医食同源薬膳レシピ

冷え症が気になる方のレシピ

冷え症が気になるときにうれしいレシピ。主食、主菜、副菜、スープをセットした薬膳セットメニューをご紹介します。

主菜
とくに手足の冷えが気になる・・・
豚肉の色々野菜巻き
豚肉の色々野菜巻き イメージ
セットメニュー
  • プーアール茶ごはん イメージ
    主食
    プーアール茶ごはん
  • 簡単らっきょうのピクルス イメージ
    副菜
    簡単らっきょうのピクルス
  • ほうれん草と黒木耳の補血スープ イメージ
    スープ
    ほうれん草と黒木耳の補血スープ

このセット・メニューの中心となる食材は「豚肉」です。
「冷え症」を解消するには、もちろん体を温める作用が必要ですが、もう一つ「血の不足」という問題もあります。つまり、ただ「温める力」が不足して冷えているのではなく、「血が不足」することでも冷えているのです。そこでこのセット・メニューでも、温める食材だけでなく、「豚肉」のように「血を補う作用」をもつ食材を使っています。

ご存知ですか?
手足が冷える、末梢冷えの方に
「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」

主菜
下半身の冷えと顔ののぼせが気になる・・・
スズキのサフランスープ仕立て
スズキのサフランスープ仕立て イメージ
セットメニュー
  • あおさのペペロンチーノ イメージ
    主食
    あおさのペペロンチーノ
  • ミックスビーンズサラダ イメージ
    副菜
    ミックスビーンズサラダ
  • エビのアメリケーヌ豆乳スープ イメージ
    スープ
    エビのアメリケーヌ豆乳スープ

このセット・メニューの中心となる食材は「にんにく」です。
「体の中に冷たい水が溜まり、その影響で血のめぐりも悪い状態」にある人は、「まず体を温めて水を通し、水の排出を促し、さらに血も通す」という作業が必要です。そこでこのセットでは4品中3品で「にんにく」を使い、「体を温めて水や血の通りを良くする作用」をつくり出しています。メニューごとのさらにほかの食材を合わせ、「にんにく」の作用を強めています。

ご存知ですか?
下半身は冷えるのに顔はのぼせる、冷えのぼせの方に
「桂枝茯苓丸」

主菜
貧血と足腰の冷え、むくみが気になる・・・
ぶりの醤油麹包み焼き
ぶりの醤油麹包み焼き イメージ
セットメニュー
  • 黒米とトウモロコシごはん イメージ
    主食
    黒米とトウモロコシごはん
  • イカときゅうりの和えもの イメージ
    副菜
    イカときゅうりの和えもの
  • ニラとわかめの澄まし汁 イメージ
    スープ
    ニラとわかめの澄まし汁

このセット・メニューの中心となる食材は「ぶり」です。
「ぶり」には、2つの不足を同時に強める作用があります。どんな不足を補うのかというと、「血の不足」と「内臓を動かす力の不足」です。薬を飲んでいるときは、薬の作用を邪魔しない食生活を送ることが大切!それが、中国医学の考えです。薬の作用に寄りそう食材をぜひお試しください。

ご存知ですか?
貧血でむくみやすい、足腰冷えの方に
「当帰芍薬散」