漢方薬名解説

一般的に「女性の悩み」に使われる漢方薬

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

目次

生理トラブルなど女性特有の症状に有効な漢方薬

生理前になると、女性の体は生理のために、「気」の力を使って全身から「血(けつ)」を集めます。しかし、「気」や「血(けつ)」が滞っている状態だと、体の中で「気」「血(けつ)」の渋滞が起こってしまい、便秘や下腹部痛が起こったり、イライラや精神不安を感じたりします。さらに「気」の滞りによってのぼせが起こったりします。

「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」は、「気」「血(けつ)」の流れを良くして、生理前や生理中に起こりがちなこうした症状を緩和します。また、痛みを緩和するため、生理痛にも効果が期待できます。

効能・効果

体力中等度以上で、のぼせて便秘しがちなものの次の諸症:月経不順、月経困難症、月経痛、月経時や産後の精神不安、腰痛、便秘、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)、痔疾、打撲症

配合生薬(成分・分量)

成人1日の服用量3包(1包1.2g)中
桃核承気湯エキス(1/2量)…1250mg
(トウニン2.5g、ケイヒ2.0g、ダイオウ1.5g、カンゾウ0.75g、無水ボウショウ0.5gより抽出。)
添加物として、ヒドロキシプロピルセルロース、乳糖、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコールを含有する。


成分に関連する注意

本剤は天然物(生薬)のエキスを用いていますので、顆粒の色が多少異なることがあります。

用法・用量

次の量を1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。

年齢 1回量 1日服用回数
成人(15才以上) 1包 3回
15才未満7才以上 2/3包
7才未満 服用しないこと

用法・用量に関連する注意

小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

注意点・副作用

使用上の注意
  • してはいけないこと
    (守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
    1. 本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください
      他の瀉下薬(下剤)
    2. 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください
  • 相談すること
    1. 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
      (1)医師の治療を受けている人
      (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
      (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
      (4)胃腸が弱く下痢しやすい人
      (5)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
    2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
      皮膚 発疹・発赤、かゆみ
      消化器 はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛
    3. 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
      下痢
    4. 1カ月位(便秘に服用する場合には5~6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
    5. 本剤の服用により、予期しない出血があらわれた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限の過ぎた商品は、服用しないでください。
(5)1包を分割した残りを服用する時は、袋の口を折り返して保管し、2日をすぎた場合には服用しないでください。

製品情報

【「クラシエ」漢方桃核承気湯エキス顆粒】

桃核承気湯 第2類医薬品

漢方セラピー「桃核承気湯」
便秘がちな方の生理痛、生理時の精神不安でお悩みの方におすすめの漢方薬です。


「女性の悩み」の商品を見る

よくある質問

Q 服用して効果が出るまで、どのくらいの時間がかかりますか?
A 効果が出るまでの期間は、体質や症状によりさまざまです。用法・用量を守ってお飲みいただき、1カ月位(便秘に服用する場合には5~6日間)服用しても症状が良くならない場合は、服用を中止し、医師、薬剤師または登録販売者にご相談ください。
Q 生理前のイライラにも効果がありますか?
A 月経時の精神不安にも効果があります。「気」や「血(けつ)」が滞っている状態だと、便秘や下腹部痛が起こったり、イライラや精神不安を感じたりします。「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」は、「気」「血(けつ)」の流れを良くして、生理前や生理中に起こりがちな症状を緩和します。