漢方薬を選ぶ

冷え症

目次

あなたの冷え症のタイプをチェック!

冷え症は女性特有のものと思われがちですが、昨今では生活習慣の変化に伴って、老若男女問わず冷えを感じる人が増えています。西洋医学では病気として扱われない冷え症の改善には、漢方薬が役立ちます。冷えを感じる部位などをチェックして、漢方薬を選ぶようにしましょう。「どこが、どのように冷えるか」、「漢方セラピー」ではおすすめの処方を用意しています。まずはあなたの冷え症の状態をチェックしてみましょう。


末梢冷えタイプ

  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯のイメージ
  • こんな症状に心当たりはありませんか?

就寝時などに足や指先が冷えるつらい冷え症におすすめする漢方処方

当帰四逆加呉茱萸生姜湯 第2類医薬品

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)


体力中等度以下で、手足の冷えを感じ、下肢の冷えが強く、下肢又は下腹部が痛くなりやすいものの次の諸症:冷え症、しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛、下痢、月経痛



一般的に「冷え症」に使われる漢方薬
「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」の解説を見る

冷え症の原因は?

体温とは

“体の調子が悪いと思ったら熱を測る”“プールに入る前は熱がないか確認する”というように、私たちは日常生活のなかで体温を測ることがあります。これは、体温が人の体調を把握するうえでとても重要な目安になっているという現れです。
人の体温は、脳にある体温調整中枢によって管理されています。体温がつくられるのは、筋肉が一番多く、肝臓、胃腸と続きます。つくられた熱は血液によって全身に運ばれます。たとえば、スポーツやウォーキングをすると体が熱くなりますよね。これは体の筋肉を動かすことで熱がつくられ、体温が上昇しているためです。また、寒いときにガタガタ震えるのは、筋肉を動かして体温を上げようとしているからです。体温は常に一定ではなく、さまざまな要因により、上がったり下がったりします。たとえば、かぜをひくと免疫力を高めるために体温が上がります。
こうした変化に対応できるように、私たちの体は体温を調節するシステムを持っています。暑いときは汗をかいて熱を逃がすことで体温を下げようとし、逆に、寒いときは毛穴を閉じて熱の発散を防いだり、筋肉をふるわせたりして熱をつくり体温を上げようとする力です。
この体温調節のシステムに異常が起こると、私たちの体にとって大きな影響があります。とくに、体温が下がると、体の機能がうまくはたらかなくなり、ときに命の危険にもなりえます。体温の調節は体にとってとても大切なことなのです。


冷え症ってどんな状態?

「冷え症」とひとことでいってもさまざまな冷えのタイプがあります。体全体が冷えている場合はもちろん、体は温かいのに手足だけジンジンとかじかむほど冷えている、顔はほてっているのに手は冷たいなど、体温のバランスがとれていない場合も「冷え」の状態です。
西洋医学では、「冷え症」という病名はないため、その治療もしっかりとなされないことも少なくありません。また、「冷えているのは体質だから仕方がない」と諦めている方が多いのが実状です。しかし、「冷えは万病のもと」。何もしないで放置しておくと、頭痛や肩こり、むくみ、不眠など、より多くの体の不調をまねいてしまいます。とくに女性は男性に比べて筋肉量が少ないために基礎代謝も小さく、冷えの症状が現れやすいので要注意。月経不順や生理痛、不妊症といった女性特有のトラブルにつながってしまいます。

冷え症ってどんな状態? イメージ

なぜ冷えるの?

冷える原因はいくつか考えられますが、血液の流れが悪くなっている、いわゆる「血行不良」が主な要因と考えられています。たとえば、冷房が効いている場所に長時間いたり、体を締め付ける服を着たり・・・というような生活は、「血行不良」をまねきます。私たちは普段の生活のなかで、知らず知らずのうちに冷えの原因をつくっているのです。また、ストレスも冷えの大敵です。ストレスを受けると、自律神経が乱れて血液の流れが悪くなり、それにより冷えが起こると考えられます。





冷え症Q&A 漢方のギモンを解決!

Q 体を冷やさないために日頃から気をつけることを教えてください。
A 過度な薄着、体を締め付ける下着などは避けるようにしましょう。女性は体の中心部に血液が集まりやすいので、おなかを温めると冷えが改善されることがあります。また、動脈が4本通っている首を温めるのも、全身を温かくするコツです。
その他の漢方に関する疑問をご覧になりたい方はこちら!