熱中症は軽いうちに、飲んで治す。日本の暑さに、サマレスゼリー

商品情報

このような方に

  • ・口の渇きを感じる
    軽い熱中症に
  • ・体が弱り、
    余熱感が去らない方に
  • ・肌が熱く感じる方に
    など

効能

  • 体力虚弱で、かぜが治りきらず、たんが切れにくく、ときに熱感、強いせきこみ、口が渇くものの次の諸症:からぜき、気管支炎、気管支ぜんそく、口渇、軽い熱中症

成分・用法・用量など

成分

成人1日の服用量3包(1包20g)中
竹葉石膏湯エキス・・・2,000mg
〔チクヨウ・カンゾウ各1.0g、セッコウ5.0g、ハンゲ2.0g、バクモンドウ・コウベイ各3.0g、ニンジン1.5gより抽出。〕 添加物として、クエン酸Na、カラギーナン、安息香酸Na、パラベン、プロピレングリコール、dl-リンゴ酸、キサンタンガム、カロブビーンガム、シクロデキストリン、白糖、スクラロース、タウマチン、香料、エタノール、バニリンを含有する。

用法・用量

1日3回食前又は食間に口の中でゼリーをくずして服用。
成人(15才以上)及び7才以上の小児・・・1回1包
7才未満は服用しないこと

分類

第2類医薬品/漢方製剤

剤形

ゼリー剤

内容量

20g×4包(1.3日分)

サマレスゼリーの値段・成分を
詳しく見る

熱中症に効く漢方薬

漢方では、熱中症トラブルは「中暑(ちゅうしょ)」による症状だと考えられています。「中暑」とは、邪気(病を引き起こすもの)のうちの「暑邪(しょじゃ)」と呼ばれる夏の暑さの邪気が原因によって引き起こされます。

詳しく知る

よくある質問

Q.軽い熱中症とはどのような症状のことをいいますか?また、サマレスゼリーで対処できるか、直ぐに医療機関を受診したほうが良いかの判断基準は、何ですか?

A.熱中症の重症度分類で症状は3段階に分けられており、本薬の対応範囲は、重症度Ⅰ度(軽い熱中症)です。代表的な症状は、大量の発汗、めまい・立ちくらみ、筋肉痛・こむら返りです。なお、手足がしびれる、気分が悪い、ボーっとするなどを感じる場合もあります。それ以上の重症度の症状の場合は、直ちに医療機関を受診してください。

Q.サマレスゼリーとは、どのような薬ですか?

A.漢方処方「竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)」のゼリー剤です。軽い熱中症や口渇の効能があります。飲みやすいプラム風味で、7才以上からお飲みいただけるお薬です。

Q.「からぜきに服用する場合は、5~6日間」とありますが、軽い熱中症の場合は、どのくらいを目安に飲んだら良いですか?

A.服用とともに、涼しい場所へ移動する、からだを冷やす、水分・塩分を補給する等の処置も行ってください。
一概には言えませんが1~2回服用いただき様子を見ていただき、改善が見られない場合は、医療機関を受診してください。

一覧で見る

CM