漢方療法推進会 こころとからだに自然の力

漢方について

漢方ってすばらしい! ~10分で読める 漢方医学コラム~

東洋医学の主役といえる漢方。今、多くの医療機関で漢方薬が処方されるなど、東洋医学の可能性について大きな期待が寄せられています。この秘めたるパワーをもった漢方のことをもっと知りたいという方へ贈る、10分で読める漢方コラムです。

― 第1回 ―

怖い動脈硬化、心筋梗塞……にならないための漢方養生法

上海中医薬大学附属日本校
医学博士 矢尾 重雄

血液と血管の状態が健康のカギ

血管は生命を維持するための物質輸送ルートといえます。血管内の血液は物質輸送の「クルマ」、そして、この「クルマ」の動力は血圧です。

血管は全身を隈なく巡っており、その中を流れる血液によって、さまざまな細胞、組織に酸素や栄養が供給されています。そこで代謝された二酸化炭素や老廃物は、それらを排泄する器官へ運ばれていきます。人間の身体は約37兆個の細胞からなり、ほとんどの細胞がこうした血液から栄養を受け取っています。その血液が通る血管の長さは、地球の2周以上の約9万kmにもなり、血管内腔の総面積はテニスコート換算で約6面にも相当する3000平方メートルに達するといわれています。

物質輸送の動力となる血圧は、心臓が収縮して血液を押し出すときに高くなり、拡張して血液の流れが緩やかなときは低くなります。また、心臓が血液を押し出す力(拍出量)が増えたり、血管の収縮および動脈の硬化などで血管の抵抗が大きくなったりすると血圧は上がります。さらに、腎臓や中枢神経や自律神経、内分泌系の副腎ホルモンや食塩など多くの因子によっても調節されています。

血液の質と血管の状態を常に良くしておくことは健康にとって何よりも大切です。この血液と血管の健康を維持する方法として、運動、メンタルケア、生活習慣、食養、季節に合わせた養生、薬補養(漢方薬など)などがあります。

血管のイメージ

血液と血管の健康を維持する方法

では、肝心の血液と血管の健康を維持するには、どのような方法があるのでしょうか?
ここでは、漢方的な視点からその健康法をとりあげたいと思います。

運動

生命は運動するようにできています。よく鍛えれば体は強くなり、心臓と血管の健康も保たれるようになります。健康的な運動は、とくに血圧調節機能や血管の弾力性維持に大きく影響します。中国には「流れている水は腐らず、たえず動く戸の枢(くるる=回転軸)は虫が食わない。」ということわざがあるように、健康のための運動法にはさまざまあります。一般的な運動法として水泳、ジョキング、テニスなどがありますが、中国には「導引(どういん)」や「五禽戯(ごきんぎ)」、「易筋経(えききんけい)」や「八段錦(はちだんきん)」といった太極拳や気功法があげられます。こうした適切な運動は血液の質を良くし、血管の老化や血圧の異常を防ぐことが証明されています。

太極拳や気功法のイメージ

メンタルケア

「病気」という言葉が「病は気から」を意味するように、肉体的な疾病でも精神的な事柄が大きく影響するということです。精神や情緒の変化は人の生理活動に大きく影響すると考えられます。したがって、こころの動揺が激しい、あるいは過度のストレスが長く続く場合などは、多くの疾病の発生を招くことになります。中国の伝統医学である中医学の養生には「恬(てん)、淡(たん)、虚(きょ)、無(む)」という方法があります。恬は安静にする、淡は愉快になる、虚は虚心担懐(きょしんたんかい:心になんのわだかまりもなく、気持ちがさっぱりしていること)になる、無は欲張るなどの欲をなくすということです。音楽、アロマ、温泉、旅行などストレス改善し、血圧を正常に戻す方法もあります。

中医学のイメージ

生活習慣の改善

すべての生命は時計を付けられています。いわゆる体内時計と呼ばれるものです。健康のためには睡眠、飲食、起居など規則正しい生活をしなさいということです。普段から生活の規律を正しく守ることは健康の基本です。食事を抜いたり、寝る時間を削ったりすると、自律神経や内分泌の乱れを引き起こし、血圧の異常が起こりやすくなります。このような不規則な状態を続けていると生活習慣病や過労死のリスクが増えるのは当然です。食事や睡眠の不規則、また飲水や排泄など体が求める生理を我慢することは結果的に病気を引き起こすことになります。

