> ブランドコンセプト > 肌の底ヂカラチェック > おとなのにきび研 > おとなのしみ研 > おとなのいぼ研 > TVCM > コラム > よくあるご質問 × 閉じる

油断大敵!日焼けの種類としみ(シミ)の関係 監修:野村皮膚科医院 院長 野村有子先生

ふだん、私たちが「日焼け」と呼ぶものには、
実は2種類あることをご存知でしょうか?
ここではしみ(シミ)と深い関係がある日焼けについて見ていきます。


日焼けは、肌に現れる反応によって「サンバーン」「サンタン」の2つに分けることができます。
「サンバーン」は、紫外線を浴びてから数時間後に肌が赤くなる日焼けのこと。浴び過ぎると、ヒリヒリとした痛みを伴い、ひどくなると水ぶくれになることもあります。主に紫外線B波(UVB)によって引き起こされます。急激に肌が赤くなってしまったときは、日陰の涼しいところで冷たい水に浸したタオルなどを使って、患部を冷やすとよいでしょう。さらに炎症が進み、水ぶくれになってしまったら、その状態はやけどと同じです。冷やした状態で、病院を受診することをおすすめします。


「サンタン」は、紫外線A波(UVA)に当たって、少しずつ肌が黒くなる日焼けのこと。紫外線の刺激で、茶褐色のメラニンがつくられるために肌が黒く変化します。ちなみに、メラニンは紫外線から肌を守る働きがあり、肌が黒くなる「サンタン」は生体の防御反応といえますが、紫外線を浴び過ぎるとメラニンが過剰にできてしまうため、油断は禁物です。


日焼けした肌が元の状態に戻るには、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)により、数週間かかるといわれています。しかし、このターンオーバーが滞ると、過剰にできてしまったメラニンが肌に留まるために、しみ(シミ)となって現れるのです。また「サンバーン」で赤くなっている状態は、肌に炎症が起きている証拠。炎症により色素沈着が引き起こされる可能性もあり、これもしみ(シミ)となることがあります。


肌を焼こうと意識しなくても、知らないうちに日焼けしてしまうことも。例えば、うす曇りや雨でも紫外線は地表に届き、知らない間に紫外線を浴びてしまう可能性があります。どんなときもうっかり日焼けの危険が潜んでいるので、肌が出てしまう部位は日焼け止めで守るとともに、帽子や日傘などの対策を忘れないようにしましょう。
ヨクイニンタブレット
■効能
皮膚のあれ、いぼ
■成分
成人1日の服用量18錠(1錠120mg)中
ヨクイニンエキス・・・1,500mg [ヨクイニン19.5gに相当]
添加物として、アメ、二酸化ケイ素、クロスCMC-Na、
ステアリン酸Mg、セルロースを含有する。
※使用上の注意を守ってお使い下さい。
■用法・用量
1日3回食前又は食間に、水又は白湯にて服用。
成人(15才以上)・・・1回6錠
15才未満7才以上・・・1回4錠
7才未満4才以上・・・1回3錠
4才未満3才以上・・・1回2錠
3才未満・・・服用しないこと

商品に関するお問合せは、薬局・薬店・ドラッグストアもしくはクラシエ薬品株式会社までお願い致します。

tel.
03-5446-3334

受付時間 / 10:00 ~ 17:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)

個人情報の取り扱いについて /
個人情報の取り扱いに関しては、クラシエホールディングス株式会社のサイト(個人情報保護方針)をご覧ください。