> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > おとなのしみ研 > おとなのいぼ研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

おとなのにきび研

にきびの部位ごとの原因とケア : 顎篇

治りづらい
顎"にきび"を何とかしたい!

顎周りは目立つので、にきびができてしまうと憂うつになりますよね。気になってしまい、ついつい触ってしまうために、治りづらくなることも。ここでは、顎"にきび"の原因とその対処法について見ていきましょう! ※この画像は、にきびができる部位を表現したイメージ画像です。にきびの症状を表現したものではありません。

1. 皮脂の詰まりが原因かも!?

顎の周辺は汗腺(※)が少ないので、乾燥しやすい場所です。その一方で、皮脂腺(※)が多くあるため、皮膚の水分不足を補おうとして皮脂分泌が過剰になります。そうなると、毛穴に皮脂が詰まりやすくなるので、意外とにきびができやすい場所でもあります。また、炎症が起こって症状が悪化しやすいといわれる場所で、一度にきびができてしまうと、治りづらかったり、再発しやすかったりする場合が多いようです。

2. 生理前は要注意!

顎"にきび"の原因に大きな影響を与えているのが、ホルモンバランス(※)の乱れです。皮脂分泌が過剰になりがちな思春期より、ストレスや睡眠不足などでホルモンバランスが乱れやすい大人になってからのほうができやすいといわれています。
とくに女性は、生理などで常にホルモンバランスが変化します。生理前に分泌される黄体ホルモン(※)は皮脂分泌を活発にするはたらきをもつので、黄体ホルモンが多く出てしまうと、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

3. スキンケアにも気をつけて!

にきび対策に欠かせない洗顔ですが、皮脂を取り過ぎるのもよくありません。とくに、顎は乾燥しやすい場所なので、洗顔をし過ぎると皮膚を守っている皮脂がなくなり、乾燥がひどくなります。そうなると肌を守ろうとして、さらに皮脂が過剰に分泌されます。このため、皮脂が詰まりやすくなってにきびの原因になることも。また、手で触ってしまうと、手についている雑菌や汚れが引き金となって、炎症が悪化してしまいます。

4. 顎 "にきび"にはリラックスがいちばん!

顎のにきび対策で大事なことは、ホルモンバランスを整えることです。そのためには、ストレスを感じないように、リラックスすることが大切です。お風呂にゆっくり入ったり、マッサージをしたりするなど、心地良く感じる時間をつくるようにしましょう。また、強くストレスを感じる時期は食生活が偏ってしまい、肌に悪影響を与えることもあるので、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。とくにビタミンB2は皮脂の分泌を抑えるはたらきがあるので、ビタミンB2を豊富に含む納豆やレバーなどを積極的に摂ったり、サプリメントで補給したりするのがおすすめです。
さらに、乾燥しやすい顎のスキンケアでは保湿ケアが大切です。洗顔後、化粧水などでしっかり肌にうるおいを与えましょう。肌のバリア機能(※)が整い、にきびができにくくなります。

用語解説

●汗腺 汗を分泌する器官のこと。 ●皮脂腺 毛穴に存在し、皮脂を分泌する器官のこと。男性ホルモンが多くなると、皮脂分泌が過剰になる。 ●黄体ホルモン 女性ホルモンのひとつ。生理前に分泌されるホルモンで、妊娠を助けるほか、皮脂の分泌を増やすはたらきがある。 ●ホルモンバランス 体にはさまざまなホルモンが存在し、体の状態を一定に保つため、必要なときに必要な量が分泌されている。しかし、ストレスや睡眠不足などでホルモンの分泌量が少なくなったり、多くなったりして、ホルモンバランスが乱れると、体に不調が現れる。 ●肌のバリア機能 乾燥や外部刺激から肌を守るはたらきのこと。肌にうるおいが保たれているときにバリア機能が発揮される。


商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。