> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > おとなのしみ研 > おとなのいぼ研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

「いぼ」はなぜできる?その原因と対策法おとなのいぼ研

顔・体にできてしまう「いぼ」の原因と対策 :頭のいぼ

ブラシが当たる頭のいぼ(イボ)を
どうにかしたい!

頭にいぼ(イボ)ができると、ブラッシングのときに引っかかってしまったり、シャンプーのときに爪で傷つけたりしてしまうことがあります。ここでは、頭にできるいぼ(イボ)についてご説明します。

1. いぼ(イボ)は頭にもできる!

髪の毛がたくさん生えているので、頭皮にいぼ(イボ)なんてできるの?と思われるかもしれませんが、頭皮も皮膚の一部であることから、ほかの部位と同様にいぼ(イボ)ができます。
また、頭皮は毛穴が密集しているため、皮脂分泌が多い場所です。こうしたことから、"皮脂分泌が過剰な状態"の意味をもつ「脂漏」という名前がついた、脂漏性角化症ができやすいと考えられています。脂漏性角化症について詳しく説明していきます。

2. しみ(シミ)からいぼ(イボ)へ

脂漏性角化症は、別名老人性いぼ(イボ)と呼ばれ、頭に近い部位のこめかみ付近でよく見られます。"老人性"といわれる理由は、加齢による皮膚の老化が原因のひとつと考えられているからです。健康な皮膚では、一定周期を経て細胞が生まれ変わります。これをターンオーバー(※)といいますが、年齢を重ねることで、細胞の生まれ変わりが滞り、古くなった細胞やメラニン色素が排出されにくくなります。すると、しみ(シミ)が現れるようになり、このしみ(シミ)が少しずつもり上がっていくことで、老人性いぼ(イボ)になるのです。また、老人性いぼ(イボ)は、加齢のほかにも紫外線が一因といわれています。

3. 頭にできてしまったらどうする?

老人性いぼ(イボ)は、放置したままでも問題はありませんが、自然に消えることはありません。また、年齢とともに増えてきり、時間とともに徐々に大きくなったりします。そのほか、老人性いぼ(イボ)は悪性腫瘍と見た目が似ている場合があるので、気になったときは医療機関にご相談ください。医療機関での除去方法は、液体窒素による凍結療法、電気焼灼法、炭酸ガスレーザー治療などがあります。炭酸ガスレーザー治療は、患部にレーザーを当てて、一瞬で患部に含まれる水分を加熱し蒸散させることで、いぼ(イボ)を除去します。患部周辺の血管を一瞬で固めるはたらきもあるので、出血があまりないことも特徴です。

4. 頭皮用オイルで保湿ケアを

頭のいぼ(イボ)には、紫外線対策が有効です。顔や腕のように日焼け止めを塗ることができないので、帽子や日傘で紫外線をしっかり防ぐことがポイントです。また、頭皮が乾燥すると、肌のバリア機能(※)が低下することがあります。そうなると、紫外線の刺激を強く受けてしまう場合もあるので、頭皮用のオイルやローションなどで保湿ケアをしっかり行いましょう。

※いぼ(イボ)は、良性のものがほとんどですが、まれに悪性の場合もあります。いぼ(イボ)を見つけたら、自分で判断せずに医師・薬剤師にご相談ください。

用語解説

●肌のバリア機能 乾燥や外部刺激から肌を守るはたらきのこと。肌にうるおいが保たれているときにバリア機能が発揮される。 ●ターンオーバー 表皮細胞の生まれ変わりのこと。一定の周期で新しく生まれた細胞が皮膚表面まで押し上げられ、はがれ落ちるまでのことを指し、平均的な周期は約28日間とされる。この周期が乱れると、肌トラブルが起こりやすくなる。


商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。