新卒採用

研究所見学 ホームプロダクツ

深い議論や試行錯誤を重ねながら生み出される
シャンプーや基礎化粧品などの日用品。
そのこだわりをぜひご覧ください!

Image 1

クラシエホームプロダクツの研究所へようこそ!横浜にある研究所で、シャンプーや化粧水などすべての製品の開発がおこなわれています。

Image 1

シャンプーの原料は、液体、固体と様々。多様な選択肢の中からベストな組み合わせ、分量を見つけ出します。

Image 1

洗浄成分、保湿成分、香料などを加え試作品を作成。実際に髪を洗い、指どおりやツヤ、香りなど官能評価を行います。洗い方でも差が出るので美容師による指導で洗い方も均一化しています。中には自ら被験者としてブリーチし、髪を傷めてシャンプーの修復効果を検証したた熱血社員も...。

Image 1

トリートメントの開発中。様々な原料を混ぜています。

Image 1

コンディショナーの開発中。シャンプーやコンディショナーを開発しているエリアは、甘い香りが漂っています。

Image 1

化粧水や乳液の試作品が並ぶテーブルが随所に。数多くのトライ&エラーの中から、新たな商品が生み出されます。

Image 1

それぞれ一定の温度を保った部屋にサンプルを入れて、変質しないか実験が行われています。ここをクリアしたものだけが商品化を許されます。

Image 1

皮膚の細胞を培養したものに、薬液をかけて、皮膚へどのような効能があるのかを調べます。シミやシワなど皮膚の悩みは尽きることがありません。悩みに対する新たなメカニズム解明のためにチャレンジは続きます。

Image 1

クラシエ全ての商品の容器とサンプルの容器がたくさん詰まった引き出しが並ぶ、容器の実験エリアです。

Image 1

詰め替えパッケージの使いやすさの検証中。老若男女あらゆる人が日常で使うものだからこそ、中身だけでなく、見た目や使いやすさの研究開発も重要です。

Image 1

中身が詰まった状態で落下させて、容器の耐久性を確認。壁に定規、床にはコンクリートが設置されています。

Image 1

新しい原料の成分分析、また、商品の品質保証の為に、液体クロマトグラフィーや、ガスクロマトグラフィーにかけて、それらがどのような組成で成り立っているのか調べます。

Image 1

ガラス張りの部屋の中で、チームの定例ミーティングに遭遇!それぞれの実験結果を共有し情報交換することで思わぬ糸口が見つかることも多いです。

Image 1

クレンジングの効果検証中。皮膚を拡大してメイクが残っていないか、肌のきめの変化などを確認します。