> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > おとなのしみ研 > おとなのいぼ研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

おとなのにきび研

にきびの部位ごとの原因とケア : 口もと篇

隠しきれない
口もと"にきび"を何とかしたい!

突然できてしまう、口もとのにきび。人と話しているとき、口もとを見られているのではないかと気になってしまいますよね。ここでは、デリケートな口もと"にきび"の対策についてお教えします。 ※この画像は、にきびができる部位を表現したイメージ画像です。にきびの症状を表現したものではありません。

1. 乾燥しやすい口もと

鼻の下や口の周りが粉をふいたように白くなることはありませんか? 口もとは皮膚が薄いため、乾燥しやすい場所といわれています。 一般的に、肌が乾燥した状態になると、肌にうるおいを与えようとして皮脂を分泌するはたらきが強くなります。これにより皮脂が過剰に分泌され、にきびができるのです。また、乾燥した肌では、ターンオーバー(※)が乱れてしまうこともあります。肌のターンオーバーが乱れると、皮膚のいちばん外側にある角質が厚くなるため、さらに皮脂が詰まりやすい状態になって、にきびができてしまいます。口もと"にきび"は、炎症が起こりやすく、症状が悪化しやすいので、一度できると治りにくいといわれています。

2.睡眠不足も原因のひとつ

このほか、にきびの原因の鍵を握るのが、ホルモンバランスです。ホルモンバランス(※)は、ストレスや疲れ、睡眠不足などで乱れがちになってしまいます。ホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌が過剰になって、にきびができやすい状態になるとされています。 なかでも睡眠不足は、ホルモンバランスの乱れだけでなく、肌のターンオーバーの乱れも引き起こすので、よりにきびができやすい状態になることも。さらに症状が悪化する可能性が高くなります。

3.スキンケアが足りてないのかも!? 

口もとは乾燥しやすい場所ですが、クレンジングのときに口紅をゴシゴシと強い力で落とすと、摩擦などによって乾燥がひどくなる場合があります。また、スキンケアのときに、目もとや頬などは念入りにお手入れを行っていても、口もとのケアを忘れていませんか?
ただでさえ、乾燥しやすいところなので、きちんとスキンケアを行うことを忘れないようにしましょう。

4. 口もと"にきび"におすすめのケアとは

口もと"にきび"のケアには、何といっても保湿が重要です。 乾燥を防ぐためにも、洗顔後は必ず化粧水などで保湿するようにしましょう。それにプラスして、保湿力の高い美容液などで口もとを集中的にケアするのもおすすめです。

また、ゆっくりお風呂につかったり、軽い運動をしたりするなど、できるだけストレスをためないようにして、ホルモンバランスを整えましょう。さらに、睡眠を十分とることもポイントです。どうしても睡眠時間が長くとれない場合は、睡眠の質にこだわりましょう。暗めの照明に設定する、寝る1時間くらい前にはスマートフォンやタブレットを見ないようにする、室温や湿度を調整するなど、心地良い眠りにつくための環境づくりを行いましょう。

用語解説

●ターンオーバー 表皮細胞の生まれ変わりのこと。一定の周期で新しく生まれた細胞が皮膚表面まで押し上げられ、はがれ落ちるまでのことを指し、平均的な周期は約28日間とされる。この周期が乱れると、肌トラブルが起こりやすくなる。 ●ホルモンバランス 体にはさまざまなホルモンが存在し、体の状態を一定に保つため、必要なときに必要な量が分泌されている。しかし、ストレスや睡眠不足などでホルモンの分泌量が少なくなったり、多くなったりして、ホルモンバランスが乱れると、体に不調が現れる。


商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。