タイミングと症状で選んで、あなたのかぜをもとから治す。

みんなで知る!かぜと症状別「クラシエの漢方 かぜシリーズ」の使い分け

麻黄湯

クラシエの漢方
かぜシリーズ

麻黄湯

まおうとう

第2類医薬品
comingsoon

効能

体力充実して、かぜのひきはじめで、さむけがして発熱、頭痛があり、せきが出て身体のふしぶしが痛く汗が出ていないものの次の諸症:感冒、鼻かぜ、気管支炎、鼻づまり

こんな時・こんな方に

かぜのひきはじめでさむけが強く、熱が高いとき / かぜのひきはじめで、体の節々が痛いとき / 運転する方、受験生など薬を服用して眠くなっては困る方

麻黄湯とは

「麻黄湯」は、漢方の古典といわれる中国の古典医学書「傷寒論(しょうかんろん)」「金匱要略(きんきようりゃく)」に収載されている薬方で、古くよりかぜの初期症状に用いられています。
麻黄湯は、寒さによって体表(毛穴)が閉じ、体内のエネルギーや栄養の流れが悪くなったため、汗が出ず、さむけやふしぶしの痛みなどが生じているもので、からだを温めて、発汗を促すことで寒さを発散させる作用があります。

構成生薬

ページの先頭へ