かぜを早く治すためのひきはじめのひきはじめ研究室

風邪(かぜ)をひいてしまったら体温を上げてウイルスと戦おう

かぜをひくと体温があがるのはなぜ?

発熱しているのは身体の中で免疫細胞がウイルスと戦っている証拠です。体温を上げて免疫を活性化させ、ウイルスへの攻撃力を高めているのです。通常は、私たちの身体は37℃前後に保たれています。これは、脳にある視床下部が設定した温度(これをセットポイントと言います。)です。ウイルスに感染すると、免疫を活性化させるために、脳の体温を調整する機能が作用して体温を高い温度に設定します。そうすると、脳から身体に発熱するように指令が出されるのです。熱が出る時に悪寒がして震えるのは、筋肉を震えさせて熱を生み出すためです。強いウイルスに感染したときほど、体温は高く設定されると考えられています。だから、一般のかぜよりインフルエンザの方が高熱になるのです。免疫がウイルスを撃退し、免疫vs.ウイルスの戦いが収束すると、体温を調整する機能が通常の37℃前後に下げます。熱を下げる指令を受けた身体は、発汗して体温を下げようとするのです。高熱が出た後に汗をかくのはこのためです。

通常の発熱経過

かぜを長引かせないためには体温を上げるといいの?

かぜをひいて熱が出ることは、自然な反応という事はお分かりいただけたかと思います。しかし実際に高熱の状態になると、体力を消耗し辛いものです。本来ウイルスと戦っている免疫細胞を活性させるための発熱ですが、高温が続くと、その発熱で激しく体力を消耗してしまいます。
かぜの症状を長引かせないためには、上手に体温を上げるのがポイントです。体温が上昇すると、免疫力が活性化されると言われています。ですから、かぜのひきはじめのひきはじめの段階で、身体を温めて免疫力をアップすれば、ウイルスが体内深くに侵入し脳の体温の調整機能が発熱を促す前に、いちはやくウイルスを撃退することができるのです。悪寒など、身体の異変を感じたら、身の回りを温かく保つことを心がけましょう。身体を温めてくれる葛根湯などの漢方薬もかぜに効果があります。葛根湯には、発汗していない人の身体を温めて、発汗させることで解熱効果も期待できます。漢方の力を借りることも、効果的なかぜの治し方と言えます。

かぜを長引かせないためには体温を上げるといいの?