漢方薬名解説

一般的に「女性の悩み」に使われる漢方薬

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

目次

女性の悩みに関するほかの漢方薬を見る

女性特有のお悩み(月経異常や冷え症など)の改善に効果的な漢方薬

「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」は、足腰が冷える方、生理不順がある方などにおすすめです。

血液は全身をめぐって、栄養素や酸素などを運んでいます。漢方の考え方にも、全身をめぐってからだに栄養を与えるものがあり、「血(けつ)」と呼ばれています。ちなみに、「血(けつ)」と血液は、ほぼ同じ概念で、栄養素を全身に巡らせるはたらきがあります。

漢方では、約28日の間に目には見えない生命エネルギーである「気」の力を使って全身から「血(けつ)」を集めることで、生理が起こると考えます。「血(けつ)」を集めるためには、「血(けつ)」が正常に体を流れていること(流れ)と「血(けつ)」が十分にあること(量)が必要ですが、生命エネルギーである「気」の流れが滞って「血(けつ)」も滞ってしまったり、「血(けつ)」の量が十分でなかったりすると、生理が正常に起こらなくなると考えられるのです。

「血(けつ)」の量が少ない、もしくは薄い人は体のすみずみまで栄養素や熱が行き届きません。その結果、冷えや生理が遅れるなどの症状が現れます。また、大切な「血(けつ)」がうまく体中をめぐらなくなると、水分代謝も悪くなり、体の余分なところに水分がたまり、その水分が体を冷やして冷えを引き起こします。

漢方薬の「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」は、全身に大切な栄養素を与え、血行を良くするのと同時に、水分代謝を整えることで余分な水分を体からとり除いて、足腰の冷え症や生理不順を改善します。

効能・効果

体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの次の諸症:月経不順、月経異常、月経痛、更年期障害、産前産後あるいは流産による障害(貧血、疲労倦怠、めまい、むくみ)、めまい・立ちくらみ、頭重、肩こり、腰痛、足腰の冷え症、しもやけ、むくみ、しみ、耳鳴り

配合生薬(成分・分量)

成人1日の服用量3包(1包1.65g)中
当帰芍薬散エキス(3/4量)…3750mg
〔トウキ・センキュウ各2.25g、ブクリョウ・ビャクジュツ・タクシャ各3.0g、シャクヤク4.5gより抽出。〕
添加物として、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロースを含有する。


成分に関連する注意

本剤は天然物(生薬)のエキスを用いていますので、顆粒の色が多少異なることがあります。

用法・用量

次の量を1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。

年齢 1回量 1日服用回数
成人(15才以上) 1包 3回
15才未満7才以上 2/3包
7才未満4才以上 1/2包
4才未満2才以上 1/3包
2才未満 1/4包

用法・用量に関連する注意

小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

注意点・副作用

使用上の注意
  • してはいけないこと
    (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
    次の人は服用しないでください
    生後3カ月未満の乳児
  • 相談すること
    1. 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
      (1)医師の治療を受けている人
      (2)胃腸の弱い人
      (3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
    2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
      皮膚 発疹・発赤、かゆみ
      消化器 食欲不振、胃部不快感
    3. 1カ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限の過ぎた商品は、服用しないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する時は、袋の口を折り返して保管し、2日をすぎた場合には服用しないでください。

製品情報

【「クラシエ」漢方当帰芍薬散料エキス顆粒S】
【クラシエ当帰芍薬散錠】

当帰芍薬散 第2類医薬品

「当帰芍薬散」の詳細を見る
足腰の冷え、貧血や生理不順の方におすすめの漢方薬です。


「女性の悩み」の商品を見る

よくある質問

Q 服用して効果が出るまでにどれくらいの時間がかかりますか?
A 効果が出るまでの期間は、体質や症状によりさまざまです。用法・用量を守ってお飲みいただき、1カ月位服用しても症状がよくならない場合は、服用を中止し、医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
Q 妊娠中や授乳中でも服用できますか?
A 薬の種類、服用期間、お母さん及び赤ちゃんの状態などを総合的に考慮する必要があります。服用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
Q 更年期障害に有効ですか?
A 不定愁訴の治療は漢方治療が得意とするところです。「当帰芍薬散」は、体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向があり疲労しやすい方の更年期障害、むくみ、足腰の冷え症などに効果があります。
Q ビタミンE剤といっしょに飲んでも大丈夫ですか?
A 漢方薬は冷えの原因に対処して治療しますが、併用される場合は、服用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
Q 冷え症の人はほかにどんな症状がありますか?
A 「冷えは万病のもと」でさまざまな症状をもたらします。比較的多いのは、肩こり、むくみ、疲れやすい、便秘や下痢などで、女性では月経痛も多いです。
Q 副作用について教えてください。
A 著しく胃腸の弱い人は、胃腸障害を起こすことがあります。このような人は、服用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。