> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > おとなのしみ研 > おとなのいぼ研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

毎日の食事でしみ(シミ)対策! 監修:野村皮膚科医院 院長 野村有子先生

漢方では、しみ(シミ)は、血(けつ)のめぐりが
悪い状態になっているために起こると考えられています。
漢方でいう血(けつ)とは、全身に栄養を与えるもののこと。
つまり、血(けつ)のめぐりが悪いと、肌では新陳代謝がスムーズに行われなくなり、
一定期間で排出されるはずのメラニンが肌内部に留まってしまい、しみ(シミ)となって現れるのです。
それでは、しみ(シミ)におすすめの食材についてご紹介します。

とくにおすすめしたい食材は、ハト麦(※)です。良質なたんぱく質を含み、肌の新陳代謝を高めて、美肌効果が期待できます。ハト麦を手軽にとれるのがハト麦茶です。炒ったあと、煮出すだけででき上がります。

そのほか、漢方では食べ物がもたらす作用によって「寒、涼、平、温、熱」の5つに食品を分類し、生活にとり入れる方法があります。
しみ(シミ)対策におすすめなものは、体を温める性質がある「温性」のもの。主にショウガ、ネギ、ニラ、ラッキョウなどで、体を温めることにより血(けつ)のめぐりを良くする働きが期待できます。このほか、イワシやアジなどの血(けつ)を補う食材、タマネギやお酢などの血(けつ)のめぐりを良くする食材も効果的です。

反対に、血(けつ)のめぐりを停滞しやすくする食材は、脂身の多い肉や揚げ物などの高脂肪のものや、刺激の強い香辛料などです。血(けつ)のめぐりが気になるときは、なるべく控えるようにしましょう。

このほか、体に欠かすことができない栄養素を摂ることも重要です。
なかでも大切な栄養素はたんぱく質です。内臓や筋肉などの細胞をつくる、体の土台となる栄養素で、不足してしまうと肌の新陳代謝が滞ってしまいます。
さらに、体の働きを助けて、調子を整えるビタミン類(ビタミンC、E、A、B群)も欠かせない栄養素です。不足しないように意識しながら摂ることを心がけましょう。美肌のためには偏りをなくし、バランスの良い食生活を送ることがおすすめです。

※ただし、ハト麦はわずかに体を冷やす性質をもつため、ひどい冷え症でお悩みの方は、摂り過ぎには注意が必要です。
ヨクイニンタブレット
■効能
皮膚のあれ、いぼ
■成分
成人1日の服用量18錠(1錠120mg)中
ヨクイニンエキス・・・1,500mg [ヨクイニン19.5gに相当]
添加物として、アメ、二酸化ケイ素、クロスCMC-Na、
ステアリン酸Mg、セルロースを含有する。
※使用上の注意を守ってお使い下さい。
■用法・用量
1日3回食前又は食間に、水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)・・・1回6錠
15才未満7才以上・・・1回4錠
7才未満4才以上・・・1回3錠
4才未満3才以上・・・1回2錠
3才未満・・・服用しないこと

商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。