漢方薬名解説

一般的に「冷え症」に使われる漢方薬

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

目次

「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」はこんな方に!

末梢冷えタイプ

  • 汗をかきにくく、寒いのが苦手という方
  • 冷えると、ジンジンと痛みを感じる方
  • 冷房の下にいると気分が悪くなる方

「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」はどんなふうに効くの?

「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)」は、体を温め熱をつくるのを手助けして、手足など末梢を温めるとともに、体の内部にもはたらき、冷えによる諸症状を改善する効果があります。

配合されている生薬は?

  • 当帰(とうき)
  • 桂皮(けいひ)
  • 芍薬(しゃくやく)
  • 木通(もくつう)
  • 細辛(さいしん)
  • 甘草(かんぞう)
  • 呉茱萸(ごしゅゆ)
  • 大棗(たいそう)
  • 生姜(しょうきょう)

漢方的考え方で冷え症を分析

「血(けつ)」が温かいのは、「気」がいっしょに流れているからです。「血(けつ)」が流れるためには、「気」が必要です。その「気」「血(けつ)」が一体になって流れているから温かいのです。それらがいっしょにあって、「気」のめぐりと「血(けつ)」のめぐりが良ければ、体は温かい状態でいられます。しかし、何らかの原因により、「気」や「血(けつ)」が不足すると、体は冷えてきます。


漢方用語解説
目に見えないが人の体を支えるすべての原動力のようなもの
全身の組織や器官に栄養を与えるもの
瘀血
血のめぐりが悪くなった状態


症状・悩みから選ぶ‐「冷え症」

漢方薬での冷え症の治し方

西洋医学には冷え症という病名はなく、体が冷える体質のことを「冷え症」と表します。そのため、治療には血管を拡張するビタミン類などが処方されます。

一方、漢方では、冷えを病気と考え、体の中から治していきます。たとえば、「気」が不足している場合は、「気」を補いながら、熱をつくり出す力を助ける治療を、「血(けつ)」が滞っている場合(瘀血)は、「血(けつ)」のめぐりを良くするような治療を行います。

冷えの原因にはたらきかけ、足りないものを補ったり、めぐりを良くしたりすることで、冷えを改善します。

「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)」は、手足の冷えを感じている方の、頭痛、腰痛、下腹部痛などの痛みを緩和します。また、寒冷が引き金で発生するしもやけにも効果があります。


「冷え症」関連商品一覧へ