> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > おとなのしみ研 > おとなのいぼ研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

ヨクイニンの話 ヨクイニンはハトムギ由来の生薬! ハトムギの美味しい料理「豆花(トーファ)のハト麦と白きくらげのせ」

美肌を目指したい方へ
保湿効果が高く肌をうるおす「白きくらげ」、体内の水のめぐりを調整する「アガー(あるいは寒天)」、女性ホルモン様作用があると言われる「豆乳」、ミネラル、食物繊維を含む「ハトムギ」の相乗効果で、美しい肌が期待できます。


材料

作り方
  1. ハト麦は30分ほど水(分量外)に浸けてから、たっぷりのお湯(分量外)で30分ほど柔らかくなるまでゆで、冷やしておく。ゆでる段階で、砂糖などで甘味をつけてもOK。
  2. 小鍋にアガーと砂糖を入れてよく混ぜてから、水を加えてよく攪拌する。そこに無調整豆乳を加えて火にかけ、一旦沸騰したら火を止めて、深めの型に入れて冷蔵庫で冷やす。
  3. 白きくらげは水(分量外)でもどしてから一口大に切り、鍋に入れたたっぷりの水(分量外)でゆでて、水気をきり冷やしておく。
    *point:白きくらげは、1時間ほどゆでると食感が軟らかく、とろみがつきます。
  4. シロップは、鍋に水と砂糖を入れ、沸騰させて少し煮詰めたら、火を止めて冷やしておく。
  5. 2の豆乳が固まったら、大き目のスプーンですくって器に盛り付け、1と3をのせて、4のシロップをかける。好みで、フルーツなどを添える。


レシピ制作:谷口ももよさん 薬膳料理研究家。一般社団法人東洋美食薬膳協会代表理事。全日本薬膳食医情報協会 副理事長。薬膳料理教室「Salon de Maman(サロンドママン)」主宰。
「健康は日々の食卓から」と「美食同源」をテーマに、身近な食材で簡単で美味しい薬膳レシピの提案、またヘルシーなお豆腐や野菜を中心としたベジ料理にも精通。著書に『お豆腐×お野菜でつくる美人薬膳ごはん』(キラジェンヌ)等、多数。

ヨクイニンタブレット
■効能
皮膚のあれ、いぼ
■成分
成人1日の服用量18錠(1錠120mg)中
ヨクイニンエキス・・・1,500mg [ヨクイニン19.5gに相当]
添加物として、アメ、二酸化ケイ素、クロスCMC-Na、
ステアリン酸Mg、セルロースを含有する。
※使用上の注意を守ってお使い下さい。
■用法・用量
1日3回食前又は食間に、水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)・・・1回6錠
15才未満7才以上・・・1回4錠
7才未満4才以上・・・1回3錠
4才未満3才以上・・・1回2錠
3才未満・・・服用しないこと

商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。