> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > おとなのしみ研 > おとなのいぼ研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

顔・体にできてしまう「しみ」の原因と対策おとなのしみ研

顔・体にできてしまう「しみ」の原因と対策 : こめかみのしみ

こめかみにしみ(シミ)があると、
見た目年齢が上がる?

メイクをするときに、気になるのがこめかみにできたしみ(シミ)です。小さなしみ(シミ)でも年齢が上に見られてしまいがちです。ここでは、そんなこめかみのしみ(シミ)についてご説明します。

1. こめかみにできるしみ(シミ)はどんなもの?

こめかみにできるしみ(シミ)で最も多いものは、老人性色素斑(日光性黒子)です。茶色や黒っぽい色のしみ(シミ)で、輪郭がはっきりしているために、とても目立ちます。このほか、後天性真皮メラノサイトーシス(ADM:Acquired Dermal Melanocytosis)やかんぱん(肝斑)(※)なども、こめかみにできやすいといわれています。

2. 茶色のしみ(シミ)は老けて見られる!

老人性色素斑の主な原因は、紫外線と加齢です。紫外線を浴び続けることで、メラニンが肌に留まりやすくなるだけでなく、年齢とともに肌のターンオーバー(※)が乱れて、メラニンが排出されにくくなるためにできてしまうのです。さらに、そのしみ(シミ)が盛り上がってきたり、表面がボツボツとしてきたりすると、いわゆる"老人性いぼ(イボ)"と呼ばれる脂漏性角化症に変化することがあります。

3. 青みがかったしみ(シミ)の正体は?

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)は、灰褐色や青みがかった色をしていて、医学的にはアザの一種とされています。左右にできる場合が多く、こめかみだけでなく、まぶたにもできることがあります。ふだん、メラニンは肌のいちばん外側にある表皮に存在しています。しかし、何らかの要因でメラニンが表皮より下の真皮にあることでADMが現れると考えられています。 また、ADMと似ているのが、かんぱん(※)です。左右対称に現れて、もやもやとしみ(シミ)が広がるもので、まれにADMと同時に現れることもあります。

4. こめかみのしみ(シミ)のケアには?

顔の中でもこめかみは、紫外線が当たりやすい場所です。しかし、頬やおでこ、鼻などに日焼け止めをしっかり塗っても、こめかみには塗り忘れてしまうことも。日焼け止めを忘れずに塗ることはもちろん、日傘や帽子なども使用し、日射しに当たらないようにして、紫外線から肌を守ることを心がけましょう。
また、手軽にしみ(シミ)を隠せるアイテムとしておすすめなのが、コンシーラーです。部分ファンデーションとも呼ばれ、ファンデーションで隠しきれない部分に塗ることで、しみ(シミ)を目立たなくします。色は、自分の肌や使用するファンデーションよりも暗めのものを選ぶと上手く馴染みます。
後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)の改善は、真皮にあるメラニンに対処する必要があります。しみ(シミ)を薄くするためには、クリニックなどで行うレーザー治療が効果的です。ただし、かんぱん(※)が同時にできている場合は、注意が必要です。かんぱん(※)にレーザー治療を行うと、症状が悪化する可能性があるからです。どの対処法が適切なのか、まずは医師にご相談ください。

※しみ(シミ)にはいろいろな種類があり、複数のしみ(シミ)が混合してできる場合があります。症状によって対処法は異なるため、間違ったケアをすると悪化する可能性があります。自分で判断せずに医師・薬剤師にご相談ください。

用語解説

●かんぱん(肝斑) 頬骨のあたり、額、口の周りなどに左右対称に現れ、目の周囲を避けて現れる。もやもやと広がり、輪郭がはっきりしていない特徴をもつ。 ●ターンオーバー 表皮細胞の生まれ変わりのこと。一定の周期で新しく生まれた細胞が皮膚表面まで押し上げられ、はがれ落ちるまでのことを指し、平均的な周期は約28日間とされる。この周期が乱れると、肌トラブルが起こりやすくなる。


商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。