中医学のイメージ

季節に合わせた養生

人は生き物であり、大自然の一部分です。真夏の暑さで血管は拡張、真冬の寒さで血管は収縮するように、四季の気候変化は必ず体に影響します。自然界の変化に無理なく従うことによって、体内の「気(気=エネルギーといえる精微物質)」は滞りなく巡り、「気」はしっかりと体表を防衛し、邪気(邪気=体にとって悪影響となるもの。たとえば体表部が受ける邪気には、暑、湿、燥、寒、風などの自然界からくる悪い刺激などがある)の侵害を避けることができるということです。中医学には、物事や理を5つの性質に分類して考える五行学説というものがあります。季節については春、夏、長夏、秋、冬の五季に分けます。人においては「春に肝臓を養う、夏に心臓を養う、長夏に脾臓(胃腸など消化器系)を養う、秋に肺を養う、冬に腎臓を養う」という五臓の養生法、および「春と夏には陽を養う、秋と冬には陰を養う」という季節ごとの養生法があります。一年には二十四節気があります。「順時養生(じゅんじようじょう:季節に従い養生する)」は中国の養生医学のなかの一つのきわめて重要な原則であり、言い換えれば延命長寿の秘訣の一つといえます。

体内の「気」のイメージ

食養生

食物の養生は二つの意味をもっています。一つは季節・風土に応じた穀菜果肉などから十分な栄養素の補充をすることです。もう一つは味の性質を知り、酸・苦・甘・辛・鹹(かん:アルカリ性の塩味)の五味など医食同源(病気を治す薬と食べ物は、本来根源を同じくするものである。食事に注意することは病気を予防する策であり、また、日ごろの食生活も医療に通じるということ)の考え方により、食材、香辛料、生薬などを料理に積極的に利用する方法です。これを発展させ、生薬を配合する「薬膳」と呼ばれる料理法も近年流行しつつあります。

「薬膳」のイメージ

薬補法

自然の恵みを受けた天然物である丹参などの生薬には、血液の質を良くし血管の柔軟性を改善する作用をもつものがあるとされています。また、漢方処方には高血圧に伴う随伴症状に対する効能をもつ処方もあります。
医療の現場におけるこれまでの臨床や研究から、血液や血管、血圧に作用するといえる漢方薬として、四物湯(しもつとう)・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)や・七物降下湯(しちもつこうかとう)などの処方があげられます。また、中医の現場では「冠心II号方」(かんしんにごうほう)と呼ばれる処方が使われ、多くの臨床経験や研究から慢性の心臓血管疾患に大変高い治療効果があることがわかっています。
要するに、薬効のある自然の動植物(生薬)が、血液の質を良くし、血管を柔軟にし、また血圧を安定させたりするということです。これは、日常に食する食材と同じように、漢方薬という天然の産物が、同じ天然の産物である人体に治療作用と調節作用を及ぼすという、自然の理にかなったはたらきをしていることを意味しています。

生薬のイメージ
上海中医薬大学附属日本校 医学博士 矢尾 重雄

上海中医薬大学附属日本校
医学博士 矢尾 重雄

矢尾重雄先生プロフィール

  • 1958年3月生まれ(中国名 姚重華)
  • 1978年2月上海中医薬大学医療学部入学。1984年7月卒業。
  • 1984年8月より上海市第一人民病院で臨床医として勤務。中国の国宝級の名老中医に師事。臨床医として経験を積んだのち日本に渡る。
  • 1994年3月神戸大学大学院医学研究科(分子病理学)で医学博士の学位を取得。
  • 1994年4月よりP&G(プロクター・アンド・ギャンブル社)、1997年9月より大塚製薬株式会社にて二十数年間にわたり医薬品開発と臨床開発に従事。
  • 2017年12月より上海中医薬大学付属日本校校長に就任。長年培った医薬経験を生かして、日本の東洋医学の発展に貢献している。