漢方薬を選ぶ

めまい

目次

あなたのめまいのタイプをチェック!

突然目の前がグルグル回った感じがしたり、ふわふわした感じのある「めまい」。厚労省の平成22年の調査では、めまいによる不調を男性の12.7%、女性では30.4%の人が訴えているとあり、女性に多くみられる症状です。また年齢が上がるにしたがって増加する傾向があります。
なんとかしたい「めまい」は、漢方の得意分野。まずは漢方薬を試してみませんか?

漢方では、さまざまな症状はつながっていると考え、いくつかの側面からタイプを判断します。心当たりのあることが多いようなら、漢方薬でのケアがおすすめです。


グルグルめまいタイプ

  • 苓桂朮甘湯のイメージ
  • こんな症状に心当たりはありませんか?

めまい、立ちくらみにおすすめする漢方処方

苓桂朮甘湯 第2類医薬品

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)


体力中等度以下で、めまい、ふらつきがあり、ときにのぼせや動悸があるものの次の諸症:立ちくらみ、めまい、頭痛、耳鳴り、動悸、息切れ、神経症、神経過敏



一般的に「めまい」に使われる漢方薬
「苓桂朮甘湯」の解説を見る

めまいの原因は?

めまいってどういう症状?

めまいは、バランス感覚の異常や歩行困難などを起こす感覚で、目の前がグルグル回る回転性のものや、雲の上を歩くようにふわふわする浮遊性のものなどがあります。
めまいは、過度に忙しい状況が続いて疲労が蓄積したり、強いストレスを受けたりすると起こると考えられており、ストレス社会といわれる現代では、こうした突然起こるめまいに悩んでいる人が少なくありません。


めまいはなぜ起こるの?

めまいの原因ははっきりとわかっていませんが、回転性のめまいの多くは耳の異常が原因で起こります。回転性のめまいを起こす病気としてよく知られているのが「メニエール病」で、内耳の水ぶくれ(水分代謝の異常で水分がたまっている状態)が原因であることがわかっています。長ければ一日中続くめまいにおそわれ、耳がつまった感じ、耳鳴りなどの耳の症状のほか、はき気や嘔吐、頭痛などの症状を伴います。放っておくと、難聴になることもあるので、早めに対処したほうが良いでしょう。


めまいQ&A 漢方のギモンを解決!

Q めまいに悩んでいるんですけど、予防法ってないでしょうか?
A 過労や過度のストレスは、めまいの原因になりえます。疲れやストレスを感じたときは、自分に合ったストレス解消法で早めにリフレッシュするようにしましょう。
その他の漢方に関する疑問をご覧になりたい方はこちら!