> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > おとなのしみ研 > おとなのいぼ研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

夏で疲れた肌におすすめのスキンケア! 監修:野村皮膚科医院 院長 野村有子先生

夏から秋へと季節が変わるとき、肌はとても疲れた状態にあります。
強い日射しを浴びただけでなく、室内ではクーラーによる冷えなど、
肌にとって過酷な状況が続いていたからです。
そして、この時期になると、だんだんとしみ(シミ)も増えていくといわれます。
これは、夏の間に浴びた紫外線によりメラニンが肌に蓄積され、しみ(シミ)となって現れ始め、さらに日焼けした肌が少しずつ白くなってくるため、しみ(シミ)が目立ってしまうからです。

さらに、この時期に気をつけたいのが、肌の乾燥です。気温や湿度が低下してくるため、肌は乾燥しやすい状態に。そうなると、肌のバリア機能が低下し、外からのさまざまな刺激を受けやすくなるため、肌を守ろうとする働きにより、かえって角質層が厚く硬くなりがちです。このような肌の状態ではターンオーバーが滞りがちに。しみ(シミ)ができやすくなるだけでなく、シワ、くすみ、かさつき、肌あれなど、さまざまな肌トラブルが起きやすくなるのです。

だからこそ、この時期にしっかり行いたいのが保湿ケア。毎日のスキンケアのときに、化粧水に加えて、保湿効果の高い美容液、乳液やクリームなどを使用するのがおすすめです。肌にうるおいを与えて整えていきましょう。

<おすすめのスキンケア>「手のひら」で化粧水をなじませる
化粧水をたっぷり手に取り、「手のひら」を使って顔全体になじませましょう。手のひらを使うことで、肌が温められて化粧水の浸透性が上がります。また、美容液や乳液、クリームなどは乾燥している部分を中心にやさしく重ね塗りをします。
このほか、夜のお手入れではシートパックを使用するなど、じっくりと肌にうるおいを与えることが効果的です。

<おすすめの紫外線対策>毎日の日焼け止めは「紫外線吸収剤」の入っていないものを
忘れてはいけないのが紫外線対策です。気温が下がり、涼しくなってきたと感じても、日常的に紫外線を浴びることは、肌トラブルの元となります。紫外線対策を怠らないように、日焼け止めは毎日使いましょう。日焼け止めは、肌への負担を考え、「紫外線吸収剤」が入っていないものがおすすめです。
紫外線吸収剤は、紫外線を肌の表面で吸収し熱に変化させることで、紫外線を通過させない働きがあります。しかし、肌の弱い方が使用するとかぶれが起きたり、紫外線を吸収して紫外線吸収剤が変化するときに肌あれが起きる場合があります。敏感肌の方や肌の調子が良くないときは、注意しましょう。
そして、これ以上しみ(シミ)を増やさないためには、何よりも規則正しい生活習慣が重要です。ストレスや睡眠不足が肌そのものに影響を与えるため、ストレスを溜めないように心がけて、十分な睡眠をとることが、キレイなお肌への近道となります。
ヨクイニンタブレット
■効能
皮膚のあれ、いぼ
■成分
成人1日の服用量18錠(1錠120mg)中
ヨクイニンエキス・・・1,500mg [ヨクイニン19.5gに相当]
添加物として、アメ、二酸化ケイ素、クロスCMC-Na、
ステアリン酸Mg、セルロースを含有する。
※使用上の注意を守ってお使い下さい。
■用法・用量
1日3回食前又は食間に、水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)・・・1回6錠
15才未満7才以上・・・1回4錠
7才未満4才以上・・・1回3錠
4才未満3才以上・・・1回2錠
3才未満・・・服用しないこと

商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。