漢方薬を選ぶ

せき

目次

あなたのせきの症状をチェック!

なかなか止まらないせきに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この記事ではせきに悩んでいる方へ向けて、せきの種類や原因、おすすめの漢方薬を紹介します。せきのメカニズムを理解して、快適な日常を過ごせるようにしましょう。


からぜき、たんが切れにくい、のどの乾燥感があるタイプ

  • 麦門冬湯のイメージ
  • こんな症状に心当たりはありませんか?

コンコンと乾いたせきが出る、せきこむ方におすすめする漢方処方

麦門冬湯 第2類医薬品

麦門冬湯(ばくもんどうとう)


体力中等度以下で、たんが切れにくく、ときに強くせきこみ、又は咽頭の乾燥感があるものの次の諸症:からぜき、気管支炎、気管支ぜんそく、咽頭炎、しわがれ声



一般的に「せき」に使われる漢方薬
「麦門冬湯」の解説を見る

せきのタイプ

せきとは

せきは、気道に入ってきた異物やたんを外に出す、体の防御反応です。のどの粘膜に細菌やウイルス、花粉などの異物が侵入すると、その刺激が脳のせき中枢に伝わり、反射運動としてせきが出ます。また、のどの粘膜に異物が付着すると、ウイルスなどの異物を排除しようとして、粘膜から粘液が分泌されて、たんになります。たんが増えるとそれを排出するためにせきが出ます。

気道に炎症を起こした場合、たんの粘り気が増し、さらにのどの線毛のはたらきが弱くなるので、たんがのどにからみつきます。

たんがからむ「湿ったせき」は、異物を排出しようとするものなので無理に止めないほうがよいと言われています。

逆に、「からぜき」と言われる、たんが少なかったり切れにくかったりするせきは繰り返すことが多く、体力を消耗しやすいので早めに止めたほうがよいと言われています。


せきを鎮める成分

のどの粘膜に細菌やウイルスが感染して炎症が起こると、その刺激が脳の「せき中枢」に伝わり、反射的にせきが出ます。西洋薬のせき止め薬の「鎮咳成分」は大きく分けて、「せき中枢」にはたらいてせきを鎮める「中枢性鎮咳成分」と、交感神経をはたらかせて気管支を広げることによって呼吸をラクにする「気管支拡張成分」があります。

一方、漢方には鎮咳去痰作用のある処方がありますが、「からぜき」か「たんを伴う」か、「たん」が「薄い」か「濃い」か、「せき」が多いのは朝と夜どちらかに着目して、体力によって使い分けます。

せきに効果的な漢方薬を、具体的に見ていきましょう。

「半夏厚朴湯」は、のどや食道などに何か詰まった感じがするようなせきやしわがれ声に効果を発揮します。

「麦門冬湯」は気道粘膜に水分を与える作用があり、たんの切れにくいせきや、のどが乾燥してからぜきが止まらないという症状に適しています。


せきQ&A 漢方のギモンを解決!

Q せきが長引いたときは漢方薬が効果的ですか?
A 乾いたせきやたんのからむせき、ストレスからくるせきなど、せきにもいろいろな種類があります。西洋薬のせき止め薬は、脳にあるせきを起こさせる部分に作用してせきを抑えます。一方、漢方薬は、刺激の元になっている気管支の状態を改善して、せきを抑えます。そのためせきの性質に合わせて、適した漢方薬を選ぶことが必要です。
Q せきの状態ごとにおすすめの漢方薬を教えてください。
A からぜきが長引いて、切れにくいたんが出る場合には「麦門冬湯」を用います。また、せきが強く、のどが渇いて呼吸が苦しい場合には「麻杏甘石湯」が適しています。「五虎湯」は炎症傾向が強く、黄色いたんを伴うような激しくせき込んでしまう方に効果的です。
その他の漢方に関する疑問をご覧になりたい方はこちら!