漢方薬名解説

一般的に「女性の悩み」に使われる漢方薬

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

目次

「桃核承気湯」はこんな方に!

便秘がち・生理前の不安タイプ

  • 便秘がちな方
  • 生理前になると不安やイライラを感じる方
  • 足は冷えるが、顔はのぼせるという方

「桃核承気湯」はどんなふうに効くの?

生理前になると、女性の体は生理のために、「気」の力を使って全身から「血(けつ)」を集めます。しかし、「気」や「血(けつ)」が滞っている状態だと、体の中で「気」「血(けつ)」の渋滞が起こってしまい、便秘や下腹部痛が起こったり、イライラや精神不安を感じたりします。

「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」は、「気」「血(けつ)」の流れを良くして、生理前や生理中に起こりがちなこうした症状を緩和します。また、痛みを緩和する生薬を配合しているため、生理痛にも効果が期待できます。


漢方用語解説
目に見えないが人の体を支えるすべての原動力のようなもの
全身の組織や器官に栄養を与えるもの

配合されている生薬は?

  • 桃仁(とうにん)
  • 桂皮(けいひ)
  • 大黄(だいおう)
  • 芒硝(ぼうしょう)あるいは生薬以外に乾燥硫酸ナトリウム
  • 甘草(かんぞう)

漢方的考え方で女性の悩み(生理)を分析

西洋医学では、生理痛の場合、痛み止めなどの対症療法が基本になります。また、生理不順の場合はOTC医薬品での治療ではなく、医療機関でホルモン剤などを処方してもらうことが多いでしょう。

漢方では、約28日の間に「気」の力を使って全身から「血(けつ)」を集めることで、生理が起こると考えます。「血(けつ)」を集めるためには、「血(けつ)」が正常に流れていること(流れ)と「血(けつ)」が十分にあること(量)が必要ですが、「気」の流れが滞って「血(けつ)」も滞ってしまったり、「血(けつ)」の量が十分でなかったりすると、生理が正常に起こらなくなると考えられるのです。

たとえば、「血(けつ)」は十分な量があるのに流れが滞っている状態を「血瘀(けつお)」といい、痛みを生じることがあります。これが生理痛です。一方、流れは正常であっても「血(けつ)」の量自体が足りていない場合、集める「血(けつ)」が足りず生理が遅れるなどの症状が現れます。また、「血(けつ)」が滞ると便秘、「気」が滞って上のほうにあがると、イライラやのぼせといった症状が起こります。


漢方用語解説
目に見えないが人の体を支えるすべての原動力のようなもの
全身の組織や器官に栄養を与えるもの


症状・悩みから選ぶ‐「女性の悩み」

漢方薬での女性の悩み(生理)の治し方

生理痛がつらい、生理の前半がつらいというときは、「血(けつ)」の流れが滞っている状態と考え、「血(けつ)」の流れを良くすることで痛みをやわらげます。

生理が遅れるなど生理不順が続く場合は、「血(けつ)」の量が足りていない状態なので、「血(けつ)」を増やす治療を行います。「血(けつ)」が不足している部分に余分な水分がある場合が多いので、水分をとり除くことも大切です。

生理前の便秘やイライラ、不安が気になるというときは、「気」「血(けつ)」が滞っている状態と考え、流れを良くする治療を行います。

「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」は、月経不順、月経困難、月経時や産後の精神不安、便秘腰痛などに効果があります。また、高血圧にともなう症状(頭痛めまい肩こり)などに対しても、よく効果をあらわします。


「女性の悩み」関連商品一覧へ