Kracie

研究開発ニュース

クラシエホームプロダクツ株式会社
学会発表

現在、様々なシワの評価方法が存在しているが、これらは被験者・測定者両方に制限や負担のある方法である。そこで、本研究では日常で目にするシワをより簡便に評価できる方法の開発を試みた。その結果、VISを用いることで、家庭用デジタルカメラで撮影したシワも高感度で評価できることがわかった。この方法は動画像にも適用できるため、表情の動きに伴うシワの変化まで評価することができる。本研究においては、ナイアシンアミドの連用により、笑顔のときのシワまで改善することを明らかにした。このように、特殊な機材がない環境でも、日常生活におけるシワを高感度で簡便に評価できる、有用な手段が確立できた。

学会・雑誌

IFSCC2021
カンクン(メキシコ)