> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

おとなのにきび研

にきびの部位ごとの原因とケア : こめかみ篇

気づかないうちにできてしまう、
こめかみ"にきび"を何とかしたい!

目尻の上のこめかみ。「こんなところに、にきびができるの?」と思われるかもしれませんが、刺激を受けやすい場所のため、にきびができやすいんです。では、こめかみ"にきび"の原因と対処法をご紹介しましょう。 ※この画像は、にきびができる部位を表現したイメージ画像です。にきびの症状を表現したものではありません。

1. 汚れが詰まりやすい場所ってほんと!?

こめかみ"にきび"が起こる原因のひとつとして考えられているのが、皮脂や汚れの詰まり。こめかみは、皮脂腺(※)が集まっていて、皮脂の分泌が盛んな場所です。また、髪の毛が触れることが多い場所なので、髪についたホコリや汚れ、雑菌、さらにシャンプーやスタイリング剤などの残りも毛穴に入り込んでしまうために、にきびが悪化しやすい場所でもあります。

2. すすぎ残しに注意!

とくに注意したいのが、シャンプーやコンディショナーなどのすすぎ残しです。シャンプーをするとき、汚れをしっかり落とすように洗っていても、すすぎのときは毛先や頭頂部を集中的に洗い流すために、こめかみ部分の洗い流しを忘れがちに。しっかり落とせなかった汚れや、残ってしまったシャンプーなどの成分が、毛穴を詰まらせるだけでなく、にきびを悪化させるアクネ菌(※)の栄養源になります。アクネ菌が増殖すると炎症が起こり、さらに炎症が悪化して長引いてしまうと、にきび跡になってしまうこともあるので、炎症を起こさないように気をつけないといけません。

3. ストレスや疲れは大敵!

皮脂の分泌が盛んに行われているこめかみですが、ストレスが溜まっていたり、疲れていたりすると、さらに皮脂の分泌が過剰になります。これはストレスや疲れにより、ホルモンバランス(※)が乱れてしまうために起こります。ホルモンバランスが皮脂の分泌に影響を与えていて、乱れることで皮脂の分泌を過剰にするからです。 さらに、ホルモンバランスが乱れると、いっしょに肌のターンオーバー(※)も乱れてしまいます。ターンオーバーが乱れると、皮膚のいちばん外側にある角質が厚くなり、皮脂が詰まりやすくなって、にきびができてしまう可能性が高くなるのです。

4. こめかみ"にきび"のおすすめのケアとは

こめかみ"にきび"を予防するためには、まずシャンプーやコンディショナーをしっかりすすぐようにしましょう。さらに、髪を洗ったあとに、洗顔するのがおすすめです。最後に洗顔をすることで、汚れやシャンプーなどの残りを落とすことができ、こめかみ周りを清潔に保てます。
また、ストレスをためないようにリラックスすることも心がけましょう。心地良い時間を過ごしたり、睡眠をしっかりとったりするのもおすすめです。
さらに、食生活や栄養バランスを見直すことで、肌状態が整います。栄養バランスに気をつけながら、皮脂分泌を抑えるビタミンB群などを積極的に摂るとよいでしょう。

用語解説

●皮脂線 毛穴に存在し、皮脂を分泌する器官のこと。男性ホルモンが多くなると、皮脂分泌が過剰になる。 ●アクネ菌 常に皮膚に存在し、皮膚の健康に関係するといわれる細菌のひとつ。空気があると生きられない(嫌気性細菌)ため、毛穴の奥などに存在し、皮脂や汚れを栄養源として増殖する。 ●ホルモンバランス 体にはさまざまなホルモンが存在し、体の状態を一定に保つため、必要なときに必要な量が分泌されている。しかし、ストレスや睡眠不足などでホルモンの分泌量が少なくなったり、多くなったりして、ホルモンバランスが乱れると、体に不調が現れる。 ●ターンオーバー 皮膚細胞の生まれ変わりのこと。一定の周期で新しく生まれた細胞が皮膚表面まで押し上げられ、はがれ落ちるまでのことを指し、平均的な周期は約28日間とされる。この周期が乱れると、肌トラブルが起こりやすくなる。


商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。