮膚の健康に関係するといわれる細菌のひとつ。空気があると生きられない(嫌気性細菌)ため、毛穴の奥などに存在し、皮脂や汚れを栄養源として増殖する。 ●ターンオーバー 表皮細胞の生まれ変わりのこと。一定の周期で新しく生まれた細胞が皮膚表面まで押し上げられ、はがれ落ちるまでのことを指し、平均的な周期は約28日間とされる。この周期が乱れると、肌トラブルが起こりやすくなる。 ●肌のバリア機能 乾燥や外部刺激から肌を守るはたらきのこと。肌にうるおいが保たれているときにバリア機能が発揮される。


商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。