> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

おとなのにきび研

にきびの部位ごとの原因とケア : おでこ篇

みんなの視線が集まる、
おでこ"にきび"を何とかしたい!

隠したくても隠せないのがおでこの"にきび"。白くて小さいブツブツしたものが気になって、できれば早く治したい! と悩んでいる人も多いのではないでしょうか? そんなおでこ"にきび"のケア法をお教えしましょう。 ※この画像は、にきびができる部位を表現したイメージ画像です。にきびの症状を表現したものではありません。

1. おでこには皮脂が多いってほんと!?

鏡を見たら、おでこがテカっていることはありませんか?
これは、テカリのもととなるあぶら、つまり"皮脂"を分泌する皮脂腺(※)がおでこに多く集まっているために起こるのです。通常、皮脂は皮膚の表面を覆うことで、乾燥や菌の増殖から皮膚を守るはたらきがあります。しかし皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されると、毛穴に詰まってしまい、にきびの原因になります。さらに皮脂が詰まった毛穴では、アクネ菌(※)が増えて、炎症が起こりやすくなります。炎症がひどくなったり長く続いたりすると、にきび跡が残ってしまうことも。悪化する前に早めのにきび対策が大切です。

2. 生活習慣やスキンケアが原因かも!?

にきびの原因のひとつである皮脂の分泌は、思春期に比べて、大人になるにつれ落ち着いてきます。では、どうして大人になっても、にきびができるのでしょうか? 
これは、皮脂の分泌がホルモンの影響を受けてしまうからです。ストレスや睡眠不足などで、ホルモンバランス(※)が乱れた状態になると、皮脂が過剰に分泌されてしまい、思春期を過ぎてもにきびができてしまうのです。また、スキンケアが逆効果になることも。余分な皮脂を取り除くために、洗顔は欠かせませんが、洗い過ぎはよくありません。にきびは、皮脂が過剰にあるときだけでなく、皮脂が少なくなり過ぎたときもできてしまいます。皮脂を取り過ぎると、かえって皮脂を分泌するはたらきが強くなるため、にきびができやすい状態になるからです。

3. 髪の毛やシャンプーも要注意!?

さらに気をつけたいのが、おでこに触れる髪の毛、シャンプー、整髪料などです。
実は、髪には汚れやホコリが多くついていて、その汚れがにきびを悪化させるアクネ菌の栄養源になります。また、シャンプーや整髪料のすすぎ残しも同様にアクネ菌の栄養源になるので、炎症が起こりやすくなります。いわゆる「赤にきび(※)」と呼ばれる状態になると、にきび跡が残ってしまうこともあるので、気をつけないといけません。

4. おでこ"にきび"に負けない! ケア法

まず簡単にできるのが、にきびを悪化させる要因を取り除くことです。前髪がおでこにかからないようにピンで止めたり、短くしたりするなどして、ヘアスタイルに注意してみましょう。
次に、スキンケアについても見ていきましょう。ゴシゴシ洗いは避けて、やさしく洗うように心がけてください。洗顔後は、化粧水などで肌をしっかり保湿することも大切です。肌の乾燥は、過剰な皮脂分泌の原因になるので、保湿ケアを忘れないようにしましょう。

用語解説

●皮脂線 毛穴に存在し、皮脂を分泌する器官のこと。男性ホルモンが多くなると、皮脂分泌が過剰になる。 ●アクネ菌 常に皮膚に存在し、皮膚の健康に関係するといわれる細菌のひとつ。空気があると生きられない(嫌気性細菌)ため、毛穴の奥などに存在し、皮脂や汚れを栄養源として増殖する。 ●ホルモンバランス 体にはさまざまなホルモンが存在し、体の状態を一定に保つため、必要なときに必要な量が分泌されている。しかし、ストレスや睡眠不足などでホルモンの分泌量が少なくなったり、多くなったりして、ホルモンバランスが乱れると、体に不調が現れる。 ●赤にきび アクネ菌の増殖により、炎症が起きた状態のにきび。赤く見える。


商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。