美肌キメケアテクノロジー ~キメは口ほどにものを言う~

scroll

整ったキメは健康で美しい肌の証

肌のキメは肌の最表面にあり、肌の状態を物語ります。 キメの整った肌はうるおいに満たされ、変化にも揺るがない。 手触りと見た目を決定づける大切な要素であると考えています。

うるおい なめらかさ 透明感 毛穴が目立たない ハリ キメの整った肌 50.00µm

肌の構造について詳しく知る

大人の肌はキメが乱れがち

大人の女性のさまざまな肌悩みとキメの乱れは、深く関連しています。 肌のキメは、30代から急激に悪化し、40代では最も乱れた状態となります。

年齢によるキメの状態の変化 図 加齢による皮膚表面の凹凸の変化 林 照次、三村邦雄、西島 靖、粧技誌、23、1、43-54(1989)から転載、一部改変

大人の肌は、加齢に加え、紫外線や乾燥などの外的ストレスの影響で、長年ダメージが蓄積し角質層の保水力・バリア機能・ハリ弾力が低下し、肌表面のキメが大きく乱れる原因となっています。 キメの乱れは、“毛穴の開き”、や”ざらつき”、”くすみ”、”化粧ノリの悪さ”など、さまざまな肌悩みの原因となり、見た目や手触りの悪さも引き起こします。 ※くすみ:乾燥による

キメが乱れた肌の断面 加齢 紫外線 乾燥

皮膚科学研究からうまれた「美肌キメ成分Ex」

どんな肌悩みにも、キメはとても重要です。 まずキメを整え、肌を健やかに導くことが大切だと考え、さらに研究を進めました。 そして、キメの乱れの原因を根本から追求し、肌ダメージの負の連鎖を抑える新しいアプローチにたどり着きました。 角質細胞レベルでの研究を重ね、成分を厳選し、「美肌キメ成分Ex」が生まれました。

ビワの葉エキス ハトムギエキス ゆずセラミド (セラミド含有ゆずエキス) シャクヤクエキス

厳選した成分のひとつに「ビワの葉エキス」があります。 紫外線を一年中浴びても、ダメージに打ち勝ち元気に生きる「植物のちから」に着目。 独自の試験方法で、さまざまな成分のキメを整える作用を調べた結果、「ビワの葉」に高い作用があることを見出しました。

枇杷の葉 枇杷は学術名「Eriobotrya japonica」と呼ばれるバラ科ビワ属の常緑高木。 原産は中国南西部で、日本では四国、九州に自生し、多くは果樹として、九州地方、四国地方、和歌山県、千葉県(房総半島)で栽培されています。 ビワの葉の煎じ液を風呂にいれたビワ湯は肌あれにも効果があるといわれています。 江戸時代の川柳には「枇杷と桃 葉ばかりながら 暑気払い」というものがあり、古くから日本人に親しまれてきました。

厳選した「美肌キメ成分Ex」がキメを整えつるんとなめらかで透明感に満ちた肌へ導きます。 ※「美肌キメ成分Ex」は、各商品の特性に合わせて成分を厳選していますので、商品によって配合成分の種類が異なります。

研究員の声

篠原 健志 クラシエ ホームプロダクツ株式会社 ビューティケア研究所 研究員 キメの整った美しい肌を目指して、キメを乱す肌ダメージの根本を追求し、独自の研究を進めてきました。キメの乱れは、内的要因(加齢等)や外的要因(紫外線や乾燥等)により引き起こされますが、大きな影響を与える紫外線に着目し、肌内部(※)で起きている事象を解析しました。 細胞レベルで研究を行った結果、紫外線によりダメージを受けた細胞は周りの正常な細胞にダメージを与える因子を放出しており、それにより引き起こされている負の連鎖がキメの乱れの原因を作っているという、肌ダメージのメカニズムを新たに発見しました。この因子の放出を根本的に抑えることが重要であると考え、肌ダメージをケアする素材の探索を行い、見つけだしました。 ※角質層内