> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > おとなのしみ研 > おとなのいぼ研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

おとなのにきび研

にきびの部位ごとの原因とケア : 背中篇

水着姿に自信が持てるように
背中"にきび"を何とかしたい!

背中にできたポツポツとしたにきびが気になって、水着や背中のあいた洋服が着られないということはありませんか? 自分では見えないところだから、どうなっているかが気になりますよね。ここでは、背中"にきび"の対策法についてお教えします。 ※この画像は、にきびができる部位を表現したイメージ画像です。にきびの症状を表現したものではありません。

1. 治りにくく厄介な背中"にきび"

意外に思われるかもしれませんが、背中はにきびができやすい場所です。皮脂腺(※)が多いこと、汗をかきやすいこと、顔などに比べて皮膚が厚いことなどから、皮脂が毛穴に詰まりやすく、にきびができやすいといわれています。 また、背中ににきびができていても見えないために、痛くなってから初めて気づくことも多いでしょう。炎症が進んでしまっている場合は、症状が長引いてしまうかもしれません。 このように、背中"にきび"は一度できてしまうと、治りにくいので厄介です。

2. 洗い残しが原因のひとつ

また、自分で見ることができないため、背中をしっかり流したつもりでもシャンプーやボディソープをきちんと落とせていない場合があります。こうした洗い残しがにきびの原因になります。一方で、汚れをしっかり落とそうとして、浴用タオルやボディブラシなどを使って強く洗うと、背中に強い刺激を与えてしまいます。強い刺激は、にきびを悪化させてしまうこともあるので、注意が必要です。

3. ケアしづらい場所だから、悪化しやすい! 

背中は手が隅々まで届かないので、きちんとケアできない場合が多くあります。 汚れや古い角質を取り切れずに毛穴に詰まった状態が続くと、炎症が起こりやすくなり、にきび跡が残ってしまいます。
さらに、背中はふだんから下着や洋服などで覆われているために、通気性が悪く、蒸れやすい場所です。汗をかいてもシャワーを浴びるまで下着を替えることが難しく、汗を吸ったままの下着で長時間過ごすと、アクネ菌(※)が繁殖しやすい状態になります。アクネ菌が増えてしまうと、炎症が起こりやすくなるので、汗をかいたらこまめに拭くことが大切です。

4. バスタイムを有効活用しよう

背中"にきび"対策としておすすめなのが、使用するボディソープや石けんなどの見直しです。体を洗うときに、殺菌作用のある薬用ボディソープを使って清潔に保つようにしましょう。このとき、刺激が強くなってしまうナイロンタオルなどの使用を避け、肌触りがやさしい綿タオルを使って、やさしく洗い流すようにしましょう。さらに、ケアしづらい場所なので、角質をやわらかくしてピーリング(※)しやすくする石けんを使うのがおすすめです。ピーリングによって、肌のターンオーバー(※)が整い、皮脂が詰まりにくくなります。

用語解説

●皮脂腺 毛穴に存在し、皮脂を分泌する器官のこと。男性ホルモンが多くなると、皮脂分泌が過剰になる。 ●アクネ菌 常に皮膚に存在し、皮膚の健康に関係するといわれる細菌のひとつ。空気があると生きられない(嫌気性細菌)ため、毛穴の奥などに存在し、皮脂や汚れを栄養源として増殖する。 ●ピーリング 古い角質を取り除くこと。ピーリングを行うと肌のターンオーバーが整いやすくなる。 ●ターンオーバー 表皮細胞の生まれ変わりのこと。一定の周期で新しく生まれた細胞が皮膚表面まで押し上げられ、はがれ落ちるまでのことを指し、平均的な周期は約28日間とされる。この周期が乱れると、肌トラブルが起こりやすくなる。


商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。