> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > おとなのしみ研 > おとなのいぼ研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

顔・体にできてしまう「しみ」の原因と対策おとなのしみ研

顔・体にできてしまう「しみ」の原因と対策 : 背中のしみ

背中のしみ(シミ)は
残りやすい!?

日射しが強い季節に、海やプールなどのレジャーで肌を焼いたあと、気づかないうちに背中に小さいしみ(シミ)がたくさん現れ、数年経ってもなかなか消えずに残ってしまう場合があります。ここでは、自分では気づきにくい背中のしみ(シミ)についてご説明します。

1. まだらにできる背中のしみ(シミ)は?

洋服を着ていることもあり、ふだんは背中に紫外線が直接当たることは、なかなかないでしょう。しかし、暑い季節になると、薄着になったり、海水浴などで背中を出す機会が増えると、紫外線を浴びやすくなります。また、日焼け止めを塗っていても、汗をかいて日焼け止めが流れてしまったり、塗り残しがあったりすると、思っていた以上に背中が焼けてしまうこともあります。強烈な日射しで肌を焼いたあと、両肩から背中にかけて現れるしみ(シミ)は、光線性花弁状色素斑と考えられます。直径数mmから1cmぐらいの大きさで、よく見ると、花びらや金平糖のような形をしています。

2. 急激に肌を焼いたためにできる!?

光線性花弁状色素斑は、強烈な夏の日射しを一気に浴びることが原因と考えられています。紫外線を大量に浴びてしまうと、肌が炎症を起こし、ひどいときはやけどのような状態になって、水ぶくれになることがあります。このあと、炎症が落ち着いてきたころに花びら状に現れるしみ(シミ)が光線性花弁状色素斑です。肌を焼いたあと、1~3カ月経ってから現れることが多いです。

3. 肌が白い人は注意が必要!?

背中のしみ(シミ)は、肌の白い人や日焼けで赤くなる人にできやすいといわれています。しみ(シミ)の原因になるメラニンですが、もともとは紫外線から肌を守るために体内でつくられるものです。肌の白い人は、メラニンをつくり出す量が少なく、肌の黒い人に比べて紫外線から肌を守る力が弱いといえます。そのため、強烈な紫外線を浴びると、紫外線のダメージを強く受けてしまい、しみ(シミ)につながるのです。

4. 背中のしみ(シミ)の対策は?

背中のしみ(シミ)を防ぐには、紫外線が背中に当たらないようにすることがいちばんです。炎天下で出かけるとき、外出前に日焼け止めをしっかり塗るとともに、日傘などを使用して紫外線から背中を守りましょう。
さらに、UVカット加工された素材を使った洋服やインナー類など、紫外線を通さない衣服を選ぶこともポイントです。
海やプールなどで泳いだあとは、塗った日焼け止めが流れ落ちてしまいます。泳ぎ終わったら塗り直すことを忘れずに。また、泳いでいないときはタオルやラッシュガード(※)などで背中を守る、日陰で休むのがおすすめです。
また、背中にしみ(シミ)ができてしまうと、薄くしたり、除去したりするのは難しいといわれています。そういった場合は、医療機関でレーザー治療等を行うのが効果的です。

※しみ(シミ)にはいろいろな種類があり、複数のしみ(シミ)が混合してできる場合があります。症状によって対処法は異なるため、間違ったケアをすると悪化する可能性があります。自分で判断せずに医師・薬剤師にご相談ください。

用語解説

●ラッシュガード ポリエステルなどの薄手の生地でできた、速乾性と伸縮性に優れた水着の上に着るウエアのこと。日焼けやケガから守るために使用されることが多い。


商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。