> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > おとなのしみ研 > おとなのいぼ研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

手軽にしみ(シミ)ケア! 美白化粧品の成分の違い 監修:野村皮膚科医院 院長 野村有子先生

しみ(シミ)を増やさないためには、日常生活の中でもしみ(シミ)対策を
しておきたいものです。ふだんから美白化粧品を使用したり、
漢方薬などの医薬品を服用したり、さらに肌にいいとされるハト麦や緑黄色野菜などを
食事で積極的に摂取することがおすすめです。ここでは、日常生活で手軽にとり入れることができる美白化粧品について見ていきます。

美白化粧品には、しみ(シミ)の元となるメラニンの生成を抑えて、しみ(シミ)・そばかすを防ぐ働きがあります。現在、さまざまな商品が発売されていますが、配合されている成分は、どのように働くのでしょうか?まずはメラニンができるしくみについて見ていきましょう。

メラニンが生成されるまでを簡単に説明すると、

①紫外線が肌に当たる

②メラノサイトにメラニンをつくる指令が下る

③メラノサイト内で、酵素チロシナーゼの働きにより、チロシンがドーパキノンに変化する

④ドーパキノンがさらに変化してメラニンになる


美白化粧品には、このメラニンが生成される過程をブロックする働きをもつ有効成分が配合されています。日本で認可されている美白有効成分の主なものとして、下記のアルブチン、コウジ酸、リノール酸、m-トラネキサム酸、ビタミンC誘導体などがあります。

<アルブチン、コウジ酸>
③の酵素チロシナーゼの働きを抑えてメラニンの生成を抑える作用があります。

<リノール酸>
③の酵素チロシーゼを分解します。

<m-トラネキサム酸>
②のメラノサイトへの指令を止める作用があります。

<ビタミンC誘導体>
③の酵素チロシナーゼの働きを抑えるとともに、肌に沈着する前に黒くなったメラニンを還元(無色化)する作用をもちます。

現在、発売されている美白化粧品はこれらの成分を組み合わせることで、より美白効果を高めるように処方設計されています。また、大事なことは、美白化粧品を継続的に使用することです。5年後、10年後の美肌のためにも、毎日のスキンケアに美白化粧品をとり入れましょう。
ヨクイニンタブレット
■効能
皮膚のあれ、いぼ
■成分
成人1日の服用量18錠(1錠120mg)中
ヨクイニンエキス・・・1,500mg [ヨクイニン19.5gに相当]
添加物として、アメ、二酸化ケイ素、クロスCMC-Na、
ステアリン酸Mg、セルロースを含有する。
※使用上の注意を守ってお使い下さい。
■用法・用量
1日3回食前又は食間に、水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)・・・1回6錠
15才未満7才以上・・・1回4錠
7才未満4才以上・・・1回3錠
4才未満3才以上・・・1回2錠
3才未満・・・服用しないこと

商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。